地涌米が出来ますー

深恭師と瓜生さん、チノブ姉と車で横浜に戻ってきましたー。明日は教区御講が3席。日曜日は妙深寺をテーマパークにして、様々なアトラクションを用意した神奈川布教区ファミリー会主催の「佛立パーク」。がんばるぞー。

今回の稲刈り、本当に有難かったです。笑顔の絶えない2日間でした。お世話になりっぱなしで、ぐっすり眠れましたし、食べ過ぎて体重が2キロも増えました(涙)。

お米になるまではまだ作業がありますが、今年も無事に妙深寺のブランド米「地涌米」が出来ました。

ご信者さんが御題目で育てたお米、田植えから稲刈りまで、ご信心で作ったお米を、もうすぐみなさまにお届けします。「地涌米」って、ネーミングがいいでしょー。去年からしっかりとパッケージのデザインまで出来ていて、かっこいいんですよねーかっこいいんですよねー。師匠の顔写真まで載ってるの。でも、ちょっと写りが悪いな−。もっと男前なのになー。実物は高倉健さんに似てるのにー。

このプロジェクトには、高い高い志があり、大きな大きな夢があり、深い深い理念があります。必ずや実現してゆきたいと思います。

今は、点と点でしかないものを、ご信心で結んで、輪にして、大切な命を回し巡らせたい。誰かは、誰かのために、特別なことをしなくても、そう無理をしなくったって、もっと、もっと、力になれる。

増え続ける精神疾患、脅かされ続ける食の安全、過疎化する地方、高齢化する村、徳育や食育、都会と地方、超少子高齢化。いろいろなことを、いろいろな風に考えて、いま、私たちに出来ることに取り組んでいます。

お金もなければ、力もないですが、体力と気力だけはあります。そして、何より大切なご信心がエネルギー。もうけるとか、もうからないとか、そういうことではなく、今はまだ無い、もっといいサイクルを生み出したい。

今日は、心がいっぱいです。師匠に、もっともっと教えてもらいたい。今ごろお疲れになっていないかなー。大丈夫かなー。

とにかく、天から降りてくるのではなく、本化の菩薩は大地から涌出する。まさに、生命なのですね。

今日は、お野菜もたくさんいただきました。佛立ファームだけではなく、中井さんやとし子さんが頑張ってくださっている妙深寺の佛立農園で育つ素晴らしい野菜もあります。「地涌米」に「地涌野菜」ですね。ありがたいです。

来年の春、みんなで田植えがしたいな−。子どもたちにも体験させたいな−。心地良い疲れですー。

コメント

このブログの人気の投稿

源平咲き ~世にも珍しい梅の花~

ネパールから清行が戻って参りました(涙)

ブラジルで佛立の尼僧となった吉川妙養師の手記