投稿

11月, 2017の投稿を表示しています

沖縄の夕焼け、大阪の雨

イメージ
沖縄で見た昨日の夕焼けは、空に紅色の陸地が浮かび上がったようで、本当に幻想的でした。
今まで見たことがないくらい。
20時半のフライトで東京に戻り横浜へ。
今日は大阪。
大阪は雨でしたが、もう上がったみたいです。
昨日のお昼は秀さんが大好きだった「皿の上の自然 Il Gatro Sara」で食事をいただきました。
いつも座っていたというバルコニーを、教えていただきました。
お皿の模様のようなスープ。「ピカソが愛したスープ」と名付けられていました。
新横浜駅でドクターイエローに遭遇。
なんか嬉しいな。

秀さんの一周忌

イメージ
一年前に沖縄で亡くなった秀さん。
あれから一年。
突然の訃報に驚き、沖縄に駆けつけ、みんなで部屋を片付け、荼毘に付し、遺骨を抱いて帰ってきた日から、早いもので一年が経ちました。
その足跡をたどるように、一つ一つの大切な場所で一周忌のご回向をさせていただきました。
秀さんが愛した海は、穏やかに波音を繰り返しています。
降ったりやんだりの雨も、お参りを始めると晴れ間が差して、みんなで驚き、感動いたしました。
浜辺に出た時も、本当に美しい夕陽を見せてくれました。
珊瑚や貝殻のかけらの中に秀さんの写真を立てて、みんなで追悼の一座。
あれから一年です。
昨年は、本当に哀しい出来事が続きました。
それでも、いま生きている僕たちが人生の宿題を解いてゆかないといけません。
昨夜も、秀さんが行っていたお店で夕食をいただきました。
今日、横浜へ戻ります。

かたわれ時

イメージ
飛行機の上から。
雨あがりの那覇に着きました。

何もかもきれい

イメージ
穏やかな日曜日ですー。
今日は相模原妙現寺に於いて鈴江日原上人の御一周忌法要。
早いです、何もかもが。
昨夜のボーズバーも和やかでした。
国道16号線のイチョウの木も京都に負けないくらいきれい。
ありがたい一日です。

イメージ
昨日の壮年会住職御講は40才と60才のお祝いという新しいプロジェクトを併せての奉修でした。
それぞれお参詣いただき、本当にありがたかったです。
特に角口さんの参列には感激でした。いろいろな想い、シンガポールでのお父さまとの思い出が浮かびましたー。
今日は大恩ある先輩からお話をいただき、京都のある土地でご回向をさせていただきました。
京都は紅葉が真っ盛り。道路脇のイチョウの木が黄金のように鮮やかでした。
ネパール、横浜、京都と、相変わらず飛んでおりますが、とても大切な機会を頂戴いたしました。
AKB劇場の時や殺人現場での時と同じように、私たちは霊媒師でも祈祷師でもありませんが、共に上行所伝の御題目をお唱えいただき、下種結縁、怨親平等・抜苦与楽、妙法経力追善菩提と、お願い申し上げました。
お出ましいただいた御本尊さまは、明治9年・開導聖人ご染筆、護持名は「長松しな尾」。
ご染筆からちょうど10年後、明治19年に開導聖人ご自身が長松品尾への感得護持としてお筆を入れられました。
金色に輝く大御本尊さまに、祈るこちらの鳥肌が立ち、打ち震えるような思いがいたしました。
今日も淳慧師と現薫師にご奉公いただきました。本当にありがとうございます。