91才の光さん









ボロい身体になりましたー(汗)。


昨日で本年最後の妙深寺の教区御講を、全て無事に勤めさせていただくことが出来ました。


身体がブルブル、ボロボロ、ビクビクでしたが、声も出て、魂からの御法門を連続11席、させていただくことが出来ました。


本当に、ありがとうございます(涙)。


妙深寺のレジェンド、91才の鈴木光(あきら)さんの素晴らしいご挨拶。


91才になっても、「御法門を聴聞して、ご信心を改良しなければならないと思いました。」というご挨拶でした。


本当にお手本です。


ご宝前には久子さんとの記念写真。


久子さんがいたから『佛立魂』という本が出せたんです。


僕が26才の時でした。


育てていただきました。


この記念写真は10年くらい前かなー。


小原旭(あきら)くんの妹、富(さかえ)ちゃんのネパールのお話、感動しました。


都会の闇の部分に目が行き、流されそうになっていた自分が、ネパールに行って、霧が晴れたようになった、と。


トタンの屋根に、トタンの壁、土を固めただけの床、裸足の子どもたち。


それでも目はキラキラ輝いているものね。


富ちゃんも流れ星を見たんだね。


ありがとうございます。


ホッとする間もなく、今日は高祖総講、併せて大御本尊会式、一年のご奉公発表会でした。


午後はご面会があって、今は東京へ。


大渋滞で予定を大幅に遅れております(涙)。


申し訳ございませんー。

コメント

このブログの人気の投稿

源平咲き ~世にも珍しい梅の花~

ネパールから清行が戻って参りました(涙)

ブラジルで佛立の尼僧となった吉川妙養師の手記