長野本晨寺の初総講























昨夜の『君の名は。』をご覧になれたでしょうか(笑)?


うちの母上は睡魔と戦いながらも最後まで観たそうで、「涙は出なかったわ」とあっさり言ってました(笑)。


それぞれの感覚、感性ですよねー。


僕は、彼らの才能に嫉妬してしまうくらい、本当によく出来た映画だなーと観るたびに感心します。


長野本晨寺の初総講、辞令下附式、弘通発願式など、厳かに奉修させていただきました。


長野市内は晴れていましたが、直前まで雪が降っていたそうです。


桜の木の枝に雪がたっぷり残っていて、まるで満開の白い桜並木でした。


本晨寺も新しい体制で、笑顔の溢れる、喜びに溢れる、そんなお寺を目指して、ご奉公させていただきます。


帰りの時間になると、桜の枝から雪は落ちてしまっていました。


ほんの一瞬の、美しい自然の表情を、今年も見過ごさないように、捉えてゆきたいです。


京都に帰る前に、マグマスパジャパンの皆さまを迎えて新年初参り。


紫雲会の皆さまのお参りも重なっています。


こうして法人の方々が妙深寺のご宝前で一年をスタートしてくださることも、近年の嬉しい動きです。


「夜もひるも お守りあるを疑ふな 我等凡夫のめには見えねど」


京都へはギリギリになります。


お見舞いに行かせていただきたいのですが、間に合わない(涙)。


妙深寺の教務部の年賀カード、ユニークでいいね。

コメント

このブログの人気の投稿

源平咲き ~世にも珍しい梅の花~

ネパールから清行が戻って参りました(涙)

ブラジルで佛立の尼僧となった吉川妙養師の手記