桜の蕾








桜の蕾が膨らんできています。


足早に春が近づいているのを感じます。


これからまた雨が降り、風が枝を揺らして、桜は開花の時を迎えます。


いま、モクレンの花が咲き始めましたねー。


春だー。


今日も教区御講です。今朝のお祖師さま(日蓮聖人)のご命日総講から引き続き。


夕方は白井貴子さんとホンチさんが妙深寺まで来てくださいます。


4月8日、白井貴子さんは妙深寺の開導まつりで「愛の花を咲かそう」コンサートをしてくださいます。


白井さんと初めてお会いしたのは陸前高田の支援活動、うごく七夕まつりの炊き出し中でした。


その日に出来たばかりの『仏教徒 坂本龍馬』をお渡ししたのを覚えています。


白井さんは小田原藩龍馬会の名誉会員をされています。


その後、BS11やKBS京都の番組で取り上げてくださり、白井さんの丁寧なお導きで『仏教徒 坂本龍馬』について語ることが出来ました。


私は中学生の頃に初めて白井さんの曲を聴きました。


当時、佐野元春さんや浜田省吾さん、清志郎さん、尾崎豊さんを聴いていた頃でした。


1987年に熊本県南阿蘇で行われた伝説のロックイベント「ビート・チャイルド」には錚々たる方々が出演されています。


https://youtu.be/Dc5i2Moeb2U


近年はフォーククルセダーズの北山修さんから「僕の歌を次世代に歌い継ぐ歌手に!」とお言葉をいただき、『涙河』を発表されました。


そのアルバムにはきたやまおさむさんの言葉と白井貴子さんのメロディが結晶した新曲『涙河』をはじめ、往年の名曲『あの素晴らしい愛をもう一度』『さらば恋人』『白い色は恋人の色』『戦争を知らない子供たち』『花嫁』『悲しくてやりきれない』などなどが収録されていますー!


本当に、陸前高田でお会いしたり、京都でお会いしたりしながら、「いつか妙深寺で」と思ってきて、こんな日が来るとは、胸がいっぱいです。


午後の御講から急いで妙深寺まで戻りますー。


ありがとうございます。

コメント

このブログの人気の投稿

源平咲き ~世にも珍しい梅の花~

ブラジルで佛立の尼僧となった吉川妙養師の手記

京都佛立ミュージアムのアンケート