投稿

フライト

イメージ
1時間以上かけて、ようやくパネルなどを預けることができました。
検査を通すのも出発ロビーではなく、到着ロビーにある特別な機械で行いました。
女優さんのような優しいカウンターの女性が何から何まで丁寧に進めてくださり、ここでも有難いお力添えを感じます。
空港でスタッフの石原さんと合流しました。展示作業もお手伝いくださる頼もしい方です。
裕子さんや名美さんは少し前のフライトで出発、石原さんはパリ経由、僕たちはミュンヘン、現薫師たちはフランクフルト。
とにかく、「焼き場に立つ少年」をはじめ、オダネル氏の写真を無事にイタリア、サンマリノまでお持ちするのが第一。
そのために、頑張ります。
ありがとうございます。

明日からサンマリノ

イメージ
明日、ミュンヘン経由、イタリアのボローニャ、そしてサンマリノ共和国を目指して出発します。
ついに、サンマリノ共和国での「トランクの中の日本~戦争、平和、そして仏教~」展の開催です。
僕たちに出来るのか。
本当に、今でもまだ出来るか分かりません。
ギリギリまで、数えきれない方々がご協力くださり、こんな途方も無い展示をさせていただけることになりました。
協賛いただいた方々も多くいると聞いております。
本当に有難く、御礼の言葉も見つかりません。
京都佛立ミュージアムでは、ギリギリまでパネルの印刷やハレパネへの貼り付けが行われていました。
実は、今日も行われていました。
私たちに出来るのか。
予算を圧縮するために、すべてのパネルは明日僕たちが持っていきます。
本当に、出来るのか。
今回のサンマリノ展示については、在バチカン日本国大使館が後援についてくださいました。
考えられないことです。
2003年、イラク戦争の始まりを契機として、一人でイスラエル、エルサレム、パレスチナを巡りました。
あれから15年が経ちますー。
見ている景色は、ずっと一緒でした。

誰かを幸せにするため

イメージ
「仕事って、何のためにするの?」
「人を幸せにするためだよ」
そんな親子の会話、ステキですねー。
今日は素晴らしい開導会を奉修させていただきました。
10年ぶりとなる石川御導師のご唱導、本当に感激いたしました。
あまりにも感極まって泣いてしまいました(涙)。
言葉には出来ないことがあります。
本当に、人生は草の上の朝露のようにはかないもの。
だからこそ、何のために生きるかが大切ですね。
人間にしか出来ない生き方を追求することは本当に大切。
とにかく、今日も人生の核心を語り合う、まさに仏教的な大法要となりました。

ご挨拶は雨の日にかぎる

イメージ
無事に開導会を奉修させていただきましたー。
いや、無事じゃない(涙)。
今日、私の話の中で「サッカー日本代表の試合は今夜ですねー」と言ったのですが、明日ですよねー(涙)。
間違えてしまいました(汗)。すいません(涙)。
みんな「あれ?」と思ったみたい。。ごめんなさいー(涙)!
でも、本当に素晴らしい開導会第一座でした。
今回の開導会にあわせて海外の担当者が帰国しているため、それぞれからお参詣の皆さまにご報告させていただきました。
生きたお寺、躍動する仏教を実感する、素晴らしい内容でした。
また、今年の2月24日にインドで結婚式を挙げた新婚カップル、シェーカーとシルピさんもお参詣しており、今日は皆さまへのご挨拶と結婚の言上をさせていただきました。
もりだくさんの開導会、その第一座。

三ツ沢小学校の子どもたちが来てくれました!

イメージ
いつもながら、あっという間に朝が来てしまいました。
今日、10時から妙深寺の開導会第一座を奉修させていただきます。
お参詣、ご奉公、よろしくお願いいたします。
昨日は朝からたくさんの方々が準備ご奉公に出仕してくださっていましたが、その時間に三ツ沢小学校の3年生の子供たちが校外学習で立ち寄ってくださいました。
先日も別のクラスの子供たちが訪ねてきてくれたのですが、今回は準備ご奉公中だった黒崎さんが風通しをしていたツリーハウスの中まで登らせてくださいました。
すごい体験になりましたねー。
トム・ソーヤみたいに、ツリーハウスから見る景色にワクワクしてくれたらいいなー。
さぁ、今日は開導会です!
がんばりますー!