2020年3月31日火曜日

ブラジルのウェブ会議とイタリアのティッツィアーノさん

 
3月31日。今日も懲りずに動画を撮ってみました。

明日はまた雨になり、桜も散ってしまうと思うので。

ご自宅で寂しくなさっている方も多いと思います。少しでも元気に、前向きになれたらと願い、撮っている次第です。

午前中はブラジル教区の理事会にウェブで出席しました。本当にすごく熱心で、感動します。本気の議論が続くのです。

発言の最初と最後は必ず「Arigatou gozaimasu!」です。ポルトガル語は分からなくても、このご挨拶で「あぁ、本門佛立宗だな」と分かります。

ありがたいです。

これから夜の終息祈願特別口唱会。明日は10時から4月の月始総講です。「インターネット御講」「インターネット参詣」となります。

よろしくお願いいたします。ありがとうございます。

ドイツの検査。1週間に50万件で医療崩壊なし。






単なるデマメールではないと思います。


壮絶な権力闘争や利権の対立によって、情報が錯綜しているだけのように感じます。


今、ニューヨークが危機的な状況を迎えています。


昨日のたった1日で253人の方が亡くなられ、これまでの死者は1218人。ニューヨーク州の感染者総数は6万6497人で全米最多。ピークはこれから2~3週間後と推定されています。


日本の感染者数は本当に発表された数値でしょうか?とても信じられません。


ドイツでは1週間に50万件の検査を行っています。ドイツ政府は4月から1日に20万件の検査ができるようにすると発表しました。それでもドイツで医療崩壊は起きていません。


検査体制を強化する姿勢も全くない。ドライブスルーの検査などをしている他国と異なり、「厚労省のクラスター班は不眠不休で頑張っています。」「これまでのやり方が成功しているから感染者が少ない。死者も少ない。」と言うのみ。


ここからピークが来る。これはいつなのか。どうするのか。


日本でも検査体制を整えてもらいたいです。

2020年3月30日月曜日

かけがえのない命のために




志村けんさんが亡くなられたこと、本当に言葉がなく、残念です。昨夜23時ごろ。


この新型コロナウイルス(COVID-19)によって、本当に多くのかけがえのない命が奪われていることを痛感します。


本当に、緊張感をもって、対処してゆかなければなりません。


毎日インターネットでお参りいただいている方はご存知だと思いますが、ネパール平和題目塔に来てボランティアとして活躍してくれた方のご家族が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているという知らせがあり、連日、朝夕に御祈願しています。


ネパールでご奉公してくれたのはオーストリア(「オーストラリア」は間違いです)在住の「ジョセフ(国によっては「ヨセフ」と読むかもしれません)・ザス」さん。ご奉公してくれていた時の様子はネパール別院の通信に「Beautiful people in Beautiful world」と題して掲載されています。


彼の兄弟とご両親が感染してしまったとのこと。


兄弟の名は「ハンス・ペーター・ザス」

お父さんは「アントン・ザス」

お母さんは「マリア・ザス」


どうか、よろしくお願いいたします。


11時からFMヨコハマで会議の予定でしたが、Zoomを使ったウェブ会議といたしました。


お仕事の方もたくさんおられると思いますが、万全の注意を払っていただきたいと思います。


南無妙法蓮華経ー。


I am also talking with the European members and international visitors who visited Shanti Dharma Stupa. Jossef Zass from Austria told me his brother is infected with coronavirus and now he is in Hospital, His brother was living together with his parents. His parents also have a symptom of coronavirus. He requests us to chant for his family member's easy and fast recovery. I hope and pray to Gohonzon to protect them. I would like to request Gojyushoku, If it’s logical, let’s request everyone to chant for his family and spread this message to everyone. So sorry for my poor knowledge.

Jossef was in a stupa on 2019 July for one month, he became a member and started chanting Namu Myo Ho ren Ge Kyo. He was very inspired by our teachings and made a tattoo in his arm of Namu Myo Ho Ren Ge Kyo. He did great Gohokou at Shanti Dharma Stupa.  

Name and address of Jossef Zass families are as below:

Brother: Hans-peter Zass

Father: Anton Zass

Mother: Maria Zass 


Yoroshiku Onegaishimasu 

1f647_200d_2640.png

1f647_200d_2640.png

Namu Myo Ho Ren Ge Kyo 

Arigatou Gozaimasu 

Dahal Seiten

2020年3月29日日曜日

Benevolent Snow

Benevolent nature has given snow.

Many had to stay at home.

It fosters our antivirus.

And, snow was beautiful as usual.

Namu Myo Ho Ren Ge Kyo,,,

Seijun Nagamatsu,

 

まるで天が雪を降らせてくれたかのように。

多くの人が家に止まっていたはずです。

それはウイルス対策の一助となりました。

そして、いつもと同じように雪は美しかったのです。

南無妙法蓮華経ー。

 

この後、日本時間の17時から新型コロナウイルス早期終息 特別祈願口唱会です。

 

妙深寺チャンネルの登録はこちらから。

https://www.youtube.com/user/YokohamaMyoshinji

 

長松清潤チャンネル

https://www.youtube.com/c/SeijunNagamatsu

横浜に雪。雪に桜。2020年3月29日。

横浜に雪。桜に雪。

2020年3月28日土曜日

Words of Encouragement for HBS members of Overseas Parish




















Words of Encouragement for HBS members of Overseas Parish

March 27, 2020

The Headquarter of Honmon Butsuryu Shu
Chief of Propagations : Nikkei Yoshida 
Head of International Division : Seijun Nagamatsu

Arigatougozaimasu.
We on behalf of all HBS members’ feelings, would like to send words of encouragement to HBS members of overseas parish who are combating a pandemic outbreak of new coronavirus. 
Further, we would like to express our heartfelt feelings to you who encounter various hardships due to this pandemic as we share your burden. We also encourage your faith of the Odaimoku and together we shall pray for ‘Coronavirus outbreak to end soon’.
New coronavirus occurred in the Far East city at the end of 2019, has been spread to multiple countries around the world by now, resulting a lot of patients and deaths. The coronavirus outbreak was declared as a pandemic by the World Health Organization (WHO) on March 11, and many countries have closed their borders. Moreover, it has a great influence on global financial crisis and whether or not ‘The 2020 Olympics’ ought to be held. We don't know what will happen, because we still do not know the substance of the disease and there is no specific medicine.
Japan has suppressed ‘an explosion level spread’ at the moment and there are no virus carriers in some municipalities. In an unpredictable situation, the Japanese government announced the resumption of daily activities with measures to avoid overshoot of an explosion level. Yet according to the reports from overseas parishes, we think that their situation is very serious. However, we are delighted that many HBS members believe the protection of Buddha and encourage one another to overcome our sufferings. 

According to the report of Chiaffi Ryosei-shi in Italy, it is forbidden for them to leave over 250 meters away from their houses until the end of April, and stores except grocery stores and pharmacies are closed in Italy. All Italian practitioners pray and listen to Gohomon (an instructive sermon), on the Internet every morning and every evening at the same time. Then, they support each other while exchange their worries and advices. 
The report says that “I don't know if I will get sick but I just hope I can spread the Dharma to the end and encourage others to chant.” “May the power of the Buddha and the power of Odaimoku all come together with our faith and they protect everyone's life and soon end this terrible epidemic.” “I am very satisfied with chanting Odaimoku, preparing Gohoumon, and contacting members by telephone and email every day.” 
From the reports, we feel that they are improving their own faith and fulfil their mission in this serious situation while praying for end of Coronavirus outbreak.

According to the reports of Correia Nichiyuu-shi in Brazil, the Brazilian government ordered that all facilities including Temples except grocery stores, pharmacies and gas stations be shut down, but it seems that Oeshiki in Brazil was still conducted while adhering to safety measures. They reluctantly changed the number of attendees from 500 to 50, and made possible for other HBS members to participate in the Oeshiki via Online method. Thanks to the internet, a lot of members were delighted that they were able to chant Odaimoku many times. 
Correia-shi says “current state looks like the beginning of RISSHO ANKOKU-RON. I think that now is time to think of the hardships of the Buddha, Nichiren Shonin, Nichiryu Shonin, Nissen Shonin, past priests and Nissui Shonin. If you do not decide to be religious in this situation, I would like to ask you ‘when will you?’ ”. 
Further he says “many members have cancelled their Oko meetings since the outbreak of the new coronavirus, but it is impolite to cancel it while praying for the end of Coronavirus outbreak soon…(shortened.) Following government policy is good, but never cancel your services. We can still continue our service in another method and it is possible to make great achievements of your service”.

According to the report of Dileepa Ryojun-shi in Sri Lanka, in Sri Lanka, the number of infected people has rocketed in the last few days, and the whole country will be shut down for about 10 days until March 27. In this situation, HBS members from about a hundred houses have done 24-hour chanting relay for one week continuously. 
The report says “We are not alone during this difficult time. We share some photos such as house altar (Gohozen) and our figure of chanting, through the Internet to uplift everyone’s spirits with the power of the Buddha. Everyone is delighted by this and devote themselves to their services”.
The report of Khadka Seiji-shi in India says the following in a difficult Indian situation: “I believe Humanity will change their ways and live more nature friendly ways after this epidemic, including me”.
 The report of Dahal Seiten-shi in Nepal says “We are chanting here for the current epidemic in the world”. “I will protect these sacred teachings and Shanti Dharma Stupa till my death for a better future”.

Now we are about to face severe circumstances and improve our faith of Odaimoku even more.  It is exactly similar to the Writings of "The Opening of the Eyes" written by Nichiren shonin in an extremely cold Sado island region,
“This I will state. Let the gods forsake me. Let all persecutions assail me. Still I will give my life for the sake of the Law.” 
This means that even if one will encounter various difficulties, even if gods will abandon him, one shall sacrifice the life in propagation of the Lotus Sutra alone.
The Writings of "Myōshin-ama gozen gohenji" written by Nichiren shonin also says “An illness gives rise to an opportunity to attain the way”. Although new coronavirus is now a major threat to humanity and has caused many victims, it gives us an opportunity to propagate the true faith by leading many people who are suffering, towards the faith of Odaimoku.
Time has come for all HBS members to unite our hearts, and shall pray for end of Coronavirus outbreak, world peace and propagation of the true teachings of Buddha throughout the world. 
We also pray and chant Odaimoku in front of the Gohonzon with you.
Arigatougozaimasu.

激励のことば























「激励のことば」
2020年3月27日   

本門佛立宗 宗務本庁 
弘通局長 吉田日景
海外部長 長松清潤

ありがとうございます。

今、まさに新型コロナウイルスと闘う本門佛立宗の海外教区の皆さんに、宗内教講の思いを代弁して、ここに激励のことばを送ります。

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、さまざまな苦悩に直面している世界中の佛立信者に対し、所懐の一端を述べて苦難を分かち、そのご信心を励まして、共に終息を祈っています。

2019年の暮、極東の街に発生した新型コロナウイルスは、瞬く間に世界の国々に蔓延し、毎日多くの感染者、そして死者を出しています。3月11日にはWHO(世界保健機関)がパンデミック相当と評価をし、国境を封鎖する国が続出。世界的な経済危機や五輪開催の是非にまで影響を及ぼす勢いで、いまだ病気の実体も分からず、特効薬もなく、先の見通しも立たない不安に加え、生活の基盤が崩れていく心細さに憂いを覚える人も少なくない世相です。

日本の国内は、それでも爆発的な感染の拡大は押さえ込み、今のところは発症者のない市町村も多く、予断を許さない中にも政府はオーバーシュート(爆発的患者急増)を避ける対策を講じての「日常活動の再開」を呼び掛けていますが、海外教区においては報告を聞く限り、事態はとても深刻です。しかし、その中で妙法のご加護を信じ、励まし合ってこの苦難を乗り切ろうと努力される様子には、心から随喜をいたしました。

イタリア教区のダニエッレ良誓師の報告では、毎日多くの死者が出る中、4月末までは家から250メートルを超えた外出が禁止され、食料品店と薬局以外は閉店しているそうですが、ご信者たちは朝晩の決まった時間に一緒にお看経をし、インターネットで御法門を聴聞。また互いの悩みを聞く等の交流をして支え合っているようです。報告書には「病気になるかどうか分かりませんが、御法さまを最後までお弘めさせていただいて、一人でも多くの方に御題目口唱をお勧めすることが出来るよう願っています」「み仏と御題目のお力により、私たちは一つとなって、すべての人の命を守り、速やかにこの恐ろしい病を終息させます」「1日の間、何時間も口唱し、御法門を準備し、電話やメールに応えることで、私の一日はとても充実しています」等と言葉が添えられ、過酷な状況の中でご信心を高め、ご弘通の伸展と感染の終息を祈って活動される様子が伝わります。

ブラジル教区のコレイア日友師の報告には、政府がスーパーと薬局、ガソリンスタンド以外は寺院も含めて活動を停止させる中、御会式を奉修したと記されていました。500名の参詣目標を50名に押さえ、あとは泣く泣くオンラインの参詣で対応したところ、インターネットのお陰で三座とも参詣できたという喜びの声が届いたとのこと。コレイア師は「本当に立正安国論の冒頭を思い起させられる現状です。み仏はもとより、三祖聖人、先師上人や日水上人のご苦労を偲ばせていただくのにすごい時です。これでご信心の覚悟を決めない人は、いつ決めるのと言いたいところです」と逆境を喜び、また「多くの方が御講キャンセルを口にしており、これはけしからんことです。早期終息をご祈願しながらキャンセルとは何事か(略)政府に合わせることはあっても、ご奉公キャンセルはあり得ないです。方法によってはご奉公の功績をあげることが十分可能です」とも語っています。

スリランカ教区のディリーパ良潤師の報告では、ここ数日で爆発的に感染者が増加し、3月27日までの10日ほどは国全体の活動が停止する中、百軒ほどのご信者を中心に、一週間連続の24時間口唱をリレーで行っているそうです。報告書には「この苦しい時期、一人じゃない。皆でお計らいをいただいて乗り越えようと、皆の気持ちを高めるためにインターネット上に自宅の御宝前や自分のお看経の姿を載せています。皆さん、すごく喜んでご奉公させていただいております」とありました。

インド教区の親会場を守るネパール人教務のカドゥカ清池師の報告には、厳しいインドの状況に添えて「この伝染病の終息後、私は私を含めた人類が、これまでの在り方を変え、より自然に優しい生き方へ向かうと信じています」と語られています。

ネパールの親会場でご奉公するダハール清天師の報告書には「私たちはここで、世界的な伝染病について祈願口唱を重ねています」「私はより良い未来のために、この尊い教えと平和題目塔を、死ぬまでお守り申し上げます」と記されていました。

それぞれに過酷な現状に怯まず、否、過酷故に一層に信心を研ぎ澄まし、「御法のご加護を得てこの苦難を乗り切ろう」「これをご弘通の転機としよう」と立ち向かう様は、正に高祖が極寒の佐渡で、「詮ずるところは天も捨て給え。諸難にもあえ。身命を期とせん」と、法華経の行者を守護する諸天が捨ててもよい。あらゆる苦難よ来たれ。妙法弘通に命を懸けるのみであると仰せの、本化地涌の流類たる佛立菩薩の真骨頂を見る思いで、実に頼もしく感じます。

高祖日蓮大士は「病によりて道心は起こり候か」と仰せです。このたびの新しい病は今、人類の大きな脅威となり、多くの犠牲者を出していますが、同時に末代凡夫のお互いを真の信心に目覚めさせ、苦悩する多くの人を妙法に導く機会をいただいてもいるのです。

今こそ、世界中の宗門人が心を一つにし、この病の早期終息と世界の恒久平和、一天四海皆帰妙法を御宝前に祈りましょう。私たちもまた、皆さんと共に祈っています。

ありがとうございます。

妙深寺チャンネルのご紹介。ご登録くださいー。

ありがとうございます。

3月28日、週末の外出自粛要請が発表された土曜日の朝です。

朝参詣終了後、またビデオを撮りました。お寺と、ご自宅におられる一人ひとりがつながらなければならない時ですので。

インターネットでつながる方法はいくつかあります。

携帯、スマホ、YouTube、Facebook、そのmessenger、LINE、WhatsApp、Instagram、今や老舗のSkypeなどなど。

動画だけではなく音声だけであればさらに様々な方法があります。

ちょっと機械が苦手だな、という方がほとんどだと思います。でも、少しだけ頑張って、いま環境を整えてゆけたらいいと思います。

ご自宅にあるテレビで、そのままインターネットにある動画を見る方法もたくさんあるのです。

実は少し前まで僕も知りませんでした。特別なテレビを買わなければ観られないと思っていました。

最近は、(1)Fire TV Stick(妙深寺が使っているもの)、(2)Chromecast、(3)Apple TV、(4)ネット対応ゲーム機などの方法があるそうです。

Fire TV Stickなど、本当に小さな機械をつけるだけで、普通のテレビからYouTubeの映像が流れてきます(インターネットは必要)。

とても便利ですので、今回のような機会に整備しておくと便利だと思います。

Wi-Fiがなくて、携帯でずっと動画を観ているとデータ量が多くなって通信制限がかかったりすることもあるようです。残念ながらそこは注意しなければなりませんね。

自宅で自粛しなければならない事態ですから、データ量を多く使ってでもつながって欲しいです。

これまで料金体系も超高額ガラパゴスな日本で利益を出してこられた通信大手には、この数ヶ月はデータ量を無制限にしていただきたいです!

いずれにしても、どんどん繋がってください!

チャンネル登録をお願いします!

横浜妙深寺

https://www.youtube.com/user/YokohamaMyoshinji

長松清潤

https://www.youtube.com/channel/UCU2FMNzYP9MhClsvz5SVFpQ

 

Please add the following channel add!

Myoshinji Channel

https://www.youtube.com/user/YokohamaMyoshinji

Seijun Nagamatsu Channel

https://www.youtube.com/channel/UCU2FMNzYP9MhClsvz5SVFpQ

 

よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

2020年3月27日金曜日

妙深寺の桜の下から。2020/3/27 16:45

ありがとうございます。
妙深寺の桜の下から。
2020/3/27 16:45

妙深寺からのお知らせです


昨日、東京都知事の表明を受けて、黒岩神奈川県知事から週末の外出自粛要請が出されました。


昨夕、妙深寺では緊急の対策会議を開催しました。


意図的なものか分かりませんが、オリンピックの延期発表後、堰を切ったように感染者(発表)は(遠慮なく)増えてゆくと思われます。


人工呼吸器が足りない、高齢者の人工呼吸器を外して若い人に付け替えていると、泣きながら訴えているスペイン・マドリッドの医師の動画がアップされています。


https://youtu.be/IXBkjOXiMvw


高齢者か、若者か。ギリギリの判断、狂いそうになる選択を迫られていると。


日本の首都圏にはすでに何倍もの感染者がいると思われます。何もしなければ10日後には神奈川で数千、東京では数万の感染者になっているかもしれないと言うのです。


この状況に至ったことを残念に思いますが、長期戦になることを踏まえ、妙深寺は大きな決断をいたしました。


まず、326日まで公共交通機関での参詣自粛としていましたが、327日より415日まで全ての方々にお参詣の自粛をお願いいたします。


私たち教務も「すでに感染しているかもしれない」という意識で、「感染しない」「感染させない」を徹底いたします。


415日までお寺の全面参詣自粛(車の方を含む)をはじめとし、教区お講、部お講(世代別お講)についても全面的に予定の変更を行います。


ウイルスに負けてご信心を衰えさせたり、失ったりすることは本末転倒ですので、この際、妙深寺はインターネットによるお看経と御法門、法話の中継を進化させ、ホームページ、YouTubeSNSでの情報発信を強化し、基本信行である自宅での口唱を大改良し、本堂と自宅ご宝前を結んだお看経、御講、ご奉公を展開します。


昨夜、コレイア師とWhatsAppでメッセージのやりとりをしていました。残念ながら5月に予定していた佛立アンバサダーのご奉公は中止の決断をさせていただきました。昨日、お申し込みをいただいていた各寺院の御導師、御講師、担当者の皆さまにご連絡させていただきました。申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。


コレイア御導師もディリーパ良潤師もギリギリまで来日する準備をしてくれていました。ありがとうございます。


コレイア師からは、このような時間、期間は、30年ぶり、きっと、このような状況の時にしか出来ないご奉公があるはずだ、それを精一杯させていただくしかない!と力強いメッセージをいただきました。


こんな時ですから、みんなで、全力で、与えられた場所、与えられた時間の中で、何事かを成し遂げましょう。


また、特別な相談や火急の事態や問題のある方は、住職や教務に事前に連絡をいただければお参詣、ご面会いただけるようにいたします。いつものように、いつでも住職、教務にご連絡くださいませ(住職のメールアドレスは20年近く妙深寺報に載せています笑)。


首都圏は家賃が高く、ワンルームで生活されている方もたくさんおられます。息がつまるような気持ちになってしまう方も多いと思うので、お寺に連絡をいただいたり、ネットで一緒にお看経をしたり、本を読んだり、過去の動画を観ていただいたりして、少しでも楽になってもらいたいです。


必ず乗り越えられます。僕たちも、たくさん動画をアップしたいと思っています。


妙深寺の方針は後ほど詳しく発表させていただきます。どうか、よろしくお願いいたします。


こんな時ですから、自分の心を、魂を、磨きましょう。


心を成長させましょう。心を強くしましょう。心の免疫力を上げましょう。


南無妙法蓮華経。


ありがとうございます。

2020年3月24日火曜日

ネパールのダハール清天師から



































3日前の土曜日、ネパールのダハール清天師からメッセージが届きました。


そのメールが、とても感傷的で、感動的で、涙が出ました。世界中に、本気で頑張っている教務がいると感じて。


旭の亡くなったサムンドゥラデヴィの校舎を修復しなければならないご奉公があり、その交渉はとても難しかったのです。新しい村長さんがビジネスマンのような人で、これまでの支援活動や経緯を軽視して、新たにJICAなどから補助金をもらい新校舎を建設すべきだと主張したりして。


学校の先生方や村の人びとと話し合いを行い、全体会議でその方々がHBSを支援すると申し出てくれるまでになりました。「あの校舎は、取り壊すのではなく、修復して使うべきだ」と。本当に、絶対に取り壊すことなど出来ないし、サムンドゥラデヴィを離れることは出来ない。毎日が緊張の連続で、清天にもプレッシャーをかけてしまっていました。


そこに、新型コロナウイルスのことが重なりました。サムンドゥラデヴィまで行って話し合いや修復のための測量などを行い、HBSネパールの為の書類を整えたり、本当に大変でした。


ネパール政府も出入国については一早くロックダウンを表明していました。特に3月22日から31日までの間はネパールに発着する全ての国際線フライトの運航を停止させることになりました。3月23日から長距離移動バスの運行も停止されています。


そのネパールからの届いた、ダハール清天師の素直なメッセージです。


Gojyushoku Arigatou Gozaimasu, 

I hope you to be in a peaceful mind and good health.       

We are fine here, Bikash went to his house 2 days ago to help his family to plant rice. We are chanting here for the current epidemic in the world. 

I was two days at Kathmandu for HBS Nepal documents work. 

I came yesterday evening. 100 of thousands of people move back to their home from Kathmandu. Kathmandu roads are empty. As of today's Jeevan San report, they can listen to a bird sound. A few days ago Government did semi lockdown in Kathmandu, as my information from tomorrow, in the whole country they are doing lockdown area wise. Schoolwork has been postponed until another notice. 

I am calling our members and telling them to chant Namu Myo Ho Ren Ge Kyo as much as they can and to drink sacred Okosui a lot. 

I hope with the grace of fine Dharma human race will survive. 

I feel Obara Akira a lot today, I can not stop my tears and said sorry to him, I repay and express my thanks to him, for his great effort.

I am so lucky to meet fine dharma, I am so lucky to have you as my master. I am so thankful to meet Seigyo shi, Seikou shi, Seiji shi, all my monk's brothers, all senior primordial priests, all HBS members, all HBS lay members, Shimba, Nala, Leo, my wife my son and all the people around me. This is the most strong feelings i had till now.   

I will protect these sacred teachings and Shanti Dharma Stupa till my death for a better future. 

Yoroshiku Onegaishimasu 🙇‍♀🙇‍♀🙇‍♀🙇‍♀

Namu Myo Ho Ren Ge Kyo 

Namu Myo Ho Ren Ge Kyo 

Namu Myo Ho Ren Ge Kyo 

Arigatou Gozaimasu 

Dahal Seiten.


「ご住職、

ありがとうございます。

あなたが健康で平和な心であることを願っています。

私たちネパールのメンバーは無事でおります。ビカスは彼の家族の田植えのために2日前から帰宅しました。私たちはここで世界的な伝染病について祈願口唱を重ねております。

私はHBSネパールの文書作業のために2日間カトマンズにいます。昨日の夕方に来ましたが、数十万人がカトマンズから自宅に戻りました。カトマンズの道路はガラガラです。

今日ジーバンさんがレポートしていたように、彼らは鳥のさえずりを聞くことができました(※清潤注。これは普段の喧騒からすると考えられないという意味)。数日前、政府はカトマンズを半分封鎖しました。私の得た情報ですが、彼らは明日から封鎖を全国に広げます。学校は別の通知があるまで休校のままです。

私はメンバーに電話をし、できる限り多く南無妙法蓮華経とお唱えして、神聖なお供水をたくさんいただくように話しています。

私は尊い御法さまの恵みによって人びとが救われることを願っています。

今日、私は小原旭くんをたくさん感じていました。私は涙を止めることができず、彼の偉大な努力に対して、ごめんなさい、ありがとう、と伝えていました。

私はこの御法にお出会いできて本当にラッキーです。私はあなたを師として本当に幸運です。私は清行師にお会いし、清康師、清地師、すべての兄弟弟子、すべての本化のお弟子方、本門佛立宗のすべてのご信者方、すべての準宗徒にお会いできて、シンバやナラ、レオ、妻、私の息子、そして私の周りにいるすべての人びとと会えたことに心から感謝しております。

これは今まで持っていた中で最も強い感情なのです。

私はより良い未来のためにこの尊い教えと平和題目塔を死ぬまでお守り申し上げます。

よろしくお願いします。

南無妙法蓮華経。

南無妙法蓮華経。

南無妙法蓮華経。

ありがとうございます

ダハール・清天」


読んでいて、泣けてきました。素直な彼の心が伝わってきて。

そして、本日また報告メールが連絡が来ました。


Gojyushoku

Arigatou Gozaimasu.            

I hope you to be in a peaceful mind and good health. From today morning the Nepal government decided to lock down the whole country for one week till 31 March 6 AM. Goverment request everyone to stay in quarantine ,Nepal has seen two cases of COVID-19 infection. By the current circumstances, we block a road in the entrance for Shanti Dharma Stupa for the outside visitors. We stop HBS Nepal events till the next notice. At Shanti Dharma stupa Morning chanting and evening chanting will be held every day. We have informed the villagers and members in the village if they want to chant at the stupa , they can come and chant by staying in distance.   

Puja, Kuon and I are at the stupa. We are using this time to prepare a vegetable farm and to study. I hope everything will become normal as soon as possible with the grace of fine Dharma.                                                           Yoroshiku onegaishimasu

Namu Myo Ho Ren Ge Kyo

Arigatou gozaimasu

Dahal Seiten


「ご住職、

ありがとうございます。

あなたが健康で平和な心であることを願っています。

ネパール政府は、今朝から36日午前6時までの1週間、全国を封鎖すると決定いたしました。政府はすべての人が家に止まる隔離を要求しています。ネパールではCOVID-19の感染が2例あります。現状を鑑みて、外部の訪問者のために平和題目塔(シャンティ・ダルマ・ストゥーパ)の入口を閉鎖しました。次の通知までHBSネパールのイベントは停止しています。平和題目塔(シャンティ・ダルマ・ストゥーパ)では毎日の朝参詣と夕方のお看経を続けています。私たちは村人や村のご信者方に親会場でお看経に参加したい場合はお参詣することができるし、距離を保った状態でお看経をすることができると伝えました。

妻のプジャ、息子のクオンと私は親会場(平和題目塔)におります。この機会を利用して野菜畑の準備と勉強に努めています。

尊い御法の恵みによって、できるだけ速やかにすべてが平静を取り戻せるよう願っています。

よろしくお願いします。

南無妙法蓮華経。

ありがとうございます。

ダハール・清天」


クォン君も大きくなり、村の幼稚園に初めて登校した写真。その小さな背中にも感動(涙)。幼稚園の中にいる写真を見たらお祖父さんみたいにドキドキしました。本当に、ありがたいです。


負けずに頑張ってほしいです。


南無妙法蓮華経ー。

インドのカドゥカ清地師から
















実は、先月末からネパールのカドゥカ清地師がインド親会場のご奉公に入ってくれています。


いろいろなことがあり、インドのご奉公は滞ってしまっていました。カドゥカ清地師は僕と同じような感性で、仏陀の歩いた大地、見つめた景色に感激しながら、再起動のご奉公を進めてくれています。


すでにインド親会場の境内を整備し、子供たちへの教育プログラムを開始してくれています。御本尊が御奉安され、子供たちの学びの舎として、腰を据えて、地盤を固めて、再び再開できたことは、本当にありがたく、嬉しいです。


清地師からのレポートは本当に信心が強くて、聡明で、ありがたい。


しかし、下記は新型コロナウイルスの影響が、法華経が説かれた王舎城、ラージギルにも迫っていることの報告です。


今回の新型コロナウイルスのパンデミックによりインド政府も強硬な措置に出ています。ほぼロックダウン(出入国禁止、害す出禁止)の状態です。3月22日までに少なくとも300人超が感染、7人が死亡。3月23日、清地師からのレポートです。


Arigatougozaimasu. 

Gojyushoku, it seems the Corona Virus has reached Bihar finally. 

I read a news that 1 person passed away in Bihar yesterday, and 1 more was tested positive. 

5000 people from Maharashtra State (affected area of corona Virus) returned to Bihar in just 1 train yesterday. Many many more are still returning back to their homes in Bihar from other states.

All India was in lockdown yesterday. 

The Bihar government is preparing to lockdown the state of Bihar for longer time now. 

The border with Nepal has been closed in most places except few points. I heard Nepal government is preparing to close down those borders too in few days.  

It seems the situation is going to be worse in few days, with just 1 hospital where patients can be checked and treated in Bihar for the Virus.  

However, summer is coming, and it makes us hopeful that this will help to  contain the disease. 

I am okay Gojyushoku by your grace. 

I am thinking to stop classes for Children for few days until situation gets better.

The center will however be open for anyone to come and worship. I have arranged the seats with big distance from each other. Also, we have set up Okosui tank in the Hondo for anyone to come and drink Okosui. 

I am trying to avoid going to town unless it is an emergency. I can buy food supplies in the village itself. 

So for most part, I myself am safe Gojyushoku. I worry about other people in Bihar though, especially those who work on a daily basis to earn their bread. This will hit hard on all of them. 

I will take care more in future, Gojyushoku. 

I believe Humanity will change their ways and live more nature friendly ways after this epidemic, including me. 

Thank you always for taking care of us Gojyushoku. 

Namu Myo Ho Ren Ge Kyo. 

Yorosiku onegaiitashimasu. 

Arigatougozaimasu.


「ありがとうございます。

ご住職、コロナウイルスはついに(親会場のある)ビハール州へ到達したようです。

私は昨日ビハールで1人が亡くなり、さらに1人が陽性であるというニュースを読みました。

昨日、マハーラシュトラ州(コロナウイルスの影響地域)から5000人がたった1台の列車でビハールに戻ってきました。さらに多くの人々がまだ他の州からビハール州の自宅に戻っています。

昨日、インド全土が封鎖されました。現在、州政府はビハール州全体をより長い期間封鎖する準備をしています。

ネパールとの国境は、少数のポイントを除いてほとんどの場所で閉鎖されています。ネパール政府は数日のうちにこれらの国境の閉鎖を準備していると聞きました。

ビハール州でウイルスの検査と治療ができる病院は1つだけですから、この数日間でさらに状況は悪化しそうです。しかし、夏が来ていますし、このことが病気を抑える一助となることを期待しています。

私はあなたの恵みによって大丈夫です。

状況が良くなるまで、これから数日間は子供向けの授業をやめようと考えています。しかし、このセンターは誰でも参詣し、礼拝することができます。私は座席を大きく空けて配置しました。また、本堂には誰が来ても参詣し飲めるように、お供水タンクを設置しております。

緊急でない限り、町に行くのを避けようと思います。私は村の中で食料を買うことができます。ですから、ほぼ私に関しては大丈夫です、ご住職。私はビハールの他の人びと、特にパンを稼ぐために毎日働いている人びとについて心配しています。この事態はこうしたすべてに大きな打撃を与えるでしょう。

今後、さらにご住職のお世話になります。

この伝染病の終息後、私は私を含めた人類が、これまでの在り方を変え、より自然に優しい生き方へ向かうと信じています。

ご迷惑をおかけしますが、いつもありがとうございます。

南無妙法蓮華経。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。」

千本倖生さまの応援

今日は千本倖生さまがお越しくださいました。 お忙しい中、準備の時にもお立ち寄りくださり、汗だくの私たちを励ましてくださいました。 あの時はまだパネルも並べられていませんでした。 今日、ゆっくり、じっくり、拝見くださいました。本当に、本当に、ありがたいです。 いつも、私のような者を...