2018年12月31日月曜日

今年の大晦日は




















ついに大晦日となり、その大晦日も16時になろうとしています(涙)。あかん(涙)。


今日は藤本御導師の祥月ご命日。今朝は先住のことも思い出し、本堂でお看経させていただきながらさめざめと涙しました。


大晦日の朝焼けの空、とても幻想的で綺麗でした。


三日月と、明けの明星、地球のグラデーション、空と木々とのコントラスト。


庫裡の玄関に、黒崎とし子さんが作ってくださったセンス抜群のお正月飾り。ありがとうございます。


昨日は11月15日に亡くなられた大恩ある先輩のお父さまの尽七日忌法要とご納骨式を勤めさせていただきました。


こんな日が来るとは夢にも思っていませんでした。全員で御題目をお唱えし、喜ばれているお父さまをひしひしと感じました。しっかりご奉公させていただきたいと思っております。


第二本堂には石川日翠上人にご染筆いただいた「回向の心」を飾らせていただいております。


午後は年内にどうしても会いたかった人の家へ。リビングに奉安された御本尊さまにご挨拶し、ご家族全員、息子さん3人も一緒になって「南無妙法蓮華経」と御題目をお唱えすることが出来て、本当に、本当に、よかった。やっぱりこのタイミングだったのだと思い、満たされた気持ちになりました。


大晦日の今日は横浜と名古屋の弾丸往復を決行しました。明日までにどうしてもお届けしなければならない想いがあり、生まれて初めての巻き紙に筆書きという挑戦をしました。


汚い字でどうしようもありませんが、想いだけを込めてお許しいただきました。下りの新幹線は満タン。リュックで乗ってよかった。帰りは座れました。


今年も残すところあと8時間。


新年号の『妙深寺報』の巻頭言は「平成の総括と覚悟」と題して書かせていただきました。


これまで行ってきたことを自ら評価し、反省できなければ次の時代もありません。大きな節目を迎えるにあたり、このままでいいわけがない。キッチリと総括して、覚悟をもって次に臨みたいのです。


来年も、次の時代も、与えられた命が尽きるまで、生き切りたいです。


「極楽百年の修行は穢土一日の功に及ばず」とは日蓮聖人の「報恩抄」の一節です。


この娑婆で修行することが大事。ここでの1日の修行は極楽に行って100年修行するよりも尊く価値があるのです。だから、今が大事なのです。生ある間、価値ある生き方を追求しなければ死ぬに死ねません。


本年中、たくさんの方々にご厚情いただき、お世話にもなり、また視野が広がり、ご縁も広がり、気づかせていただくことも多く、成長することができました。


ご無礼も多々あったことと存じますが、どうかご容赦いただき、来年も変わらずご交誼を賜りたいと存じます。


皆々様の無事越年迎春を心から祈念しておりますー。


ありがとうございます。

2018年12月29日土曜日

お餅つきー


















フィリピン・ミンダナオ島での大きな地震。心配しております。


現地の皆さま、ご信者みなさま、無事でおられますようにー。


今日は平成最後のお餅つきが無事に終わりました。たくさんのご奉公、ありがとうございました。


今年の気候不順のためなか、お米の状態よくなかったようです(汗)。毎年、同じように当たり前ということはない。よく分かりました。


それでも約60臼、みんなでつき切ってくださいました。今日はたくさんのご奉公が詰まっていて、戦力にならず申し訳ございません。


平成最後の年末は感じやすくなっているのか、感慨や感動が深いです。


みんなが直面していることを感じたり、感心したり、さみしくなったり、勉強させてもらったり、いろいろです。


とにかく、僕なりに考えると、「総括」と「覚悟」だと思っています。


ノスタルジックに、センチメンタルになっていても仕方ないです。


しっかりと今までを総括し、総括したからこそ出来る覚悟で、次の時代に向かわなければならないと思います。


とことん総括して、次に行きたいです。


今年、僕は10年ぶりに書斎を掃除しました。


10年も、掃除できていなかったんです(汗)。


それほど、つくづく無我夢中の10年だったのだと思いました。


藤本御導師のご遷化があり、東日本大震災があり、本の出版、旭のこと、ブラジル、いろいろなことが重なり、とてもとても正常な状態ではなくて、野戦状態のまま駆け抜けたのでしょう。


そういう意識もなく、あっという間に時が過ぎて、気がついたらまともな片付けもせず10年が経っていたという感じでした。


今夜は『8だJ』が放送されているのですね!!!!ビックリしました!


懐かしいですー(涙)。20年も経ったのですね。


ジャニーズのみんな、かわいかったです。


吉川妙養師が妙深寺での修行を終えて京都にむかいました。


お餅つきの途中、みんなで記念写真を撮りました。


ありがとうございます(涙)!

2018年12月27日木曜日

「不都合な真実展」@京都新聞


京都新聞さま、ありがとうございます。


今朝の朝刊に掲載していただきました。


ありがとうございます。

 

26日から年末年始の休館をいただいていますが、元旦・2日は特別開館をいたします。

通常開館は5日からとなります。

 

みなさまの無事越年迎春を心よりお祈り申し上げ、重ねてのご来館をお待ちしております。

2018年12月25日火曜日

年の瀬とバブルとSDGs























怒涛の年末で御座いますー(汗)。


年の瀬が押し迫る中も、長野から横浜、東京、ボウズヨガ、そして今日は沼津から小田原へと、一つ一つ大切なご奉公が続きます。


ボウズヨガも予約から満タンでした。ギッシリ滝汗。本当にありがたいことです(涙)。


スタジオに響く御題目の音声。今回は吉川妙養師も初体験。ビックリしていましたー!


来年は、ボウズヨガに参加いただいた方々が、もっとお寺に近づけるプログラムを考えますー。本当に、みなさん感動してくださるから。


それにしても昨夜の満月はすごかったですー。怖くなるほど大きかったー。


長野本晨寺でも、横浜妙深寺でも、最後の御講やお総講に引き続き、年末の教講納会を盛大に開催させていただきました。


それぞれのご奉公を称え、労い、さらに結束を固めて、来年のご奉公に臨みます。


昨日の朝Twitterには投稿したのですが、今朝は株価の急落がニュースになっているようです。


実は10月4日からバブルが崩壊し始めていて、プロの方々はすでに資産を避難させていると聞きました。


なりふり構わず、どんな手を使ってでも来年の参院選までは保たせると思っていましたが、これで本当に官製バブルは弾けてしまうのでしょうか。


新時代の覇権争いに恐慌と戦争はついて回るものかのか、少しも目が離せません。


インドネシアの地震、シチリアのエトナ火山の噴火。年末も自然災害のニュースが続きます。


僕はSDGsのバッジを付けてご奉公に出ています(今日は本葬儀や本通夜への参列ですので外して出かけましたが)。


SDGs(エス・ディー・ジーズ)」とは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」という言葉の略称です。


Sustainable」という英単語には「(資源を)環境破壊なく持続(維持)できる」という意味や「長期間維持できる」という意味があります。


SDGs」は2015年9月の国連サミットで採択されたもので、2030年までに193ヶ国が達成しようと掲げた目標であり、人類の希望です。


目標は具体的に、いろいろなテーマとして分かれていますが、とにかく地球環境を破壊して開発を続けることは止めよう、人類の次なる価値観を共有しよう、というもので、極めて仏陀の教えとシンクロするであろうと感じています。


とにかく、京都佛立ミュージアムの「不都合な真実展」の開催以来、すごいスピードで様々な方々とつながっています。


地球も世界経済もギリギリの状況ですが、だからこそ希望を胸に駆け抜けましょうー。


南無妙法蓮華経ー。


2018年12月22日土曜日

100兆円





長野へ。北陸新幹線で。今年最後のご奉公。


昨夜は久しぶりに電車で上野駅に向かいました。


なんかドキドキしましたー💓。高校時代は毎朝毎晩ギュウギュウ詰めの東海道線に乗って品川まで行っていたのですが、なぜかドキドキ💓。大変な混雑でした。


昨日、横浜港のノースドッグに、白い船体で後部に四角いボックスのある船が停泊していました。


気になったので調べてみると、ミサイル追跡艦T-AGM‐25『ハワード・O・ローレンツェン』だということが分かりました。


オスプレイもここに陸揚げされてから横田基地へ飛んでいきました。横須賀だけでなく横浜港が軍港であることを思い知ります。


昨日は初めて100兆円を超えた予算案が閣議決定されたとのこと。この中にはイージス・アショアの購入費も含まれているとか。


肥大化した組織やバブル期を引きずったやり方をそのままに、最後の博打、やけのやん八、官製バブルでブクブクになって。


巨大な借金は子どもたちが何とかしてくれるとでも思っているのか、大人であることが恥ずかしくなるような話ばかりです。


果報を全て使い果たして、それでも気づかない大人は、一番罪深いですね。


「売り家と唐様で書く三代目」


テレビは主要メディアとしての責任と規制が多く、本音や真相が出にくいものです。


だからこそ多くの人がインターネットに本当のことが出ていると思い込みました。


ところが、今やインターネットこそ間違った見解や偏った情報が溢れていて、政治家や政治勢力も躍起になってネットマーケティング、つまり巨費を投じてインターネットによる情報操作を行っています。


もう、テレビや新聞よりタチが悪い。朝からYouTubeを見てる息子も大丈夫ではないですね。


ニューズウィークの「世界はなぜ『離脱の時代』を迎えたか」は秀逸な論考でした。


もはや強烈なしっぺ返しが来ないと気づくことはないでしょう。今や世界は善悪ではなく地政学の原理によって動いているのですね。


この数年で、日本の平和に対する姿勢も崩されてしまったように感じます。


変な論客がたくさんいますし、変な義憤に満ちたお金持ちもたくさんいて、世の中が変な方向に流されているのを感じるのです。


中国の脅威、米国の圧力、ロシアの狡猾、北朝鮮の横暴、様々な要因があるにせよ、日本の最大の防衛力は一貫した平和主義にあります。違うと言っても、そうなのです。「最大の」「防衛力」は「平和主義」です。


南米に仏教を伝えた茨木日水上人は「平和国家で押し切る事が真の武士道」と書いておられました。その通りです。これこそ日本の誇る武士道、日本人しか取れない道。兵器を買って防衛力が増したと思うなど恥ずべきことです。


世界政治が岐路に立つ今こそ、防衛力を倍々に増やしていく愚かさを思い返し、より強烈に、断固として平和国家としての生き方を追求しなければ。


とにかく、最近はニュースを見ていて腑に落ちることも、愉快になることもなく、ただ心配や懸念が深まります。


だからこそ、問題意識をもって学び、狂気的情熱をもって行動しなければと思うのでした。


2018年12月20日木曜日

ローラさん








美しい空。

きれい。

また彩雲が出そうで見惚れていました。

ローラさんがアル・ゴア元米国副大統領のイベントに出ておられていたのを知り、感動しました。

辺野古の埋め立てについてもしっかり反対を表明し、具体的な行動まで呼びかけておられました。

さすが、アル・ゴア氏の著書を全て読んでいるだけあります。

彼女は、本当の本当に意識が高く、自立し、自分の信念を大切にしながら生き、行動している、美しい女性です。

いや、性別も、美しい、も関係ないですね。

内にある信念と外に表れる行動が人を決する。

本音と建前、表と裏が横行している世の中。


アル・ゴア元米国副大統領にお誘いいただいて24Hours of Realityに出演されたローラさん。


日本はロビー(政財界、芸能界など地位や権力を持つ方の集まる場)が小さくて、ヒエラルキーを重んじる国民性もあるし、こうした問題に触れるのは難しいし、怖いもの。


ローラさんに、京都佛立ミュージアムの展示をご覧いただきたいです。


影響力のある方の素晴らしい発信に感謝、感動しました。

2018年12月19日水曜日

大阪の夕陽、東京の夜景










横浜に戻ってきました。


来年のイタリアへのご講有巡教のことなど、今日中に確認しなければならない資料があり、事務作業が終わりません(涙)。


それでも各旅行社への最後のお願いも、ブラジル教区への連絡も済み、やっと少しだけホッとしました。


年末が勢いよく迫ってきていますね。


今年最後の京都。


そして、大阪の夕陽、東京の夜景。


明日も安全で、すてきな一日となりますように。


ありがとうございます。

2018年12月17日月曜日

手の届きそうな虹














12月16日(日)の朝、吉川妙養師から御法門を頂戴いたしました。

日本語が上手すぎて、全員びっくりしました。実体験に基づく感動の内容です。

きっと、全国のお寺でも感動を呼び起こすと思います。もっとゆっくりお話するように伝えました。

そのまま京都に移動して、昨夜は今年最後の長松寺のお総講。100名を越すたくさんお参り、ありがとうございます。

例年のことで、伏見の妙福寺からもお参詣を頂戴いたしました。大僧正日峰上人や小千代大奥さまがおられた頃からのご奉公、お参詣です。ありがとうございます。

御法門は、この時代の節目にあたり、最も厳しい角度から説かせていただきました。

ただ一年が終わるということでも、元号が変わるというだけでもなく、まさに時代も世界も人間も変わろうとしていて、リセットされようとしていて、大きな力が働いているのを感じるのです。

簡単に年は越せない。時代も超えられない。ツケは払わされるし、リセットされてしまうもの。

今なかなか拝見されていない御法門を、長松寺のご宝前で拝見させていただきました。南無妙法蓮華経-。

今日、京都におりましたが、目の前のビルの間から虹が立ち上り、手が届くくらいの距離で本当に御届きました。

美しいなー。

うっとり、じっくり、眺めていましたー(涙)。

空と光が大好きな僕は大満足でした。

光、水、空気、空間のシンクロニシティ。

全ては完璧なタイミングで進行しているもの。

本当に、きれいだったー。

毎日死者1000人以上

本日、京都   長松寺の役一参詣ご修行お総講は淳慧師に代行していただいております。大変申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。 京都の緊急事態宣言は解除されていますが、関東一都三県では2週間の延長が話し合われています。 昨日はブラジルとのウェブ会議もありました。 ブラジル...