2024年4月7日日曜日

桜満開の中の御講














桜満開の中、この週末の御講は感動がいっぱい溢れています。


午前には文子さんからお話をいただきました。初めての部御講へのお参詣。コロナ禍があって、ご自宅で奉修される御講にお参りするのは少しハードルが高い感じを抱いていたそうです。正直な気持ち、そうだと思います。


でも、敦子さんとの真心の交流があって、初めて部御講にお参りされました。その感想が瑞々しくて、初々しくて、ありがたかったです。今年の妙深寺の総祈願には「初めての信行体験」という一文があります。みなさんに「初めて」を体験していただきたいです。


午後の矢畑さんの御講も感動でした。20才の時、安彦さんに出会ってから今日まで40年以上の日々、本当に胸がいっぱいになりました。安彦さん、喜んでいると思います。


安彦さんが亡くなって初めての教区御講。しかも、新居での奉修です。ご自身で手を入れられてご宝前も荘厳さを増していました。


奥さまのお父さまのご回向もさせていただくことができて、よかったです。偉大な、大変な御方でした。心から敬意を抱きます。長男に読ませたいと思っていた御本でした。素晴らしい御講でした。


みなさま、ありがとうございます。

ありがとうございます。

0 件のコメント:

バーバラの御講、30分のトランジット

東海岸に移動してきました。西海岸との時差は3時間。ひとまずサンフランシスコからアトランタです。 昨日は小高い丘の上にあるバーバラのお宅で御講を奉修させていただきました。昨年9月、バーバラのご主人であるタノス・レナードさんの葬儀を勤めさせていただきました。ご自宅はミュージアムみたい...