2016年7月31日日曜日

津久井やまゆり園にて

今日は大和法深寺の開導会 併せて松風院日爽上人御17回忌法要でした。

また先住のビデオを観て、泣けて泣けて仕方ありませんでした。

ご供養をいただいてから、どうしても行かせていただきたく、津久井のやまゆり園まで行かせていただきました。

今日しか時間がなくて。

少しでも亡くなられた方々の近くで、ご回向させていただきたいと思っていました。

凄惨な事件現場。

相模原にある本門佛立宗のお寺、妙現寺の鈴江ご住職にご唱導いただきました(涙)。

亡くなった方々を思いながら、御題目をお唱えさせていただき、たくさん涙が出ました(涙)。

帰りに、先週に続いてジェットスキー時代の後輩の病院に寄らせてもらいました。

今日は誰もいなかったので、ベッドの横でずっと話しかけて、また御題目をお唱えしながらお祈りをさせてもらいました。

彼は、分かっていると思います。

それは、決して、それだけが幸せなことではなく、辛いことの方が多いと思うのだけど、意識があることを、感じました。

僕の問いかけに、返事をし、頷いてくれた。

重ねてお見舞いに行き、僕に出来ることをしてゆきたい。

必ず。

今日、一緒にご奉公してくれた、お見舞いに行ってくれたみんなに感謝です。

渋滞を越えて、最後は母の病院に行きました。

病室の中、母はいつもながら気丈に元気でした。

明日のおついたち、手術になると思います。

たくさん、たくさん、学ばせていただき、学ばせていただいているからこそ、動かせていただいています。

明日、母の手術が無事に終わりますように、ご祈願させていただきながら、6時半から月始総講を奉修させていただきます。

頑張ります。

ありがとうございます。

皆さま、ご心配をおかけして、申し訳ありません。そして、ありがとうございます。恥ずかしがりながらも、皆さまからの温かいお言葉やご祈願を励みに頑張ってくれると思います。本人はとても元気にしています。

今日は大和法深寺の開導会、併せて日爽上人の御17回忌。朝参詣からさがり、私たちは大和に向かっています。

母がいればこそ、東西南北、国内も海外も飛び回ってご弘通ご奉公できてきました。

母の負傷全快と早期の健康回復を願うばかりです。

とにかく、私たちに出来る今日のご奉公を、しっかりやるのみです。

2016年7月30日土曜日

母君

母君が家の中で転倒して、大腿部を骨折してしまいました。

先ほど診察をしていただきました。

月曜日か、火曜日に手術になると思います。

ずっと無理を重ねてきて、今日も朝一番から動き続けて、気をつけてはいたようですが、ついに転倒、骨折してしまいました。

本当にかわいそう。

いつも病気やケガの方のお世話に走り回っている母なのに、今回は自分です。

とにかく早く治りますように、祈り願います。

出稿できましたー

ギリギリまで僕の原稿を待ってくれていた教務部のみんな、ごめんなさい。

昨夜、妙深寺報の8月号、無事に出稿いたしました。

また最高の寺報です。

2016年7月27日水曜日

信じてます

だから今こそ。

LOVE&PEACE。

愛と平和。

祈ろう。

信じよう。

愛してます。

大好きです。

信じてます。

たくさん、そんなすてきな言葉を語りかけよう。

愛してる。

大好きだ。

信じてる。

言葉にしよう。

伝えよう。

そういうことを教えてください。

そういうことを教えてくれています。

南無妙法蓮華経。

そういう意味です。

きっとよくなる。

サイコパスと仏教

宗教者として、深く思索しなければならないと思い、様々な角度から自問自答を繰り返し、ご宝前に問い続けています。

「サイコバス」という言葉を、報道番組の中で、何度も耳にしました。

「サイコパス」とは簡単に言うと、「良心」や「善意」というものを「持っていない人間」と定義しているそうです。

「感じない」のではなく「持っていない」という表現に恐ろしさを感じますが、この「サイコパス」という言葉や定義をもって今回の相模原で起こった連続殺人事件の容疑者を評しているようです。

専門家が「サイコパス」が引き起こした顕著な実例という今回の事件。

良心を持っていないという「サイコパス」という人間の存在を、宗教者である私はどう考えるのか。

高祖日蓮大菩薩が最高能判の書と言われる『観心本尊抄』にあるお言葉。

「無顧の悪人猶妻子を慈愛す、菩薩界の一分也。」

「無顧の悪人」とは「何もかも顧みない悪人ですら自分の妻子にだけは愛情を抱く。人の心に菩薩界があることを示している。」

極悪非道の者ですら、一分の菩薩心がある。

十界互具、一念三千。

報道を聞いていて、僕たち仏教徒は挑戦されているのだと思いました。

本当に、一分の良心もない、そう思える凶悪な、残忍な、犯罪。

しかし、そうであるのに、仏教では、そこに一分の仏性があると説く。

「説く」ではなく「ある」。

なのに、「反社会性人格障害」の「サイコパス」という定義では、ないと言う。

極悪、残忍、凶悪な犯罪を目の当たりにすれば、そうも思います。

事件後、インターネットやツィートを見ると、胸が悪くなるような、容疑者を称讃し、賛同するかのような言葉に出会い、さらに世の闇を痛感しました。

広がり続けている-。

しかし、、、、。

だからこそ、僕たちは、挑戦されていると思うのです。

人間とはなにか。

悪魔は、外にいるのではなく、内側にいます。

神も、外側にいるのではなく、内側にいます。

だから、人間は、悪魔にもなれば、ホトケにもなる。

残忍さ、凶悪性は、自分の中にもある。

なにが、それを押しとどめ、なにが、それを増幅するのか。

ほとんどの人は特別に意識しなくてもバランスが取れる。

しかし、「無顧の悪人」をはじめ、多くの人がバランスを失い、99%まで悪魔に心を乗っ取られてしまうようになる。

いろいろなことを突きつけられていると、つくづく思いました。

この世のこと、人のこと。

日曜日、後輩の病院を訪れました。

本当に、意識不明に近い状態の後輩、苦しんでいます。

しかし、その病院は、100床以上あるベッドのほとんどが、意識のない、人工呼吸器をつけられている方々ばかりが入院なさっているところです。

ドアの中を見ると、そのほとんどの方が、意識不明のまま、経管栄養を入れて寝ておられる病院でした。

後輩の転院を含めて、何とか意識の完全回復、復帰を願い、出来る限りのことをしてゆきます。

しかし、あの病院から少し先に走ると、今回事件が起きた病院があります。

僕たちの住む街から遠く離れた、地の果てにある大変な施設のように感じます。

多くの方々が、ご家族が苦しんでおられる。

重度の障害を抱えた方々の病院や施設の実際は、私たちには想像を絶する大変さを抱え、その現実が毎日続くということ。

僕の父も意識不明で49日間、退院するまで約半年間入院していました。

その時のことを、思い返します。

この社会は、人間の本性をあまり見ず、もしかすると都合の悪いことは僕たちの住むところから遠く離して、特別に隔離して、何とか保っているだけかもしれないから。

どれだけ訓練をしていても、恐るべき現実を見れば、たじろぎます。

この社会の壊れている部分、隠している部分が、突きつけられているのではないでしょうか。

挑戦されているのは、みんななのかもしれません。

昨日の夜から、宗教家として、考え続けています。

今日は京都で、いろいろな会議に出て、いろいろなことを聞いたり、話したりしていましたが、心はこんなことでした。

宗教家として、今回の事件を考えています。

「サイコパス」と「仏教」について、考えています。

それでも、人間の可能性、仏性を信じたい。

負けていられません。

南無妙法蓮華経。

「サイコパス」とは何か?
http://www.psy-nd.info/

「サイコパスとは?

サイコパスとは精神病質、あるいは反社会性人格障害などと呼ばれる極めて特殊な人格を持つ人々のことを指す言葉です。

極めて特殊というと、滅多にであう機会の無い特別な存在という感じがするかも知れませんが、実はそれほど存在する数が少ないというわけではありませ ん。

サイコパスにどれくらいの割合で出会うかについては、住んでいる国や地域、環境によっても差があるとされています。

しかし、少なくとも確率論で言えば、一度もサイコパス(あるいはそれに極めて近い人物)と関わらないで人生を終える人の方が少ないと言って良いで しょう。

そして、サイコパスの特徴を一言で表すなら、
良心や善意を持っていない
ということです。

私たちがコウモリのように音波で周りの状況を把握したり、猫のように暗闇で物を見ることができないのと同様に、サイコパスは良心や善意というような 感覚を持つことができません。

さて、良心や善意を持たないというのは一体どういうことなのでしょうか?

私たちは普通、どんな悪人にも少しくらいは心の底に良心を持っているだろうと無意識的に信じていると思います。

だから、サイコパスでない”普通”の人間からは、サイコパスの存在自体がイメージしにくいかもしれません。

サイコパスの思考回路に関して、マーサ・スタウト氏はその著書「良心を持たない人たち」の中で「支配ゲーム」と表現しました。

この表現を借りて言えば、サイコパスは他人の存在をテレビゲームの中に登場するキャラクターと同じくらいにしか見ていない…と考えると分かりやすい でしょう。

サイコパスは自分に関係の無い世界に存在する我々に同情も共感もしないので”退屈しのぎ”くらいの動機で人を騙したり、傷つけることをためらいません。

私たちは何よりも先に、サイコパスという人々が現実に存在し、自分もその被害に遭うかも知れない、ということを認識しておくべきなのです。」

「サイコパス・テスト」というものもあるそうです。
http://www.psy-nd.info/diagnosis.html

2016年7月26日火曜日

南無妙法蓮華経

雨の中、東名高速道路を走っています。

ニュースで、相模原市の障害者福祉施設で多くの入居者の方々が惨殺された詳細を聞きながら、言葉が出ず、見つからず、走っています。

あまりにも非道な、酷い、狂気の事件。

衆議院議長に宛てて「障害者が安楽死できる世界を」と書いた手紙を渡したとか。

インターネットには出頭直後のツィートが紹介されています。

そこには彼自身の言葉で「世界が平和になりますように。beautiful Japan!!!」という言葉と、赤いネクタイをつけたうすら笑いの自撮り写真。

つい先日はドイツ・ミュンヘンのマクドナルドで子どもたちを狙った銃乱射事件があり、その前は南フランスのニースでトラックが歩行者に突入して無差別に多くの人びとを殺傷しました。

そして、今回の、日本の、神奈川県の、とても身近で起こった、弱者を狙った、大量殺害事件。

偏狭な宗教思想によるものだけではなく、世界中で、悪魔に心を奪われたような、悪魔が心を乗っ取ったような、心の闇から出てこれなくなった、偏った人間が増殖し続けてるように思います。

日曜日に、相模原の後輩の病院にお見舞いに行きました。

その道の先にあった、今回の施設。

ただただ、ご冥福をお祈りし、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と、御題目をお唱えさせていただいております。

人間の心を何とかしなければ、この世は何ともなりません。

何よりもまず人の心です。

みんなで、ここに焦点を当てて、なぜ心に闇が生まれるのか、心の闇とは何なのか、光を当てるためにはどうしたらいいのか、考えなければならないと思います。

この数年間、暴力には暴力で報いるという風潮、戦略、政治判断が、世界に広がってきました。

表と裏、本音と建前を使い分け、ヘイトスピーチとは行かないまでも、誰かを誹謗し中傷すること、それらを過激に行うこと、それらを見て愉しみとすることが、広がってきたと感じます。

仏教は他の宗教とは異なり「自覚の宗教」と言われます。

神仏に救いを求めるだけの宗教ではありません。

人間を知る。

自分を知る。

人間の癖を知る。

自分の癖を知る。

癖は、自分では気づかない。

いい癖ならまだしも、悪い癖なら、それを知って、直さなければ、そうやって成長してゆかなければ。

人間の癖を知り、自分の癖を知らなければ。

本当に、今こそ、仏教徒が、佛立仏教徒として、その尊い教えを伝えてゆかなければならないと思います。

ニースで多くの方々がトラックにひき殺された翌日、顔をしかめてレポートするカメラの向こう側の海岸で、優雅に日光浴してる人びとが映っていました。

世界各地に心を傷めている人びとがいる中、その事故現場のビーチで日光浴とは、これが末法の別の狂気、空恐ろしさだと痛感しました。

何かが麻痺して、麻痺したまま、麻痺させたまま、生きていないか。

先ほど、ツイッターというものの中に、今回の容疑者のツィートがありましたが、これに返信した人たちの書き込みを見て、ゾッとしました。

大丈夫でしょうか、この世の中は。

大丈夫なはずがありません。

今日の心の痛みを、今日からの、明日からの、生き方に伝えなければ、申し訳ないと思います。

心の闇を照らす妙法。

南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

青木ヶ原樹海







昨日は青木ヶ原の樹海で過ごしました。
人間の身体のこと、心のことを真剣に考え、新しい角度から美と健康を提案してきたマグマスパ。
みなさんと一緒に、霊峰富士の裾野に広がる樹海を歩き、大地の底から出てくる冷気、天空から降りてくる大気を感じました。
溶岩の上に根付く樹木。
木々や岩の間を滴り落ちる水。
根元でキラキラと緑色に輝く苔たち。
ふかふかの、絨毯のような森の土。
最先端の会社の撮影。
最新のドローンや機材の使い方を学ばせていただきました。
もうすぐ始まる開導聖人の撮影で活かしたいと思います。


2016年7月24日日曜日

後輩

相模原の妙現寺から車を走らせて、後輩が入院している病院に行ってきました。

46才だったんだ。

お母さんから、ずっとお話を聞いてました。

僕が海で突っ走っている時代の後輩でした。

本当にかっこいい後輩でした。

でも、今はベッドの上で、変わり果てた姿になっていました。

ズドーンと、お腹の奥、心の底に、お母さんからお聞きしたお話が横たわっています。

俺は坊主だから、批評ではなく救うのが使命です。昔からの仲間の力になりたい。

医師からは脳のダメージがひどく意識の回復は難しいと言われていたそうですが、横に行って語りかけると顔をしかめて泣き顔を作りました。

みんなが言っていたとおり、意識ある。

手を握って、叱りました。

元気になってお坊さんになれ、出家しなさい、お寺で回収するーと言ったら、笑っていました(笑)。

笑ってくれて、ありがとう。

むちゃくちゃだったナガマツが、今はお坊さんになってる。

石崎パパのお通夜まで、彼に起きたことを知らなかった。

ずっと、疎遠だったことを悔やんでいる。

元気になって、またゆっくり話をしたい。

日曜日の夜、今は横浜に向かっています。

ポケスポットー。

ポケスポットに妙深寺がなっていて、いろいろな方が来てくださっているとのこと。

あのー、「境内に足を踏み入れるだけで功徳になる」と教えられているので、それはそれで嬉しいですー。

確かに、お部屋の中でピコピコとゲームをしているよりは、外に出て身体を動かすのはいいことだと思います、

1998年、「次はゲーマーをいかに動かして、健康にするかだ。」と言っておられたゲーム界の巨匠の言葉を思い出します。

その後、本当に身体を動かすWiiが出たりして、驚いたものでした。

今回も、すごいですね。

でも、僕はあまり好きではないし、その時間があったら、本当のサファリ、大自然に連れ出して、動物や昆虫に出会ってもらいたいし、スキューバダイビングであろうと、スカイダイビングであろうと、人生観を一瞬で吹き飛ばして、変えてくれるようなスポーツやレジャーに挑戦して欲しいと思ってしまう。

前時代的かもしれないけど、いいよ、自然も、スポーツも。

とにかく、妙深寺はポケスポットらしいので、是非お参詣ください。

変なとこに入ったり、入っちゃいけない所に行ったら、屈強なお坊さんにつまみ出されます。

特にご住職にはお気をつけください(笑)。

いま、小田原での厳かな法要を終えて、相模原に向かわせていただいておりますー。

遅くなりましたが、今日は相模原 妙現寺の鈴江日原上人に、上半期のご奉公のご報告、ご挨拶をさせていただきます。

それにしても、小田原城は綺麗になりました。

96才になる日博上人の奥さま、おばあちゃんもめちゃくちゃに元気で、みんなを励ましてくれていました(笑)。

小田原 法正寺のお庭、ジーッと見ていると長い歴史を感じることが出来ます。

おばあちゃんが、その庭を見ながら泣いていました。

日博上人の御五十回忌。ありがたかったですー。

ありがとうございます。

小田原に 向かう途中で 御法門

日曜日、小田原に向かっていますー。

今日は、小田原 法正寺で開導会が奉修され、併せて日博上人の御五十回忌を営まれますので、謹んで出座させていただきます。

車で移動中ですが、今朝は妙深寺の夏期参詣はコレイア清行が当番。

Wi-Fiをつないで、Bluetoothのスピーカーをつないで、車中で御法門を聴聞させていただきました。

御教歌
「はてしなき 天つみ空をあふぎみて 佛のひろきめぐみをぞしる」

The movie summary of Sri Lanka HBS activity in 2018.

The movie summary of Sri Lanka HBS activity in 2018. スリランカHBSが制作した2018年の活動をまとめた短編映像です。