2022年5月31日火曜日

100万人のクラシックライブ@本山宥清寺




















四国を巡り、京都へ帰り、京都から横浜へ戻り、はや一日。


昨日は山積に山積した自坊・妙深寺の細々としたご奉公に一つ一つ答えたり、指示したり、書いたり、決めたりしていたら夜になっていました。


朝参詣終了直後から妙深寺の新企画について胸躍る打ち合わせ、9時半からは京都佛立ミュージアムの特別ご奉公についてオンライン会議、そして618日、19日にお迎えする開導会併せて先住松風院日爽上人の打ち合わせ。


今日もかけがえのない一生分の一日のご奉公ことなりました。


午後は大津から戻ったディリーパ良潤師を連れて植木雅俊先生のご自宅へ伺いました。とてつもない化学反応が起こります。本当に、ありがたい!


本山での素晴らしいイベントにも触れたい!


529日(日)、宥清寺こどもの日の行事&100万人のクラシックライブ、四国から駆けつけて、最幸の盛り上がりを目の当たりにして、感動しました。


松本良光師の「お坊さんのお話」態度で示そうよー!を真剣に聴く大勢の子どもたち、100万人のクラシックライブも大勢の子どもたちが本堂前を取り囲み、素晴らしかったです。


真夏のような陽射しで演奏者のお二人や出展者の皆さまにはご苦労をおかけしました。申し訳ありませんでした。本当に、ありがとうございました。


ご奉公いただいた皆さまにはいつもながら心から感謝しておりますー。


地域との絆、深まっています。ありがたいです。


明日から6月です。いよいよです。

ありがとうございます。

2022年5月30日月曜日

今生人界の、四国の思い出

























無事に妙深寺まで戻って参りましたー🙏


ほぼ海外でご奉公しているのと同じ。違うのはパイロットさまやドライバーさまに任せず、妙深寺まで全て自分で運転して戻ってきたことかな。無事でよかったです。ありがとうございます🙏


四国最終日、高松 妙泉寺さまから新居浜 清扇寺さまへ。


朝、午前6時半からの朝参詣。妙泉寺では前向きで力強い未来へ向かうエネルギーを感じました。草刈さんの特別御礼言上もあり、再出発や再始動に感動しました。


終了後、真希子奥さまの真心のこもったお弁当を載せて出発。


午前9時半から新居浜の清扇寺。こちらも「ぴったり」なスケジュール(汗)。ツメツメでした(笑)。


11ヶ寺への激励、5軒へのお助行。ほんの少しでもご奉公の一助になれたらと願い、精一杯のお看経、御法門、お話に努めました。最後は声もうまく出なくなり、申し訳ありませんでした。


清扇寺さまではマイクを使わない激励となり、最後の最後まで本当に修行でした。声を振り絞り、振り絞りながら、ご奉公させていただきました。


フィナーレに、御法さまから最幸のプレゼント。清水さんという方がわざわざ新居浜のお寺まで訪ねてきてくださり、はじめてお会いすることが出来ました。長い間、ブログを読んでくださっていて、四国を巡っていることを知り、スケジュールを追って清扇寺の予定を聞き、参加くださったのです。本当に、感動しました。


新居浜からそのまま京都へ向かいました。助手席にお預かりしたお手紙を置き、走り出しました。淡路島のサービスエリア、美しい景色の中でお手紙を読みました。ありがたく、疲れも癒えて、胸がいっぱいになりました。ありがとうございます。


ほんのわずかな時間、皆さんと出会い、一緒にお看経し、お話をしたり、動くお寺を見ていただいたりしましたが、少しでも前向きな何かが心に生まれていたら、甲斐があります。


功徳は、火にも焼かれず、水にも漂わず、罪障を消滅し、未来へと向かう。


御教句

うれしさは みのりの為にする苦労


明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学ぶ。


今生人界の思い出に、四国を走り回った素敵なご奉公が加わりました。


お目にかかった全ての方々に心から感謝いたします。


本当に、ありがとうございました。

ありがとうございます🙏

2022年5月29日日曜日

パーマン人形












まんまと日曜日お決まりの、行楽帰りの方々の大渋滞にバッチリ巻き込まれましたー(涙)。渋滞、まだまだ伸びてます。横浜に着くのは20時かな。つかりたー(汗)。


あわよくば妙深寺のボーズバーに滑り込めると思って頑張りましたが、ごめんなさい🙏


身体をバラバラにしてご奉公できたらいいのですが、生きている間は身体と時間に制約されてて。


欲しいのはパーマンの人形とドラえもんののどこでもドア。ちなみにパーマンの人形はドラえもんも取り扱っているらしいです。


ドラえもんは偉大だな。


サービスエリアで、みんながお家に帰って空くのを待ちます🙏

2022年5月28日土曜日

土佐から琴平、高松

























淡路大橋を遠望するサービスエリアまで戻ってきてしまいました。


全く時間がなく、ブログもアップできなかった(汗)。朝一番から夜中までのご奉公。四国11ヶ寺、ご信者さまのお宅5軒へのお助行が無事に終わりました。


昨日のこと。


四万十市の寶泉寺。朝参詣は午前6時から7時まで。農家の方も多く、朝は出荷作業などもあり、こうした時間になるとお聞きしました。ありがたいです。


私からのお話は6時半から。エンジンが温まっているかいないかで、でも精一杯お話をさせていただきました。ほんの少しでも前向きな心で信行ご奉公にお気張りいただければと願いを込めました。


高知に入ると、坂本龍馬の話をしないわけにはいきません。四万十市の寶泉寺さま、そして次の高知 佛立寺では龍馬さんに触れさせていただきました。


それにしても、声がかすれてしまって、参りましたー。


四万十市を午前8時に出発して、高知 佛立寺に午前1023分に到着。そして1030分から講演なんて、ぴちぴち、きちきち。ほんまに、おトイレに行く間も申し訳ないですー。


鈴木日樹御導師の前での講演。しびれました。緊張しました。11才でブラジルに行った時のブラジル教区長、中央寺院 日教寺のご住職。心から畏れ多く感じる御導師です。最近はブラジルとのウェブ会議にご出席いただいており、今秋ブラジルへお出ましいただく予定です。


高知から琴平別院へ。こんぴらさんで有名な歴史ある街にも、本門佛立宗の立派な堂宇が建立されています。この街にもたくさんの篤信の方々がおられました。琴平別院から2軒のお宅へとお助行に伺いました。


そして、高松 妙泉寺へ。本堂と小野山御導師にご挨拶させていただいた後、黒川事務局長のお宅へとお助行に伺いました。真剣な弘通談義に花が咲き、これからのあるべきご奉公について語り合いました。


昨日もあっという間に過ぎ、気がつけば深夜。送っていただいた写真のチェックも文章も書けないまま最終日の朝を迎えたのでした。

2022年5月27日金曜日

日曜日は本山宥清寺へ




「子どもの日の行事&100万人のクラシックライブ」

日程 令和4年5月29日(日)
時間 10:00 お寺参り
   10:20 お坊さんのお話
   10:30 ほんもんさんアート市開始
   11:00 100万人のクラシックライブ
   15:00 終了予定
場所 宥清寺 京都市上京区一条通七本松西入ル滝ヶ鼻 町1005-1
問合先 075-288-3344(京都佛立ミュージアム)
参加費 無料
 
参加していただいたお子さまには当日無料でお菓子を配布いたします。
※数に限りがございます。ご了承ください。

松山、八幡浜、宇和島、四万十




















世界一の弘通参与、小野山淳鷲師の容赦ないスケジュールの組み立てにより、息をする間もなく四国を走り回っておりまするー!


昨日は朝6時から松山 松風寺の朝参詣。6時半から御法門を拝見いたしました。前夜、緊張して眠れませんでした(汗)。無事に終わって、よかったですー。


そして、八幡浜へ移動。本唱寺さまへお参りさせていただきました。もう感動の連続です。モバイル・テンプルをお寺の前の高校に駐車させていただきましたが、校舎から高校生たちが動くお寺に大注目。大人気でした。


さらに、宇和島へ移動。顕本寺さまにお参り。寸分の隙もないご奉公日程なので、全く文章を書くことも、何もできないのですが、30年前に本山でかわいかっていただいた細羽淳顕師と再会でき、92才の御導師にもお目にかかれて、感動いたしました。


強い雨が降ってきましたが、19時に四万十市に入りました。そこからご信者さまのお宅2軒へお助行にお伺いしました。


もう、最高の出会い。


四万十川 龍馬会の会長だった植田さんのお宅と、学校の元校長先生でビオラの演奏者でもある名田さんのお宅。


本当に、感動いたしました。


夜遅く、夕食のご供養をいただきました。塩たたき、久しぶりに頂戴しました。まっこと、こちゃんち、うまいぜよー、でした。


今日の分は、まだ書けません。いまコンビニの駐車場に停めさせていただいて、書いています。寸分の隙もないから。


ありがとうございます。

2022.06.26 衣美さんご挨拶

咲奏ちゃんのお母さん、衣美ちゃんのご挨拶です。退院後、はじめて妙深寺にお参詣、みんなにご挨拶をしてくださいました。ありがとうございます。 つくづく、生きた仏教、真実の物語です。生きて、戻ってきてくれて、よかった。 2022年06月26日 衣美さんご挨拶