2018年6月30日土曜日

トランクの中の日本 〜戦争、平和、そして仏教〜@サンマリノ
































昨日、無事に写真展がスタートできて、本当によかったです。


現薫師の現場力にはさらに磨きがかかっていました。


たくさんのサンマリノの職人さんとお仕事しましたが、この分野は世界中どこに行っても変わらない感性、仕事ぶりで、かっこよく、気持ちのいい男たちばかりでした。


3年前、第二次世界大戦から70年目、オダネル氏の写真を中心とした企画展を開催いたしました。


歴史的に貴重な写真であることはもちろんですが、展示のご許可と同時に、全く新しい、大きなミッションを与えていただいたように思えました。


この少年と弟の姿に、戦争で失われてゆく命、傷つく子どもや女性たちの苦しみ、悲しみのすべてが凝縮されているように感じました。


誰もが一度は目にしたことのあるこの写真を通じて、あらゆる壁を乗り越え、共に平和への祈りを捧げ、確実に平和への階段を登る、その一歩を踏み出さなければならないと思いました。


1945年、8月6日に広島、8月9日に長崎に原子力爆弾が投下されました。


広島では14万人、長崎では7万人もの命が、その年の暮れまでに亡くなったといわれています。


ジョー・オダネル氏は、日本が戦艦ミズーリの艦上で降伏文書に署名した9月2日、その歴史的な日に、日本へ上陸しました。


焼け野原の佐世保に上陸した彼は、従軍カメラマンとして広島や長崎を撮影してゆきました。


そして、タバコ数箱と交換した個人用のカメラでも貴重な瞬間をネガに焼き付けてゆきました。


そして、長崎でこの少年に出会ったのです。


少年は息絶えた弟を背負い、その弟を火葬するために焼き場に来ました。


彼はくちびるを噛み締め、直立不動で、その瞳はまっすぐに前を向いて決して動くことはありませんでした。


オダネル氏は少年に声をかけようとしました。


しかし、もしそうしたら、少年の心を支えているものを崩してしまいそうで止めたと記しています。


敵国日本へ、敵愾心に燃えてやってきたオダネル氏の心は、日本人と出会い、幼い少年の姿を見て、変化していったのです。


「私たちは下手な魔法使いのように、解き方を知らずに魔法をかけてしまったのではないか」


私たちの内側にある敵と味方の壁、自分と他人の境界は、妄想や幻想ではないか。


幻影に怯えて争い、傷つけ合い、殺し合っているのが人間だとしたら、こんなに愚かな、情けない、虚しいことはありません。


愚かで、虚しいだけならばいいけれど、その結果として多くの人が亡くなり、弱い立場の子供たちが命を奪われるなんて、許されるはずがありません。


幻影を幻影だと気づき、その向こう側に行く。


3年前、終戦70年の節目に、私たちはオダネル氏の心の変化、この進展こそ、仏教の説くプログレスと重なるものであり、それこそいま私たちが学ばなければならないことと信じて、展示を作り上げたのでした。


自分と他人、敵と味方、すべては仮のものであるということ。


自分の心の内側にある壁が、それぞれの自由を奪い、平和を壊すということ。


「人立宗」と「佛立宗」というシンプルで根本的な問いに似ています。


私たちは、それぞれの価値観を大切にすると同時に、そうした文化、宗教、信仰、国境を普遍化してゆく道のりにいます。


今でも世界中でこの兄弟と同じような少年がいるということ。


戦争も紛争も終わることなく続いているということ。


世界には今もなお1万5千発以上の核兵器があるということ。


ある意味で、人類は成長していないということ。


それでも人間を信じなければならないということ。


人類の新しい価値観。


意識の次元を上昇させることはそれほど難しいことではないはず。


ジョー・オダネル氏は言いました。


「歴史は繰り返すと言うが、繰り返してはならない歴史もあるはずだ。」


オダネル氏は原爆症とも思われる病気で生涯50回以上の手術を受けたといいます。


そして、8月9日に亡くなられたのです。


それは1年が365日ある中で、長崎に原子力爆弾が投下された日でした。


到底偶然とは思えません。


この写真展は73年前の日本にあった空気、煙、埃、臭いまで感じていただくことが出来ます。


昨日、クレムリンで秘書官をされている方が来られて、涙を浮かべながら話をしてくださいました。


「是非ともモスクワで開催してもらいたい。費用は全て出します。」と言われ戸惑いましたが、この写真展にそれほどの力があることを再認識いたしました。


とにかく皆さんのおかげでここまで来ることが出来ました。


今日も一生分の1日です。


ありがとうございます。


オープニングセレモニー

































本日の開館に先立ち、サンマリノ共和国の大統領(執政官)のお二人が揃って観覧に来てくださり、ご案内いたしました。


お一人は28才という世界で最も若い国のトップだということです。


ゆっくり時間を取り、説明をお聞きいただきながらパネルをご覧くださり、ありがたかったです。


その後、エントランスにて、文化大臣、マンリオ・カデロ閣下、蓑田代表、キャルッツィ会長と私で、テープカット式を行わせていただきました。


テレビ局のインタビューで、サンマリノでの開催に至った経緯、なぜタイトルに仏教とあるのかなど、質問を受けました。


思っていたことの半分もお伝えできませんでしたが、何とか必死にお話をさせていただきました。


開導聖人のパネルの前で、大統領お二人に仏教についてお話をさせていただきました。


「愛と慈悲の教えです。私たちは深く共感いたします。」と仰せになっておられました。


仏丸バッチは大人気で、皆さんが胸に付けてくださっています。


いま、開催初日も20時になろうとしています。


蓑田さんご夫妻、宮澤さんはじめ、日本から本当にたくさんの方々が駆けつけてくださり、私たちを応援し、開催までのお手伝いをしてくださいました。


本当に、言葉にならない感謝です。


ここまで、裕子さん、緑さん、名美さん、石原さん、そして名翻訳家のダリオさんが、どれだけ献身的に、サポートしてくださってきたことか。


今日の開会式で、裕子さんが涙を浮かべて見守ってくださっていたと聞き、本当にあり得ないほどの感謝で胸がいっぱいです。


初日なのに、すでに何人もの方々が、涙を浮かべ、涙を流しながら、私に声をかけてくださいました。


夢のような展開に、まだまだ戸惑いもありますが、少年の写真に突き動かされるように、精一杯ご奉公させていただきたいと思います。


ありがとうございます。

2018年6月29日金曜日

タペストリー










朝、国会議事堂に着いてみると、タペストリーをかけてくれていました。


この位置についても、ずっと調整してきたのですが、結局エントランスの一番いい位置に設置してくれていました。


ありがとうございます。

初日を迎えます






























京都佛立ミュージアム主催「トランクの中の日本 ~戦争、平和、そして仏教~」サンマリノ共和国特別展の初日を迎えました。


99%の展示が終わり、これから会場に行って最終確認をします。


昨日、文化大臣と面談させていただき、国会議事堂を会場として行われる今回の展示がどれだけ特別なことなのかをお聞きしました。


約10日後にアルバニアの大統領がサンマリノ共和国を表敬訪問される予定があり、通常は予定を入れなかったり、それまでに展示を撤去したりするそうですが、今回はそれもしない。


そのままの状態で大統領をお迎えするとのことでした。


サンマリノのバッチを付けてくださったので、私からも仏丸のバッチをお付けさせていただきました(笑)。


マルタ島から蓑田さんご夫妻も駆けつけてくださり、大いに励まされました。


不思議なことにマルタ島からバスケットボールの選手が試合のためにサンマリノに来ていて、夕食で隣り合わせになりました。


一番背の高い選手は2メートル24センチ。


蓑田さんと撮った写真、すごかったですー(笑)。


本当に、皆さまの真心、ご協力のおかげで、あり得ないことが現実になりました。


今日は12時からオープニングセレモニー、テープカットです。


人を幸せにする人

京都での日々ですー。 平成最後のお祖師さまの祥月ご命日、10月13日から新しい御役目を拝命し、その引き継ぎで慌ただしい日々を送っております。 今夜は麩屋町・長松寺のお総講です。 10月9日はリストランテ文流にて西村暢夫先生とお昼ご飯をご一緒しました。 日本で「パス...