2021年5月31日月曜日

オリンピックとXゲーム


オリンピックとXゲーム


ジェットスキーはメジャースポーツではなくクラススポーツ。ご存知ですよね(笑)。


メジャースポーツは競技人口が多く、観客も多く、メディアが入ります。


メディアが入ると大きなスポンサーが付き、さらに競技人口が増え、盛り上がってゆきます。


クラススポーツは、少ない予算で大会を開催し、頭を下げてメディアを呼び、スポンサーを募ります。仕方ないことです。


30年前、スケートボード、インラインスケート、BMX、モトX、フリースキー、スノーボード、スノーモービル、サーフィンやウェイクボード、スカイサーフィンなどのクラススポーツを集めた大会がアメリカで開催されました。


それがエックスゲームズX Games)と呼ばれるスポーツイベントでした。「X」は「Extreme(エクストリーム)」という意味で「過激な」とか「極限の」という意味です。


メジャーではないけれど、クラススポーツの多くは、とてもかっこよくて、堅いルールに縛られない、ライフスタイルに密着していて文化的。若者が多く、音楽との親和性もありました。


そうしたスポーツを「アクションスポーツ」「エクストリームスポーツ」「Xスポーツ」と呼びました。


1つのスポーツでは「クラス(小さな)」ですが、それらが集まればメジャースポーツに負けない巨大なイベントになる。これを証明したのが米国のESPNが主催した「エックスゲームズ(X Games)」でした。


社会に出ていた際、ESPNと仕事をするようになり、この大会と深く関わるようになりました。米国大会、アジア大会、ついには日本独自のエクストリームスポーツイベントを開催しました。


当時もスポーツマーケティングはオリンピック委員会(JOC)というまさに日本スポーツ界を司る超巨大団体によって左右されていました。


五輪というイベントを頂点に、五輪種目(メジャーでなくクラスとしか言えない競技もあるのですが)の日本連盟、協会、各代表団体が加盟しています。JOCを頂点に各団体には予算が割り当てられていて、財務権や人事権などが集約されています。


スポーツの美徳を掲げながらメダリストによる「お金の使い方が変」という批判の声のように、役員報酬、高騰し続ける放映権、五輪貴族、五輪族など、世界最大のスポーツイベント「五輪」には理解し難いことが山のようにありました。


選手が主役のスポーツ。しかし、実際には選手の報酬は低く、アルバイトをしながらかろうじて競技を続けている選手がたくさんいます。だからこそ、スポーツの連盟や団体にはクリーンさが求められるのですが、IOC JOCはあまりに巨大な権力を持っているのでどうにもなりません。


エクストリームスポーツは、ある意味でこうしたドロドロしたしがらみ、大人たちの格好悪い動きと距離を置いて、本当に気持ちよく、かっこいいスポーツを追求しようとする営みだったように思います。


エクストリームスポーツの選手が重ねるトレーニングの努力も、事故や怪我のリスクも同じ。五輪は五輪でいいのですが、五輪の競技には「グラディエーター」のように王様や貴族の前で披露させられていたようなものも多くて、頭の中が潮焼けしていた僕のような者には興味が持てませんでした。


長野五輪の裏側では、そういう雰囲気が漂っていたのだと思います。そうした空気もあって、五輪は新しい競技を吸い込もう、取り込もうとしてきました。


伝統的なスポーツだけではなくサーフィンやスケートボードなどの人気のスポーツを入れれば、「五輪離れ」を食い止められる。いや、野球やフットボール、ゴルフがその代表だったでしょうか。


スポーツマーケティングの勝ちですね。クラススポーツだろうが、エクストリームスポーツだろうが、選手であれば五輪のメダルは最高に価値がある。そう思って当然です。選手は、常にそういうものでいい。興行主の問題が残るだけ。


1990年代の終わりに、五輪とXゲームの文化的、政治的背景を見ていた者として、今回の大会の混乱を冷ややかに、そして残念に思いながら見ています。


世界最大のスポーツイベントは古代から政治と一体だったし、政治から離れた五輪はありませんでした。


TOKYO 2020


都内には自動運転のバスが動き回っていたはずの、原発事故は完全にコントロール下にあったはずの、おもてなしの、2020東京復興五輪。


ほとんどブラフだったような気がします。2021年になっても自動運転の車は走り回っていないし、「汚染水」か「処理水」か言葉の問題ではなく原発の事故処理は完了の目処も立っていない、五輪と被災地の復興や被災者の生活再建がどう結びついているのかも分からない。


東京五輪に総合プロデューサーがいるとしたら、あまりにもお粗末だと思います。


いや、屋上屋を架す、屋上の上にまた屋根をかけて屋上を作り、さらに屋根をかけて屋上を作るような、もはや誰がイニシアチブを取っているのか、私たち民衆には分かりません。


すべて、今の日本が抱える問題の縮図のようです。


IOCJOCなんかに絡め取られないで、もっともっと新しいスポーツが、生き生きと、かっこよく、すっきりと、世界を席巻してもらいたかったな。


五輪は開催しなければ、放映権料もスポンサー費も入らなくなるから、何がなんでもやるしかないか。


五輪貴族、オリンピック・ファミリーも旅行できなくなるのは我慢ならないか。


とにかく、かっこ悪い。このままの雰囲気では選手も必死に選手を支えているスタッフもかわいそうです。


新型コロナウイルスの危機感と、五輪へ向かう先走り感が、なんともバラバラ、チグハグで言葉になりません。


メディアも新しい時代に突入しているし、この際、新しく世界的なスポーツイベントを作ってほしいな。


やっぱりジャック坂崎さんのような人が出てこないとダメか(汗)。


お坊さんらしからぬ話ですが、利権が絡みに絡んでいるのでスポーツなのに分かりにくい。ほぼ政治。


だから、八聖道の中の第一、まずは「正しく見る(正見)」ことが大事だと言いたくて。


具合悪い(涙)。

2021年5月30日日曜日

ご弘通のお手本





































ネパールやスリランカ、次々と嬉しい報告、ご奉公がありました。


ネパールから来日、日本で仕事をしているジットゥ君が開門参詣し、彼の家に御本尊をご奉安させていただいたのは10日ほど前のこと。


その際には奥さまが志篤く、心を込めて御本尊をお迎えし、ご挨拶くださったと報告がありました。


その後、夫婦で揃って妙深寺へお参りし、彼女も発心して御本尊をいただきたいと申し出、自らお数珠も選んで護持、さらに尊い浄財を奉納くださいました。外国から働きに来ている彼女にとっては大変高額で、その志の篤さに心から随喜しました。


そして、先週、ネパールではカドゥカ清地師がコレガオン家から御本尊ご奉安のお願いを受けて、ビカスの村までご奉公に行きました。


何度かご紹介しましたが、アジタ・タパちゃんは歩けない、喋れない、食事も介助なしでは食べれない、果てしなく寝ている女の子でしたが、御本尊をご奉安いただいてから、目に見えて、生まれ変わったように元気になりました。今では歩く、笑う、食べる、利発な女の子になっています。


その姿を見て、この一族の長であるラメッシュ・タパさんは、御本尊のご奉安を願い出たのでした。この家は私がFacebookのプロフィール写真に映っている兄弟のいる家族。ついに一族をあげてご信心できるようになりました。


アジタ・タパちゃんもおばあさんと一緒に来て、お会いすることが出来ました。おばあさんは大変感激していて、よろしくお伝えください、とのことでした。


本当に、ありがたいです。佛立宗の教科書に載るようなご奉公、現証の御利益、まさにお教化やご弘通のお手本です。


スリランカからもステキな写真が届きました。


良潤師とケネカちゃんの愛娘、RYO(龍)ちゃんが3歳の誕生日を迎えました。新型コロナウイルスの影響で行動制限があり、通常のような華やかにお祝いすることは出来ませんでしたが、別院のご宝前で御礼のお看経、撮影会をしたそうです。


本当に、かわいい。あんなに小さかったのに、すっかりお嬢さまです。


先日の青少年の一座でも少し登場してくれていましたね。


これからも、世界中の佛立青少年、みんな菩薩のたまご。スクスクと、強く、明るく、正しく、楽しく、成長いたしますように。


きっと世界はよりよく変わってゆく、変えてゆく。


南無妙法蓮華経ー。


ありがとうございます。

2021年5月28日金曜日

住職辞令














朝の新幹線で京都に帰り、そのまま伏見港を目指します。


龍馬にゆかりある寺田屋から月桂冠大蔵記念館、伏見南浜小学校の踏切を渡ると、妙福寺。


昨日、伏見妙福寺において、呉・妙泉寺ご高職・藤本日涌導師ご唱導のもと、松本現喬御導師、松峰院日延上人の御一周忌法要が営まれました。


松本現薫ご住職のご挨拶に胸がいっぱいになりました。


松本御導師と長谷川御導師のいない今が、どうしてもまだ理解できずにいるのですが、とにかく生きている私たちが精一杯のご奉公を心がけて、前を向き、前へ進んでゆかなければなりません。ご挨拶から、そんな覚悟を共有させていただきました。


今朝は本山宥清寺にお参詣させていただきました。本山ご宝前に於いて、ご講有より長谷川清泊師が八王子清流寺の住職辞令を拝受されました。


これから永く続く報恩ご弘通ご奉公の門出、大切な瞬間ですので、長松寺から本山へ向かわせていただきました。


荘厳な本堂内。


御題目をお唱えしながら、先師上人方のお顔が次々と浮かび、小千代お祖母ちゃまや薫おばちゃま、多くの方々を想いました。


これからが、本当のスタート。現薫師のご挨拶のとおり、「一からやり直し」が出来るようしっかり準備します。


もうすぐ横浜です。

ありがとうございます。


妙福寺第五世 権僧正 日延上人 御一周忌法要

https://youtu.be/PqruyoF1aok?t=1577

2021年5月27日木曜日

お前ら大変やなー、頑張れよ(涙)



























昨夜は皆既月食のスーパームーンに、南伝仏教では年に一度の「ブッダ・ジャヤンティ(仏陀の生誕を祝う日)」も重なるスペシャルな日でした。


そんなスペシャルな日ですから、京都に行かず、インシーでのレッスンを選びました。皆さんと一緒にご奉公をして特別な夜を過ごしたかった。


次は12年後ですから、ちょっと僕の生き方だとまだ地球にいるか怪しい。


そう、毎日が二度とない、スペシャルな日ですね。本当に、しみじみ、ありがたいです。南無妙法蓮華経ー。


昨夜のボウズヨガは多くのキャンセル待ちが出るほど大変なお申し込みをいただきました。


はじめてお会いする多くのお客さまと共に、祈り、唱え、敬い、過ごせたことを、心から嬉しく思います。


万全の対策をお取りいただいた店内、ウイルスが浮遊することなど全く不可能な湿度を保ったスタジオで、全身全霊、まごころを込めて、ボウズヨガを行わせていただきました。


インシー五反田店の入る「Tokyo Design Center」は幻想的な建造物。エントランスが素敵すぎます。階段から馬のモニュメントを見上げると古代と現代、時代をトリップするかのよう。


皆既月食のスーパームーン、ブッダ・ジャヤンティ。


大きなターニングポイント、大切なリセットの時に出来ました。


今日、松本御導師の御一周忌。京都へ向かっています。


もう1年が過ぎようとしている。まだ信じられず、夢のようです。松本御導師が、現喬師がいないなんて。


さみしい。そして、心もとない。大丈夫やろか。


混乱の時代のインパクトは大きく、うっかりしていると心を折られて、流されて、大切なことを見失う、大事なことが出来なくなる。


それではダメだと自分を励ましながら、立ち上がれない時が増えてくる。


キチンとリセットしよう。綺麗事ではないんだ。仏教は綺麗事じゃない。倫理道徳じゃない。真理であり、現証なのだから。


独り言です。


行ったり来たり、3歩進んで2歩下がるような、本当は2歩しか進んでいないし、むしろ4歩下がっているんじゃないか、ということもある。


しかし、いい時も、悪い時も、生きている間はあきらめないこと。必ず道がある、道は開ける。


「おとろへる時分々々には地涌の大士立かはり。入かはりに出世ありて御弘通絶ることなし。弟子となり師匠となり。旦那となり無令断絶。疑ひなきこと也」末代幼稚信要学(扇全12318頁)


ブッダ・ジャヤンティ、これまで色々な場所で過ごさせていただいてきました。


インドでも、ネパールでも、スリランカでも。


松本御導師が仰せになったとおり、ほんまに「一からやり直し」です。そこが分からないといけないし、それを軸に進むしかない。同志と共に。


「お前ら大変やなー、頑張れよ」という松本御導師の声が聞こえてくるようです。


【妙福寺第五世 権僧正 日延上人 御一周忌法要】

2021年5月27日(木)午前11


下記のURLからご視聴ください。

https://youtu.be/PqruyoF1aok

2021年5月26日水曜日

次は12年後。皆既月食のスーパームーン。キャンセル待ち7名(汗)!

























次回は2033年。12年後。


今夜、526日は満月が地球に最も近づくスーパームーン。さらに皆既月食が起こる特別な夜。


地球の大気を通って赤くなった太陽光が月面に達し、月に反射した赤い光が再び地球に届く。


なんて幻想的。想像しただけでワクワクします。


お天気がよければ赤黒く染まる満月が見れるはずです。


今朝のラジオでは宇宙のお話をしました。夜空を見上げながら、心をブラッシュアップできたらいいですね。


ちなみに、18:44から部分食が始まり、20:09に皆既食が始まり、20:18に皆既食が最大、20:28に皆既食は終わり、21:52には部分食も終わるというスケジュールです。


なんと私は20時からインシー五反田店でボウズヨガ。


ボウズヨガのレッスン中に太陽と地球と月が一直線になり、次は12年後のスペシャルな時間を過ごせるなんて有難いと思っています。


明日は京都で松本御導師の御一周忌法要ですので悩みましたが、今回のボウズヨガは誰にも代わっていただけないと思いました。


「今のところ、キャンセル待ち7名!でございます」と連絡が来ております(汗)。こわーい(涙)!申し訳なーい(涙)!でも、とにかく一生懸命させていただきます。


いま、紫陽花がきれいですよねー。


一つの株から出ているのに絶妙な色のグラデーション。鬱々しがちな梅雨の日々もそれほど悪くないと思えるのは紫陽花のおかげかな。今年は長梅雨のようですが、みんなで美しい草花を見て、体温をあげて、免疫力をアップして、乗り越えましょう!


そんな特別な日の朝、無事にFMヨコハマ「横浜ラグーン」が放送されました。本当に、ありがたく思います。


YOKOHAMA LAGOON ~こころとカラダの免疫力アップ~

FMヨコハマ 

http://radiko.jp/share/?t=20210526053000&sid=YFM


よろしくお願いいたします。


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #インシーみなとみらい #マグマスパ #水曜日 #エンパワーメント #エネルギーチェージ #inseaみなとみらい #妙深寺 #長松清潤 #空飛ぶお坊さん #fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai #seijun #nagamatsu #seijunnagamatsu #radiko

千本倖生さまの応援

今日は千本倖生さまがお越しくださいました。 お忙しい中、準備の時にもお立ち寄りくださり、汗だくの私たちを励ましてくださいました。 あの時はまだパネルも並べられていませんでした。 今日、ゆっくり、じっくり、拝見くださいました。本当に、本当に、ありがたいです。 いつも、私のような者を...