2020年8月2日日曜日

さだまさしさんのご出演



































明日のFMヨコハマ「横浜ラグーン」のスペシャルゲストは歌手のさだまさしさんです。


さだまさしさんにご出演いただけること、本当にありがたく、言葉になりません。


横浜国立大ホールを会場に妙深寺が主催した東日本大震災復興記念大会の締めくくりはさだまさしさんにご登場いただきました。


あの日の夜、秋山ご住職とパシフィコ横浜からそのまま陸前高田に向かいました。そして、東北道を降りて、三陸海岸方面に向かっている途中、真っ正面に、まっすぐ下に落ちる、ものすごい流星を見たこと。忘れられない8年前の6月10日でした。


旭のことを、さださんにお話できて、よかったです。旭もきっと喜んでいると思います。


ネパール大震災の支援活動に向かった旭。いろいろなものを抱えていた旭。ネパールの奥地で英雄として敬われている旭。


旭が亡くなった時のこと、その後のこと、その瞬間から数分のこと、十数分後のこと、その時から数時間のこと、その日の夜のこと、次の日のこと、次の次の日のこと、忘れようもありません。時々刻々、胸に刻まれています。


車から旭を抱きしめてストレッチャーに乗せた時、救命救急の部屋に入った時、医師に懇願した時、外に出された時、床に正座して御題目を唱えた時、すぐに呼び戻された時、旭が亡くなったと聞かされた時、理解できず何度も聞き直した時、脱力した時、外に出た時、清顕の顔を見た時、外に出た時、空を見た時、日本に電話した時。


忘れられないことです。


今生の私の生涯で、これほど濃縮された時間はないというほど濃縮された時間、過酷なご奉公。


旭の棺を選び、旭の着替えをさせ、旭に懐中御本尊を抱かせ、旭を日本に移送し、旭と同じ飛行機で帰国し、旭を横浜へ移送し、旭を着替えさせ、旭と妙深寺の本堂へ帰り、旭のお通夜、旭の葬儀。


濃縮され過ぎていて、どうやって息をしていたのかも分かりません。かすかな記憶は断片で、ブログを見なければ自分でもご奉公の経過が掴めません。


今生で、旭との別れ、このような過酷なご奉公があったことを、永遠に刻みます。


旭の死から2ヶ月後、彼の遺志を受け止め、決して夢を潰えさせてはならないと心に決めて、再びネパールへ向かいました。


極寒のネパール、サムネドゥラデヴィに一人で向かいました。あの時は、本当に、どうなるか、どうできるか、続けられるか、どうしたらいいか、分からなかった。


ただ、ここで旭が歌った『見上げてごらん、夜の星を』、書き残したノート、亡くなった日、49日忌が誕生日に当たることなどを胸に、すべて凡夫の頭ではなく信心の心で受け止めて、ネパールの奥地に入っていったのでした。


その時、日本を離れてから、日本に戻るまで、御題目はもちろんですが、さだまさしさんの『風に立つライオン』を聴いていたのです。


もう30年以上まえの曲ですが、実在の医師をモデルにしています。日本の大学病院から内戦の続くアフリカの小国に派遣され、病気で苦しむ現地の人びとのために献身的に活動するお医者さまの曲です。


その歌詞には、旭のことはもちろん、様々な支援活動のことを思い起こさせる言葉があり、何度も嗚咽しながら聴き続けました。


今年の1116日で旭が亡くなってから5年になります。この5年間、みんなで必死にご奉公させていただいてきました。まだまだ不安定ではあるものの、ネパールに素晴らしい拠点が出来、ネパール人の僧侶も2名誕生しました。


ネパールだけではなく、彼らはネパールでも、インドでも、子どもたちの教育支援をはじめ、様々な活動を精力的に進めてくれています。現在は毎週スリランカのディリーパ良潤氏が海外教務勉強会をインターネットで開催してくれています。本当に、素晴らしい輪がアジアに生まれました。まさに、みんなが『風に立つライオン』です。


泣き叫ぶほどの悲しみ、痛み。でも、そこからしか生まれないもの。献身、共感、感動。


「診療所に集まる人々は病気だけれど 少なくとも心は僕より健康なのですよ」


海外でご奉公していると、こんな歌詞で泣いてしまいます。


そして、極め付けは下記の歌詞。


「僕はやはり来てよかったと思っています。辛くないと言えば嘘になるけど しあわせです。」


はい、「つらくないと言えば嘘になるけど、しあわせです。」と大声で言いたい。それがご奉公なのです。本当の。


「あなたや日本を捨てた訳ではなく、僕は今を生きることに思い上がりたくないのです。」


「空を切り裂いて落下する滝のように、僕はよどみない生命を生きたい。」


さだまさしさんと対談できるなんて、本当にありがたいです。心から感謝です。


毎回、ゲストの方には申し訳ないです。皆さんが腰を抜かして驚くほど、ラジオ番組の出演料など微々たるものしかありません。本当に、志だけで、お出ましくださっています。研ナオコさんはじめ、これまでご出演いただいた全ての皆さまが、心だけで、一人でも多くの方を励ましたいという気持ちだけで、この無名のラジオ番組に出てくださっています。


横浜国立大ホールにご出演いただいた後、楽屋に出演料を持ってご挨拶に伺いました。あの時は、しっかりとそれなりの金額を準備していました。そして、さだまさしさんに御礼をしたのです。「本当にありがとうございました。」と。


しかし、さださんは私からの出演料をお断りになられた。


「いりません。それを全て支援活動にお使いください。」


いろいろな想いがこみ上げて、涙が溢れてくるのです。本当に、ありがたくて。


明日、支援活動について専門的なお話もたくさん出てきます。私も加盟させていただいた「風に立つライオン基金」についてのお話もございます。この活動こそ正真正銘、これからの日本に必要なものだと思います。これについては後ほどまたご披露します。


さださんは昨年12月にアフガニスタンで凶弾に倒れた中村哲医師を追悼する歌も作っておられます。「ひと粒の麦~Moment~」という曲。アルバム「存在理由~Raison d'être~」に収録されています。


是非、お聴きいただきたいです。よろしくお願いいたします。

夢を見ました、荻原さん。








8月となりました。本当に早いです。


この世に棲む日々。


何をして、何ができるか。


一日一日を大切に、二度とない今日を、淀みなく生きたい。


先週の日曜日、荻原さんのお宅にお助行に伺いました。その数日前、荻原さんの夢を見たのです。お会いできて、本当によかった。


荻原さんは本山から帰ったばかりの私と一緒にご奉公くださった特別な方のお一人です。当時、ご主人が末期癌と診断されていて、必死にお助行に通わせていただきました。25年くらい前のことです。


86歳のご高齢。さらにコロナの影響でお顔を見る機会が減りました。


荻原さんのお顔をみてホッとして、ご宝前でお看経をさせていただこうとすると涙が溢れてきました。ジワー、ジワジワーと、御題目を御唱えしている間、不思議な涙でした。


御本尊さまは25年前と変わらない御本尊さま。お住まいは変わられましたが、お戒壇もそのまま。


お看経中、またタイムスリップして、時空が飛んだ感じでした。あの時の、お父さんのことを想ってお看経していた情景、みんなの気持ち、後ろに荻原さんがおられて、以前はご宝前に向かえなかったお父さんもお座りくださっていた、あの時に戻った感じでした。


泣き虫な住職のお助行、コロナだからこそもっとさせていただきたいです。


今生でお会いできたこと、ご奉公をご一緒できたこと、奇跡のような時間で、何よりの宝物です。どんなに時間が流れても、ご奉公した思い出は色あせず、その事実は消えません。


大切な方々、いつまでもお元気でいていただきたいです。


昨日も月始総講、御法門、教務会、次男の学校、再び教務会、夕方から忌日のご回向と走り回りました。


忌日のご回向ではまた新しい出会いがありました。毎回不思議なことが起こり、完璧なタイミングで物事が進行していることを感じ、あたたかい気持ちになります。


見えないものを見る、感じる。見える世界よりも見えない世界の領域やエネルギーの方が大きいのですから、そちらの皆さまが喜んでくださっていることをヒシヒシと感じて、また有難いご奉公でした。


今日も二度とない一日。淀みなく生きましょう。


「明日死ぬかのように生き、永遠に生きるかのように学びなさい。」マハトマ・ガンジー


ありがとうございます。

2020年7月31日金曜日

『東京、コロナ禍』








お会いしたのは2011年。もう10年が経とうとしています。


昨日は午後に浅葉克己先生のデザイン室へ伺いました。


1940318日生まれ、今年御歳80歳。昭和15年のお生まれで、私の父が昭和14107日生まれですから同学年に当られます。これだけでも感動してウルウルしています。


父のように年齢の離れた先生ですが、本当にいつもお元気で、いつまでも感性は瑞々しく、アンテナは誰よりも高く鋭く、学ばせていただくことばかりです。


先生は今回の世界的危機にも大変な想いを寄せておられ、昨日はナショナルジオグラフィックに載せられた一枚の写真を見せてくださいました。


ベッドに横たわる遺体がサランラップのようなものにグルグルと巻かれています。シーツの色が黄色だからなのか、まるでエジプトのミイラのようでした。最初はご遺体と分からなかったほど。


新型コロナウイルス、COVID-19に感染して亡くなられた方を、インドネシアではこのようにしてお見送りしているとのこと。ビニールで包まれた遺体。家族との最後の別れも出来ず、亡骸に取りすがることもできない。


浅葉先生から写真家・初沢亜利氏の新刊『東京、コロナ禍』を見せていただきました。新型ウイルスが襲い掛かった東京を、写真家にしか切り取れない瞬間が掲載されています。この装丁の写真を見るだけで、唸ってしまいました。すごい。


浅葉先生には昨日もたくさんお力添えをいただき、感謝しかないです。申し訳なく、ありがたいです。ありがとうございます。


とにかく、今回の事態は想像している以上に世界を変えてしまいます。これから多くの方々の生活の糧を奪い、不安定にすることは間違いないことです。


今は助け合うこと、支え合うことが大事なのに、世界の政治は真っ向真逆の方向に突き進んでいます。


人びとを国家や民族という枠組に閉じ込め、餓鬼界のように不安を欲とエゴで塗り潰し、修羅界のように攻撃することで自己の欺瞞や矛盾を覆い隠そうとしている。みんなで見破らなければなりません。巻き込まれてはいけない。


新型ウイルスに感染しない、感染させないこと。同時に、この旧型の心のウイルスにも感染しない、感染させないことが大切。


南無妙法蓮華経ー。


久遠より届けていただいた心のワクチンを接種しましょう。

2020年7月28日火曜日

ツタエル

































蝉の声の響く京都。


御池通を走ると両脇の街路樹からサラウンドで彼らの大合唱が聴こえます。


午前中のクマゼミの合唱はすごいです。午後は食事の時間なので鳴き声は少なくなります。夏の京都にいらしたら一度体験してみてください。


今朝は本山宥清寺のご宝前において御講有の再任式が奉修されました。講有位というものがどういうものか、あらためて思い知る一座です。随喜すると同時に、私は28年前に本山で修行していましたので、当時を振り返りながら深く考えていました。


本日の式典はYouTubeでライブ配信されました。昨日、現薫師や清康師、喜信師をはじめ、広報局の方々が遅くまで準備をしてくださっていました。


今回はビデオグラファー、映像ディレクターで、京都佛立ミュージアムの学芸員もしてくれていた亀村佳宏くんチームにも撮影・配信をお願いしていました。


スイッチャーでの生中継。もはや他の追随を許さないくらい、完璧な配信でした。


亀ちゃんのカメラワークは天才、完璧。カメラの上にスマホをセットして配信中の映像を確認し、スイッチングが外れたらアングルを変える。最新のテクノロジーと見事なチームワーク、トンチとパンチで、超高価な機材を使ってやるような撮影と中継を完成してしまっています。


現薫師のスイッチングの指示もパーフェクト。清康師のカメラワークもプロ級。喜信師も鉄壁のカメアシ。ケーブルワークをサポートしてこそ安定の中継が出来ます。


もう、一つの制作会社くらいの技術力、制作能力があります!しかも制作費は通常の10分の1くらいで。同じことをやろうと思ったらとても高価で出来ないはず。このチームの能力の高さにつくづく感動しました(涙)。ここまで来たかーとウルウルしました。


今日も、YouTubeのチャットには世界各国からの書き込みがありました。ありがたいです。


伝える、というエネルギー。伝えたい、伝えよう、という人生のコンセプト。本当にステキなクリーンエネルギーだと思います。


ありがたい時代です。リアルな伝え方はもちろん、やろうと思えばネットを通じてたくさんの方に伝えることも出来ます。


法華経には「伝える」というアクション、行動の功徳が説かれています。


末法に入ると、悪いことを語り伝える人が世界中に満ち満ちるというのです。悪いことの方がおもしろい。悪いことを伝えて楽しみたい。そんな時代になると。


だからこそ、ありがたいこと、楽しいこと、尊いことを、語り、伝えよう、ということが説かれています。


開導聖人の御教歌

「一人の 為にも法をとく人は 是が如来のつかひ也けり」


だから私たち佛立仏教徒は、尊い教えを、ありがたい話を、伝えよう、届けよう、と思って生きるように努めています。


自己満足かもしれませんが、この長い間、あらゆる機会を捉えてご奉公について発信してきたのは、法華経にお示しのお言葉があればこそです。


妙法蓮華経随喜功徳品第十八。


「阿逸多、汝且く是れを観ぜよ。一人を勧めて往いて法を聴かしむる功徳此の如し。何に況んや、一心に聴き説き読誦し、而も大衆に於て人の為に分別し、説の如く修行せんをや。」


「若し一人を勧めて 将引して法華を聴かしむる」


こんな時代だからこそ、愚痴や不平や不満ではなく、悪口なんかでもなく、もっともっと、楽しいこと、嬉しいこと、ありがたいことを、発信してゆきたいです。


「泣きながらでもいいことをせよ」


仏陀の肉声のような言葉です。ちょっと無理してでも、ステキなことを言い続けると幸せになります。


すごいチームになりました。本当に、素晴らしいです!もはや私の出番なし。今後も成長を続けてゆくと思います。


よろしくお願いいたします。


ありがとうございます。

2020年7月27日月曜日

「〜しながら」を止めましょう
















今朝の横浜ラグーン。いかがだったでしょうか?


田中律子さん、若々しくて、本当に前向きで、ステキな方ですよね。力強いエネルギーをいただきました。


私がとても心に落ちたお話は「〜しながら」という生き方を止めるということでした。


何かをしながら何かをする。何かをする時、あれも一緒にやろうとしちゃう。


一見、器用で便利な、時間短縮の生き方のように思えますが、違いますよね。


ご飯を食べながらテレビを観ると何を食べているのか分からなくなってしまったりします。街角でもスマホの小さな画面を観ながらモグモグしている人がたくさんいます。そうですね、もっと自分がしている一つ一つのことに意識を集中して、大切に過ごすべきだと思います。


仏道修行に通じる、生きている毎日の、時事刻々の物事から「フォーカスアウト」しないようにする。とても大切なことでした。


業を合わせる。一口に「業(カルマ)」と言っても、身体の業もあれば、口の業、意(心)の業があります。これを仏教では「三業」と言います。ほとんどの場合、この業はバラバラなんですよね。


「業(カルマ)」とは元来「動き」という意味で、その動きが因縁果報の要点。「口業正意」という極意は別として、この3つを如何に一つにするかが修行課題の一つなのです。


よし、ほんの小さなことから始めてみましょう。すぐに良い変化を感じ取れるはずです。


「〜しながら」やっていることを止めてみる。テレビを消したり、イヤホンを外したり。いま自分がやっていることにしっかりとフォーカスして生きるということですね。


とても参考になりました。


律子さん、本当にありがとうございました!


さて、来週のFMヨコハマ「横浜ラグーン」のゲストはさだまさしさんです。先日「今夜も生でさだまさし」を観させていただきましたが、会話がお上手すぎてつくづく本物の天才と感動しました。


是非お楽しみに!よろしくお願いいたします!


YOKOHAMA LAGOON(横浜ラグーン)心と体の免疫力アップ!

毎週月曜日午前5:30~6:00

FM YOKOHAMA

番組 MC : 長松清潤(住職)


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #魂のリレー #研ナオコ #梅沢富美男 #池田明子 #阿木燿子 #宇崎竜童 #美川憲一 #田中律子 #さだまさし #風に立つライオン #新型コロナウイルス #インシーみなとみらい #マグマスパ #月曜日 #エンパワーメント #エネルギーチェージ #inseaみなとみらい #fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai #HBSBEONE

2020年7月26日日曜日

明日の朝は重ねて田中律子さんにご登場いただきます








明日の朝は月曜日、横浜ラグーン!


ゲストは田中律子さんです!先週の放送、律子さんの魅力がしっかり伝わったようで、お寺でお会いするおばあちゃんからも「ステキな方ねー、田中律子さんって!」というお話をいただきました。


ありがたいですー。


「80才で真っ赤なビキニを着る」と言っていた律子さん。なんてステキな目標でしょう。そんな風に年を重ねたいですね。


心も、体も、美しく、健康で。これが大事。


みなさん、ぜひお聴きくださいませー。


月曜日の朝はFMヨコハマ「横浜ラグーン」!


YOKOHAMA LAGOON(横浜ラグーン)心と体の免疫力アップ!

毎週月曜日午前5:30~6:00

FM YOKOHAMA

番組 MC : 長松清潤(住職)


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #魂のリレー #研ナオコ #梅沢富美男 #池田明子 #阿木燿子 #宇崎竜童 #美川憲一 #田中律子 #新型コロナウイルス #インシーみなとみらい #マグマスパ #月曜日 #エンパワーメント #エネルギーチェージ #inseaみなとみらい #fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai #HBSBEONE

さだまさしさんのご出演

明日の FM ヨコハマ「横浜ラグーン」のスペシャルゲストは歌手のさだまさしさんです。 さだまさしさんにご出演いただけること、本当にありがたく、言葉になりません。 横浜国立大ホールを会場に妙深寺が主催した東日本大震災復興記念大会の締めくくりはさだまさしさんにご登場いただきました。...