2020年5月28日木曜日

松本現喬御導師 ご遷化のご披露(松本現薫ご住職)

権僧正 松峰院日延上人

松本現喬御導師

 

ご遷化のご披露(松本現薫ご住職)

 

 ありがとうございます。

 妙福寺第五世住職、日扇寺第五世住職、四条教会第三代担任、宗務本庁財務局出納部長、松本日延導師に於かれましては、去る令和2年5月27日(水)20時頃、法寿74歳を以ってご遷化されました。

 昨年8月、膵臓がんのステージ4との診断を受け、ご祈願をいただきながら治療に専念して参りました。数え切れないほどの御利益を頂戴し、増益寿命の現証を感得させていただきました。御遷化2日前まで本堂にお出ましになられ、遺族をはじめ教講一同に臨終正念、唱え死のお手本をお示しになられたと感激しております。

 通夜・葬儀は、妙福寺・日扇寺・四条教会合同葬の礼を以って下記の日程のとおり執行いたします。ただし、緊急事態宣言解除後も京都府では外出や催事への参加自粛が要請されておりますので、寺内教講・親族を中心に奉修させていただきます。本堂内の座席数に制限を設け、お焼香後の着座・着席は困難で会葬者への湯茶接待も叶いません。

 つきましては困難な時期のお見送りとなりますので、何とぞご配慮、ご寛容いただきますよう伏してお願い申し上げます。

 

 

通夜式  令和2年5月29日(金) 午後6時より

於 妙福寺本堂

執行導師 清流寺御高職 長谷川日堯導師

 

葬儀式  令和2年5月30日(土) 午前10時より

於 妙福寺本堂

執行導師 清流寺御高職 長谷川日堯導師

 

以上、謹んでご通知申し上げます。

 

【お供花について】

 1基17000円でご準備させていただきます。お電話、またはファックスにて

 受け付けております。

 ファックスでお申し込みの方は【名札名】【数量】【申込者名】【ご連絡先】

 を明記の上お送りください。

 電 話 :075−601−3588(妙福寺)

 FAX :0756012921(妙福寺)

2020年5月26日火曜日

子どもの食緊急支援プロジェクト

子どもの食緊急支援プロジェクト

 

全国の児童家庭支援センター76施設へ、1施設20万円 合計1520万円を、5月29日、第一次緊急支援金としてお届けします。  

 

突然現れた新型コロナウイルス感染症という脅威は、日本のみならず世界全体の社会、経済活動を大きく制約し、先の見通しが立てられない中で大きな社会的不安を引き起こしています。

貧しい環境下に置かれた子どもや虐待を受け家族の支援を受けられない子ども、D V等により居場所を失った家庭の親子など弱い立場の人々に、大変深刻な影響を与えています。

 

「たすけあい」「支え合い」「分かち合い」相互扶助の社会づくり

心と体の健康をサポートする活動

 

我々は、コロナ禍において、全国で行われていた子ども食堂や学校給食がとまり、支援を必要としている子どもたちや家庭に、食事を提供する場が失われてしまっていることを知りました。

我々として子供たちに食を届けるべく、全国の児童家庭支援センターを通じて、直接支援を必要とする親子に食を届ける募金プロジェクトを立ち上げました。

 

このプロジェクトは、支援先を明確にし、直接支援先に出向き支援をするプロジェクトです。

 

日本の貧困率は 15%を超え、先進国の中でも“貧困大国”といわれる深刻な状況にあります。

経済的な格差の拡大に加え、地域コミュニティや家族関係の変容により、ひとり親家庭や子どもの貧困化をはじめ、社会的弱者の孤立化が進行しています。こうした事態に現在の社会保障制度や公的機関は、セーフティ機能を十分に果たしきれていません。

 

その一方で、児童家庭支援センターは、援助が必要にも関わらず、自発的に申し出をしない方に対しても、積極的に自宅訪問を繰り返し、支援を行うことにより、要支援家庭と確実につながり続ける活動(寄り添い・伴走型支援)を日々展開しています。

しかし、その要支援家庭を支援する資金も、コロナ禍による急激な減少により、細やかなケアが出来ておりません。

 

要支援家庭に対する食の支援は、単に経済的な援助のみならず、 児童虐待の予防など、日本が抱える課題を抑制する重要な支援です。

 

人と人とが協同し相互扶助をはかる仕組みは、個人、諸団体、企業、行政等と連携することで、より広く今日の「貧困問題や虐待予防」の解決の一端を担いうるものと考えます。 この事業を通じ地域の「たすけあい」「支え合い」「分かち合い」といった相互扶助の社会づくりをめざし、たしかな社会貢献とするために、まずあなたのご協力が必要です。

 

趣意書

心と体の健康をサポートする活動

 

突然現れた新型コロナウイルス感染症という脅威は、日本のみならず世界全体の社会、経済活動を大きく制約し、大きな社会的不安を引き起こしています。このようなかつて経験したことのない危機的状況は、我が国においても、子どもたち、特に貧しい環境下に置かれた子どもや、虐待を受け家族の支援を受けられない子ども、DV等により居場所を失った家庭の親子など弱い立場の人々に、大変深刻な影響を与えています。

現在、全国で行われていた子ども食堂も、その活動を止められ、学校休校により給食も停止され、支援を要する子どもたちへの食事の提供は今、緊急に取り組むべき課題となっています。 食事の提供を通じてつながりを保っていた要支援家庭と援助者の皆さんは、今、そのつながりが細り、要支援者にはますます社会の支援の手が届かなくなっています。

我々発起人一同は、以前から存在しているこの子どもの食の問題が、コロナ禍によりもはや見過ごすことのできない深刻な状況にあると考え、緊急に支援募金を行い、集まった資金を、全国の支援を要する家庭に食の提供という形で届けるプロジェクトを企画致しました。

 

Join us. 活動にご参加ください

https://ff.1m-cl.com/f/form

2020年5月25日月曜日

【 魂のリレー 】 横浜ラグーン、梅沢富美男さま、明子奥さま、そして阿木燿子さま










今朝、横浜ラグーンへ重ねて梅沢富美男さまにご出演いただきました。本当に素晴らしいお話で、感激いたしました。来週は梅沢富美男さまの免疫力を守り高めておられる明子奥さまにご出演いただきます。ぜひお聴きください。


そして本日、作詞家であり、プロデューサーでもある、レジェンド中のレジェンド、阿木燿子さまの2本分の収録を無事に終えさせていただくことが出来ました。


ひとえに、皆さまのご協力、ご後援のおかげです。心から御礼申し上げます。ありがとうございます。


阿木燿子さまのメッセージは、きっと多くの方々を励まし、必ずや勇気を与え、元気にしてくださるものと信じます。


何度も諦めたり、挫折の連続であったとか、自分がいやで泣きながら帰ったことがあるとか、お料理も冷蔵庫にあるものでなんとかしちゃうとか、ある意味で皆さんのイメージを覆すような、誰にとっても身近な、等身大の阿木燿子さまのお話をしてくださいました。


円満な夫婦関係を続けるコツなど、必見というか必聴の内容となりました。「阿木燿子の生みの親、育ての親は宇崎竜童、宇崎竜童の生みの親、育ての親は阿木燿子」というお話、コロナ後は作詞する内容も変わる、人の心が変わるのだから歌も変わる、歌詞も変わる、と仰せでした。圧巻の内容でした。


私は慌ただしく京都から戻り、取るものもとりあえずFMヨコハマに向かい、スタジオに入って収録に臨みました。いま、こうして無事に収録を終えることが出来て、本当にホッとしております。


今朝、リスナーの方からメッセージをいただきました。


「毎週、FMヨコハマ拝聴しています。

生きていく上で励みになります。

これからもよろしく願いします。」


心から感激しました。「生きていく上で励みになります。」とは、この番組のコンセプトそのものです。月曜日を選んだ理由は月曜日が最も自殺率が高いと聞いていたからでした。心から、誰かを励ますことだけを考え、制作、放送してきました。だから、本当に、ありがたいです。


本日、私は存じ上げない方でしたが、木村花さんという方がSNS上の誹謗中傷で亡くなったことを知りました。自ら命を絶ってしまったとのこと、本当に、残念でなりません。


自分にできることはなんなのか、深く考え、さらに精進しなければならないと猛省しています。


このラジオ番組をさせていただき、私たちのメッセージ、生きてほしい、生きてください、人生は捨てたものではありません、まだまだ大丈夫というメッセージをお伝えしたい。


匿名で誰かを傷つけている人に、因果の道理、いいことをすればいいこと、悪いことをしたら全て自分に返ってくること、「泣きながらでもいいことをせよ、悪いことはするな」というブッダのシンプルなお言葉をお伝えしたい。


傷ついている方々の心の免疫力を上げ、誹謗されても、中傷を受けても、生きてほしいというメッセージを、お届けしたいです。


Twitterがあったり、インスタがあったり、情報は飛び交っていますが、実は体温と同じように、心の免疫力は下がる一方のようです。


この壊れかけた世界に、もっともっと届けなくてはなりません。


この世のために、多くの方々のために、まだ生きているこの時間、精一杯、今世に与えられた人としての役割を果たしたいです。


引き続き、よろしくお願い申し上げます。


ありがとうございます。


長松清潤拝、


YOKOHAMA LAGOON ~こころとカラダの免疫力アップ~ | FMヨコハマ | 2020/05/25/ | 05:30-06:00 http://radiko.jp/share/?t=20200525053000&sid=YFM


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #インシーみなとみらい #マグマスパ #月曜日 #エンパワーメント #エネルギーチェージ #inseaみなとみらい#fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai #研ナオコ

#梅沢富美男 #池田明子 #阿木燿子 #宇崎竜童

2020年5月24日日曜日

京都 長松寺を護るこころ



































「古い都の京の町も、時代の流れと共に、その町並もおいおい変わりつつあります。

 紅がら格子の京独特の町屋のたたづまいも、だんだん少なくなり、古い物が消え、新しい物が姿を見せ、何か京都らしさが無くなってまいりました。

 開導聖人ご晩年の御館、お祖師さまの身延にも相当たる麩屋町の、今の長松寺も何とか大尊師ご在世当時の姿を残したいと考え、家内と努力して参りました。

 けれども、何しろ古い建物であり、なかなか護持することが大変でありましたけれど、何とか今日まで、ご在世当時の原形を保つことができ、喜んでおります …


 右は昭和60年、19857月に書かれた長松日峰上人のご所感です。ご存じの方も少なくなったと思いますが、長松日峰上人とは先住の慈父であり、私にとっては偉大なる祖父であります。


 言うまでもなく、京都麩屋町の長松寺は、佛立開導長松清風日扇聖人が晩年を過ごされたご法宅で、「麩屋町の御館」、「宥清寺奥の院」とも称されました。


 明治17年(1884211日、宥清寺の全権をお弟子の現喜師に委ねた開導聖人は、既に借り受けていた麩屋町に居を遷されました。


 麩屋町ご転居から、開導聖人は身延入山後の高祖、勧学院建立後の門祖と同じように、本門佛立講の弟子信徒に対して未来を期した最重要のご教導を開始されました。


 特に、「五五の御指南日」は遅参者の入室を許さず、無断欠席者は即除名という厳しいもので、佛立教学と信行ご奉公の真髄を御指南くださいました。


 開導聖人は、この年から慈母のご命日である例月四日に御講席を開かれ、ご遷化月の明治23年(1890716日(ご体調の都合で順延)まで願主としてご奉公されました。


 麩屋町の御法宅も、開導聖人の御講席も、今年で126年もの間(2020年で136年)、開導聖人から長松品尾、長松日峰から長松清凉、先住から現在へと、絶やすことのないように護持し、ご奉公させていただいております。その長松寺護持の感慨が、冒頭の長松日峰上人のお言葉です。


 平成5年(19932月、「貫と徹」と題した松風院日爽上人の文章をご紹介します。


 「信心を貫く・信心に徹するとか、よく使う言葉ですが、簡単なことではありません。

 貫いているつもりで貫いていない、徹しているつもりで徹していなかったりする場合の方が多いのです。

 貫くとは、始めから終わりまでつづけ通す、一定の方針で行いつづけ、しとげることをいいます。

 ですから、信心を貫くとか、信心に徹するとかいいますと、常に心に抱いて、決して信心を忘れないことをいうのであります。

 母の晩年に次のような事件がありました。

 京都・長松寺の奥まった蔵の裏側に当たるところの半坪ほどが、隣接の家屋新築に伴い、新しい塀がこちらにくい込んで建てられました。

 母は、実生活にはなんの影響もないところでありましたが、弁護士に依頼して、すぐ撤去してもらうことを頼みました。

 京都の奥まったすみの境界線問題はなかなか厄介で、裁定が難しいとのことで延び延びとなり、時効成立の三年が過ぎました。

 しかし、母は引き下がることなく、『責任役員会』として、なんとか対処して欲しいと食い下がりました。

 態勢に影響のないところであり、交渉の相手が悪いしお金もかかるということで、諦めていただこうということに決しました。

 『今日までお預かりして、たとえ一坪でも増えたならよろしいえ、それが、たとえ半坪とはいえ減らしましたとは、開導聖人にご報告でけしまへん』と言い張りました。

 『わての葬式代はいらしまへんさかい、取り戻しとおくれやす』と再度弁護士に使いを立てて、ささやかなものにしろ、いつも手土産を添え、時あるごとに通わされました。

 町内保管の古地図・測量図など持参して、『とにかく裁判おこしとおくれやす』といい、御宝前でのご祈願が始まりました。

 お線香三千七百本余りのころ、『おばあちゃんには負けましたわ。取り戻せましたで』と弁護士からの知らせが入りました。

 『あんたらここへおすわりやす。いつもいつも、祈りて祈りの叶わぬことはないと、御法門でしとおいんどっしゃろ。よお覚えとおき』とピシャリ叱られました。

 どうも我々は、状況判断が先行して、貫徹できないところがあるようで、ここが反省のしどころです。」


 品尾お祖母さま、長松日峰上人、小千代お祖母さま、兄弟姉妹、父、母、多くの方々。それぞれ凄まじいまでの気迫で、まさに命懸けで長松寺を護持されてきたことを痛感いたします。


 平成222010)年613日、長松寺は御講尊の御唱導をいただき、開導聖人の御正当会、併せて佛立第二世講有 日聞上人の百回御諱を勤めさせていただきます。この日の記念に日聞上人最後の御法門をお配りさせていただきました。ここにその一部をご紹介します。


 「親の心知らぬ子は極道多し、親の苦労を累ねて蓄へしを見て居る子は極道少し。三代目と云へば其の親の苦労を話に聞く丈け位にして事実を知らぬ故に極道する也。世の諺に売り家と唐様で書く三代目といふ事あり。当講は恰も三代目に今度当るなり。予は第二の譲りを受けて是れと云ふ効もなけれども、我が弟子が東京や大阪神戸等に力をつくして弘めたることは実に大尊師もみそなはせられて、御賛美あることと思ふ。三代目に当る信者といひ、弟子といひ、心を合せて一同に異体同心の実を挙げて貰ひたい。

(中略)

 自分が神戸に行きたる事は汽車や人力車が如何に身に障らうがそれで死のうが生きようがかまわぬ、どうせあかぬ身なれば一遍でも御法の為に間に合わせてと、決心してする此の御法門なれば是非是非御同前に心腑に染めて聞けよかし。是が私の法門の終りかも分らぬ。

 鳥の当に死んとする時、その声あはれ、人の当に死んとする時の其言ふ事よしと、今予の此の言ふ事後になれば分る、彼の時の法門は異体同心の御法門なりし、あれが終りで有りしかと覚えておいて貰ひ度い。御法大事と思ふに其の外に何の願ひもなし。其の積りで忘れぬ様にせよかし。」


 厳しい御遺言に現状を恥じます。


 長松寺護持の責を負う者として、姿形は無論、そのお心、魂を守り、受け継ぐことに身命を賭したいと思います。護り、伝えてゆきます。南無妙法蓮華経。


平成22年(2010613

京都 長松寺にて 長松清潤

ロサンゼルスへのこ講有巡教






ありがとうございます。


本来であれば、本日5月24日は、米国教区へのご講有巡教、ご講有をはじめ、第6支庁の御導師や御講師、ご信者の皆さまが渡米され、米国教区のご信者みなさまとお会いし、素晴らしい法要が営まれているはずでした。


残念なことに、この新型コロナウイルスの影響で、それが叶わなくなってしまいました。


ロサンゼルス組の担当である田村泰明師からアメリカにおける新型コロナウイルスと米国教区の皆さまの状況をお聞きし、本当に残念ですが中止のご判断をいただきました。


なんとかコロナを乗り越えた暁に、再びご講有巡教を実現させていただきたいと思います。御講有巡教にあわせて米国弘通に力を結集させるべく、担当の田村泰明師はもちろん、長谷川御導師、福岡御導師など、アメリカでのご奉公にご縁のある方々全員が集まってくださいました。また時をあらためて前進できればと思います。


6月に予定されていた第8支庁当番のハワイ別院への団参も、10月から11月に予定されていたブラジル教区への団参も、11月に予定されていた第5支庁当番の韓国教区への団参、第2支庁当番の台湾教区への団参も中止となりました。


日本でも本年のご巡教はほぼ全て中止、来年度へと変更になっております。徐々に緊急事態措置は解除されつつありますが、まだ予断の許されない状況です。


とにかく、海外教区の皆さまのご無事とご奉公成就を心から祈念しております。


ありがとうございます。


(写真は今から8年前。20125月、随行の時)

2020年5月21日木曜日

残念なお知らせ。ブラジルご講有巡教の中止。












大変残念なお知らせです。


すでに何度かSNSでは触れておりましたが、ブラジルでの急激な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、その終息の目処も立たない状況から、本年予定されていたブラジル教区へのご講有巡教、および日本全国からの団参(団体参詣)を中止させていただくことになりました。


ブラジル教区では2008年の移民100周年から11年間この日を待ち望んでおりましたので、全伯住職会、全伯教務会、全伯理事会など、それぞれ丁寧に協議を重ねながら、日本の総局会議へ再提案をさせていただきました。


ブラジル初祖・日水上人の御五十回忌。ご講有の随伴参詣に80名近くのお申し込みをいただき、歴史に残る大団参になると胸を踊らせておりました。


お申し込みいただいていた皆さまには予定の変更をお願いすることとなり、誠に恐縮でございます。ブラジル教講にとっても断腸の思いでの判断となったことをご理解いただき、ご容赦いただきますようお願い申し上げます。


現在、ブラジルは急速な感染拡大期を迎え、一日の新規感染者が1万人を超えています。日本・ブラジル間の渡航については入国制限措置がとられ、ブラジル国内でも厳しい行動制限がなされています。


これから秋を迎える南半球のブラジルですから今後の予測も難しくなっております。


11月1日の茨木日水上人御五十回忌法要については、コロナ禍という特殊な事情を考慮して、講有猊下のご親教としてウェブでご唱導いただく方向でご奉公を進めております。さらに今後の情勢を見極めて、奉修形態や日本からの派遣等の詳細も調整してまいります。


昨日、旅行社にも正式に中止の連絡をさせていただきました。次回、また一人でも多くの方がご奉公できるように、画期的なツアー内容を策定いただきたいとお願いいたしました。


以上、本当に残念なことではございますが、ひとまず講有巡教および団参の中止と、現況のご報告とさせていただきます。


本日、宗達が全国にファックスにて送信され、月末には書面にて全国発送、団参にお申し込みいただいていた方々には順次宗務本庁からお電話させていただいております。


前後いたしましたら申し訳ございません。連日、ブラジルでの爆発的感染拡大のニュースが報道されていますので、総局会議終了後は少しでも早くご披露させていただきたいと思っておりました。


以上、よろしくお願い申し上げます。


ありがとうございます。


長松清潤拝、

2020年5月18日月曜日

京都








昨日から、車を走らせて京都へ帰って参りました。


ブラジル教区ロンドリーナ本法寺の御尊像さまを京都へお供させていただきました。


2ヶ月半ぶりの京都。こんなことは20年間で1度もありませんでした。


伏見の松本御導師へもお見舞いに寄らせていただきました。ありがとうございます。


今朝、梅沢富美男さまにご出演いただいた横浜ラグーンが放送されました。本当にドキドキと緊張してしまいます。聴くのが恥ずかしくて、なかなか聴けないのです。


とにかく、緊急事態だからこそ皆さんを励ましたいとご出演を快諾くださったレジェンドの方々、感謝しかありません。


どうか、一人でも多くの方に聴いていただきたいです。


関西で聴こうとすると有料プランになってしまいます。関東で聴いておられた方が地方に行って聴こうとすると「あれ?なんで聴けないの?」となってしまいます。これは無料プランだからなのです。有料プランだと全国で聞くことが出来ます。


何とぞよろしくお願いいたしますー!


YOKOHAMA LAGOON ~こころとカラダの免疫力アップ~ | FMヨコハマ | 2020/05/18/  05:30-06:00 http://radiko.jp/share/?sid=YFM&t=20200518053843


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #インシーみなとみらい #マグマスパ #月曜日 #エンパワーメント #エネルギーチェージ #inseaみなとみらい#fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai

#梅沢富美男 #プレバト #永世名人 #研ナオコ #ナオコの旦那 #魂のリレー HBSBEONE

2020年5月15日金曜日

『プレバト!!』から『横浜ラグーン』へ。ありがたすぎます(涙)












昨日の夜、たくさんの方々から連絡やメッセージをいただきました。


昨夜、人気番組『プレバト!!』が放送され、その内容が「梅沢富美男 永世名人襲名披露スペシャル」だったそうです!


すごいですー。


そう、この番組で俳句の永世名人となられた梅沢富美男さんは、研ナオコさんの「魂のリレー」バトンを受け取り、FMヨコハマのラジオ番組「横浜ラグーン」に2週にわたって特別出演くださるのです。


そんなすごい方にご出演いただけるとは、ただただ感謝です(涙)。


新型コロナウイルスによって大きく揺らぐ社会と人びとへ向けて、いつもながら素晴らしい感性の、そして「魂のリレー」だからこそお聴きできるお話。


ご自宅からご出演いただきます。どうかお楽しみにしてくださいませ。


横浜ラグーンは毎週月曜日、朝530分からFMヨコハマで放送されています。


梅沢富美男永世名人のご出演は518日と525日を予定しております。よろしくお願いいたします。


ありがとうございます。

🙏🙏🙏🙏🙏


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #インシーみなとみらい #マグマスパ #月曜日 #エンパワーメント #エネルギーチェージ #inseaみなとみらい#fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai

#梅沢富美男 #プレバト #永世名人 #研ナオコ #ナオコの旦那 #魂のリレー HBSBEONE

病棟スタッフにデザートを


書いておかなければならないことばかりです。ありがとうございます。


お助行してくださった方のご家族がウイルス対策の最前線の病院で働かれていると聞き、お助行を受けた方のご家族が病棟で働くスタッフの方々へ270個もの美味しい自家製デザート(プロです)をお届けくださったと聞きました。


本当にありがたく、感激しました。感謝の気持ちを表すこと、形にすることは簡単なことではありません。


SNSでは感謝の言葉が見えますが、現実社会では看護士さんやそのご家族への誹謗や中傷があると聞きます。


社会化の欠如でしょうか。本当に残念です。テレワークが進むことで人間の社会化が損なわれるとしたら、連帯を失った殺伐とした世の中になります。


病棟の部長さんも皆さまも大変お喜びくださったと聞き、さらに感激しました。


お助行から、こんな風に大きく、あたたかいつながりへと広がってゆき、本当にありがたく思います。


お嬢さまの病状も少しずつ良くなってきていると聞いています。引き続きご祈願させていただきます。


ありがとうございます。

2020年5月14日木曜日

令和2年5月 教区お講 御法門 御教歌「今日を無事にくらせる御利益を わするゝ間なく信行をせよ」

 
令和2年5月 教区お講 御法門

御教歌

今日を無事にくらせる御利益を わするゝ間なく信行をせよ

マグマのチカラを乳児院へ

このことも、書いておかなければならないと思い、急いでキーボードを打っています。

 

新型コロナウイルスによって私たちの社会が受けているダメージは計り知れません。それは想像が及ばないほど甚大となるに違いありません。

 

しかし、今現在も、きっと最も弱い立場にある方々が困窮していることを想像し、支援をお願いしてきました。

 

4月、児童福祉施設にいる子どもたちの間で集団感染が発生したらどうなるか、子どもたちはもちろん、先生方の分もマスクが足りなくなってきているとお聞きしました。

 

これを聞き、即座に動いてくださったのが100万人のクラシックライブの蓑田秀策代表、DDI、イーアクセス、イーモバイルの共同創業者・千本倖生さま、日本M&Aセンターの分林保弘会長でした。

 

いろいろな事情で親御さんが育てられなくなり、赤ちゃんをお預かりしている全国の「乳児院」にマスクをお届けくださいました。

 

本当に、時機に応じて、大切なことを、大切な人にしてくださる。簡単なようで、出来ることではありません。本当にありがたいです。

 

そして、これに引き続き、今度は盟友・マグマスパジャパンの小泉正太代表が、「乳児院の先生方の消毒液も購入などで大変だと思います。少しでも貢献させていただきたい。できる限りの数量しかありませんが、無償でお届けしたい。」と申し出てくださり、すぐに増沢先生にお伝えしました。

 

大変お喜びくださり、ひとまず5ブロック45ヵ所の乳児院へ微酸性次亜塩素酸水「マグマのチカラ」を送付してくださいました。

 

重ねて増沢先生、全国乳児福祉協議会の平田ルリ子会長に大変お世話になりました。

 

このコロナ禍の中、医療関係者の方はもちろん、社会を支えるあらゆる方々、そして特に恵まれない環境に置かれた子どもたちのために働く先生方、スタッフの方々に、心から感謝いたします。

 

仏陀のお言葉を座右に。

 

「何千本のロウソクもただ一つのロウソクによって灯すことができる。しかもそのロウソクの命が短くなることはない。

幸せは分かち合っても減りはしないのだ。

- 仏陀 」

 

“Thousands of candles can be lit from a single candle, and the life of the candle will not be shortened. 

Happiness never decreases by being shared. 

- Buddha”

2020年5月13日水曜日

デジタルデトックス


















もう水曜日になってしまいました。

今日は朝から夜までウェブ会議が続きました。テレワークはいいですが、ずっと画面を見ていると気持ちが沈みます。

時空の歪みというか、やっぱり心と体に負荷が掛かると思われます。

ずっと言ってきたことですが。

休憩時間に、できる限りデジタルデトックス、窓の外を見たり、鳥の声を聞いたり、小さな虫を探したり、お花や植物をジーっと眺めるのもいいですね。

月曜日の横浜ラグーン。本当にありがたかったです。ナオコさんの優しさをヒシヒシと感じました。お聴きいただければと思います。

来週の月曜日は梅沢富美男さまです。これまた緊張が声色から伝わると思います。でも、この緊急事態の中、聴く人の希望や励みとなる、大切なメッセージをいただきました。ありがたいです。

是非、よろしくお願いいたしますー。

YOKOHAMA LAGOON ~こころとカラダの免疫力アップ~ | FMヨコハマ | 2020/05/11/月 | 05:30-06:00 http://radiko.jp/share/?t=20200511053000&sid=YFM

長松清潤 / Seijun Nagamatsu

YouTube: http://www.youtube.com/c/SeijunNagamatsu
Twitter: https://twitter.com/seijunnagamatsu/
Instagram: https://www.instagram.com/seijun_nagamatsu/
アメーバブログ (Blog Japanese Only) : https://ameblo.jp/mahasattva/
Official Website: https://hbs-seijun.blogspot.com/

#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #インシーみなとみらい #マグマスパ #月曜日 #エンパワーメント #エネルギーチェージ #inseaみなとみらい #fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai
#HBS BE ONE

千本倖生さまの応援

今日は千本倖生さまがお越しくださいました。 お忙しい中、準備の時にもお立ち寄りくださり、汗だくの私たちを励ましてくださいました。 あの時はまだパネルも並べられていませんでした。 今日、ゆっくり、じっくり、拝見くださいました。本当に、本当に、ありがたいです。 いつも、私のような者を...