2021年9月24日金曜日

千本倖生さまの応援




今日は千本倖生さまがお越しくださいました。


お忙しい中、準備の時にもお立ち寄りくださり、汗だくの私たちを励ましてくださいました。


あの時はまだパネルも並べられていませんでした。


今日、ゆっくり、じっくり、拝見くださいました。本当に、本当に、ありがたいです。


いつも、私のような者を、励ましてくださり、応援してくださり、もったいなく、ありがたく思っています。


ありがとうございます。

シーボルト、回天、塩谷瞬くん


昨日は俳優の塩谷瞬くんが会場に来てくれました。


舞台『シーボルト父子伝~蒼い目のサムライ~』や、人間魚雷「回天」に身を投じた若者を描く映画『出口のない海』など、歴史や戦争への造詣と、平和への想いが強い瞬くんにこの写真展を観ていただくことが出来て、本当にありがたかったです。


映画『パッチギ』の主人公はお寺の子さんでもありました。親近感が湧くのですー(笑)。


来年に向けて、さらに素晴らしい作品を作っていただきたいです。


ありがとうございます。

2021年9月23日木曜日

秋のお彼岸




















お彼岸の総回向を奉修させていただきました。


お参詣の制限など、特殊なご奉公体制が続いていますが、コロナ禍に負けず、先祖を想い、幸せを願い、祈り、みんなで手を合わせ、御題目をお唱えいたしました。


ありがたいです。


その後、塩澤文男先生の個展に寄らせていただき、麹町の会場へ参りました。美しさの中に宿る迫力。お祖師さま・日蓮聖人のご降誕の三つの奇瑞を描かれました。


絵画の中に「南無妙法蓮華経」の御題目の文字があり、蓮の花は唱える口の形にあわせて描かれています。


ここは池上家の仏間であった場所、お祖師さまがご入滅になられた部屋「ご入滅の間」とされている本行寺。開導聖人の描かれたあのお部屋でもあります。南無妙法蓮華経。


「トランクの中の日本〜戦争、平和、そして仏教〜」東京展の会場に到着したのは1445分。15時からは妙深寺の教養7会とのウェブ会議。そのままテラスから参加させていただきました。


「生きたお寺・妙深寺」としての夢を忘れず、みんなで同じ方向を見て、尊いご奉公を成就させていただきたいです。


ありがとうございます。


#PEACEDAY #京都佛立ミュージアム #トランクの中の日本

#焼き場に立つ少年 #国際平和デー #世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はありえない

#妙深寺 #宮沢賢治 #横浜ラグーン #FMヨコハマ #YOKOHAMALAGOON #fmyokohama

記念公演「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」二回目 演目限定

2021年9月21日、京都佛立ミュージアム「トランクの中の日本 〜戦争、平和、そして仏教〜」東京展にあわせて上演された「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」の映像です。

世界中が平和のために祈り、行動する日「国際平和デー」。
今年の9月21日は満月も重なる「国際平和デー」。

歌舞伎役者・中村橋吾氏による「国連平和の鐘」を題材にした演目「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」をオンライン配信いたしました。

本作は、戦争やテロや争いが無くならず、またパンデミックにより混乱する世の中への憂いを、平和の鐘の存在を示すことで晴らし、万民に世界平和を訴えかけるというのが大きなテーマ。
国連NGO(UNDGC)『国連平和の鐘を守る会』とも深いつながりのある京都佛立ミュージアムはこの演目のテーマと芸術性に着目し、2020年9月21日の「国際平和デー」での『国連平和の鐘を守る会』主催の鐘打式典で初上演。同年11月25日、終戦75年記念として開催していた「トランクの中の日本 〜戦争、平和、そして仏教〜」展でも再演を実現し、その後大きな反響を呼びました。

そして本年、同展示がPEACEDAY財団の協力・協賛により再び、国際平和デーの9月21日に、「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」を上演し、オンライン配信することとなりました。

現代の社会問題に立ち向かう松ヶ枝虎之助尚秀(まつがえとらのすけ なおひで)を中村橋吾が演じ、竹柴潤一が脚本、三味線は鶴澤公彦、つけ打ちは山﨑徹。

■上演メッセージ
『PEACE』それは全人類共通の願い。アートも又、国、民族、宗教、思想を越え、人々の心に響くもの。
平和と芸術は表裏一体。
『平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)』は、現代の様々な問題に立ち向かう架空の歌舞伎者(ヒーロー) 松ヶ枝虎之助尚秀(まつがえとらのすけなおひで)と世界平和の象徴 “国連平和の鐘”を題材とした物語。
純粋に 歌舞伎(アート)として、平和への強い願いを表現する本作品をどうぞお楽しみください。
『人を憎むな、人を愛せ』
中村橋吾

記念公演「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」

2021年9月21日、京都佛立ミュージアム「トランクの中の日本 〜戦争、平和、そして仏教〜」東京展にあわせて上演された「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」の映像です。

世界中が平和のために祈り、行動する日「国際平和デー」。
今年の9月21日は満月も重なる「国際平和デー」。

歌舞伎役者・中村橋吾氏による「国連平和の鐘」を題材にした演目「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」をオンライン配信いたしました。

本作は、戦争やテロや争いが無くならず、またパンデミックにより混乱する世の中への憂いを、平和の鐘の存在を示すことで晴らし、万民に世界平和を訴えかけるというのが大きなテーマ。
国連NGO(UNDGC)『国連平和の鐘を守る会』とも深いつながりのある京都佛立ミュージアムはこの演目のテーマと芸術性に着目し、2020年9月21日の「国際平和デー」での『国連平和の鐘を守る会』主催の鐘打式典で初上演。同年11月25日、終戦75年記念として開催していた「トランクの中の日本 〜戦争、平和、そして仏教〜」展でも再演を実現し、その後大きな反響を呼びました。

そして本年、同展示がPEACEDAY財団の協力・協賛により再び、国際平和デーの9月21日に、「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」を上演し、オンライン配信することとなりました。

現代の社会問題に立ち向かう松ヶ枝虎之助尚秀(まつがえとらのすけ なおひで)を中村橋吾が演じ、竹柴潤一が脚本、三味線は鶴澤公彦、つけ打ちは山﨑徹。

■上演メッセージ
『PEACE』それは全人類共通の願い。アートも又、国、民族、宗教、思想を越え、人々の心に響くもの。
平和と芸術は表裏一体。
『平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)』は、現代の様々な問題に立ち向かう架空の歌舞伎者(ヒーロー) 松ヶ枝虎之助尚秀(まつがえとらのすけなおひで)と世界平和の象徴 “国連平和の鐘”を題材とした物語。
純粋に 歌舞伎(アート)として、平和への強い願いを表現する本作品をどうぞお楽しみください。
『人を憎むな、人を愛せ』
中村橋吾

2021年9月22日水曜日

宇宙と地球の絶妙な一日
















921日は旧暦815日の中秋、名月は満月、国際平和デー(PEACEDAY)は宮沢賢治の祥月命日、三光天子、日月明星と地球と人びと、すべてが整う絶妙な一日でした。


中村橋吾さまによる「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」の歌舞伎も無事に上演いただくことが出来ました。ありがとうございます。


今朝は横浜ラグーンです。とてもとても重たいお便りをいただき、取り上げていいものか、お答えすべきか悩みましたが、なんのための横浜ラグーンか原点を考え、やはり真正面から向かわせていただきました。


正解ではないかもしれません。しかし答えなくてはいけないのだと思います。みんな、なにかを抱え、ひきずり、生きています。


認め合い、支え合い、生きていきたいのです。


今日も最幸の一日となりますように。

ありがとうございます。


マグマスパジャパン presents YOKOHAMA LAGOON | FMヨコハマhttp://radiko.jp/share/?t=20210922053000&sid=YFM


#PEACEDAY #PEACEDAY2021

#京都佛立ミュージアム

#トランクの中の日本

#焼き場に立つ少年

#国際平和デー

#世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はありえない

#宮沢賢治

#利他主義

#満月 #名月 #仲秋の名月

#東京タワー #横浜ラグーン

#FMヨコハマ #YOKOHAMALAGOON

#fmyokohama

2021年9月21日火曜日

満月のPEACEDAY@東京タワー


















本日も、ありがとうございました!

遅くなりましたが、東京タワーにもお邪魔いたしました。

天空のクロージングイベント、素晴らしいです。

井上代表にもご挨拶させていただくことが出来ました。

満月のPEACEDAY、最幸でした。

本当にありがとうございます。

ありがとうございます。

長松清潤拝、

半蔵門に浮かぶ月、歌舞伎、ボウズヨガ、PEACEDAY










今朝は815分からインシー恵比寿店でボウズヨガをさせていただきます。


今日、921日は満月。


そう、今日は国連が定めた国際平和デー、PEACE DAY


満月のPEACE DAY


「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はありえない」


PEACE DAYは宮沢賢治さんの祥月ご命日でもあります。


そして今日、PEACE DAYにあわせて歌舞伎役者・中村橋吾による特別記念公演「平和成祈鐘(へいわになれやいのるはこのかね)」を京都佛立ミュージアムのYouTubeアカウントからオンライン上演・配信いたします。


昨夜、麹町の会場でリハーサル。迫真の演技に鳥肌が立ちます。


皇居、半蔵門の上に浮かぶ月。


なにもかも特別な日、PEACE DAY


みんなで世界中の最幸を祈り、願い、過ごしましょう。

2021年9月19日日曜日

100万人のクラシックライブとトークセッション


















昨日の100万人のクラシックライブコンサート at PEACE DAY 2021、そしてトークセッション、本当に無事に開催でき、その深い内容と貴重なお話に心から感激でした。


慣れない東京展。スタッフも時間も予算も限られていて、走り回ることでしか補えない、そんな状況でした。


しかし、ご好意で、これほど素晴らしい会場を無償でお貸しくださり、様々にご支援いただいていたことを思えば、一粒万倍、機会の最大化に努めなければ申し訳も立ちません。


ギリギリまで、手分けして準備し、なんとか会場のセッティングが終わったのは3分前。着物に着替えて、ほぼ定刻にスタート出来ました。


コロナ禍ですので、非常に厳しい入場制限、検温やマスク着用、手指の消毒は言うまでもなく、ワクチンの回数、アンケートへの回答、入場時に新型コロナウイルス抗原検査の実施まで行っていただきました。


それでもたくさんのご来場、ご参加をいただき、本当に感激でした。


100万人のクラシックライブならではの、クラシック音楽を身近に感じられる演奏者からのお話、そして素晴らしい演奏。


演奏してくださったヴァイオリンの川崎 妃奈子さま、ピアノの松橋 朋潤さま。この企画展の意義を深く受け止めてくださりながら、気迫のこもった演奏を繰り広げてくださいました。ありがとうございます。


トークセッションは、僕からはなんとも言えません。蓑田代表、井上代表のお話、とても素晴らしく、一人でも多くの方々に聞いていただきたいと、切に思いました。


蓑田代表は、豊富な人生、社会経験から、私たちが置かれている社会の現状を言語化して明らかにしてくださり、同時にこれからの社会の行き着く先、すぐそこに見えている世界について示してくださったと思います。


井上代表はPEACE DAY財団のミッション、消極的平和、積極的平和、そしてご自身が目指されている第一次世界平和の内容と具現化するためのビジョン、方法、そして第二次世界平和について、お話をくださいました。


私は、日本有数の財界人、実業家のお二人を前に、お恥ずかしながら宗教者としてお話をさせていただきました。


最後に、イマジンを演奏してくださいました。胸がいっぱいになり、想いが溢れました。


とにかく、素晴らしい時間となり、心から感謝しております。


夕方、また別のお約束があり、慌ただしく会場を後にしました。お寺に戻ったらもう0時。濃厚、濃密、最幸の一日でした。


そう、今日も最幸の一日です。午前中、大和 法深寺までご挨拶に伺い、そのまま東京の会場まで参りました。


今日は平日の倍以上のご来場をいただいています。本当に、ありがたいです。


ありがとうございます。

2021年9月18日土曜日

国連ニューヨーク本部での鐘打式







ありがとうございます。

素晴らしい瞬間のシェアを、ありがとうございます。


髙瀬聖子会長の父君、中川千代治さまと同じく、コロナ禍にたった一人の勇敢な、決意の渡米、国連平和の鐘の鐘打式への参列、心から感動いたしました。


ありがとうございます。

🙏🙏🙏🙏🙏

長松清潤拝、


United Nations Peace Bell Ceremony on the occasion of the 40th Anniversary of the International Day of Peace

2021年9月17日金曜日

ギャラリートーク@トランクの中の日本~戦争、平和、そして仏教~

昨日の午後、どなたもいらっしゃらない時に、ビデオを撮ってみました。

顔がテッカテカですが、申し訳ございません(汗)。あちこち、バッタバタバタで。

とにかく、素晴らしい機会をいただき、精一杯ご奉公させていただきたいです。

つまらない価値観に縛られていないで、そんなところで止まっていないで、やることいっぱい、胸いっぱい。

生きて甲斐ある今日の一日。

今日も、二度と戻らない、一世一代の、素晴らしい一日。

最幸の一日を生きましょう。

感謝感激@半蔵門
















素晴らしい会場をご提供いただき、京都佛立ミュージアム『トランクの中の日本~戦争、平和、そして仏教~』展の3日目がスタートいたしました。


昨日は、PEACE DAY財団代表、株式会社LIFULLの創業者・井上 高志代表取締役社長も会場に来てくださいました。大変なバックアップをいただき、本当にありがたいです。


名著『トランクの中の日本』を編集された大原哲夫先生も会場までお越しくださいました。久しぶりの再会、いつもながら本作品の奥深い編集秘話などを聞かせてくださり、感激でした。


無事に開催までたどり着くことが出来たということで、研ナオコさんが素晴らしい御花を送ってくださいました(涙)。本当に、そのお優しさ、感激です(涙)。いつも、ありがたいです(涙)。


そして、お昼、ご主人の野口社長と小泉社長もお越しくださいました。ありがたいですー。


さらに、インターFMの収録の後、白井貴子さん、ホンチさんも足を運んでくださいましたー。コロナ禍で、ずっとお会いできていなかったから、本当に感謝感激!とっても久しぶりにお会いできた感じでした。


とにかく、今日もスタートいたしました。何とぞよろしくお願いいたします。


お目にかかれるのを楽しみにしております!


『トランクの中の日本~戦争、平和、そして仏教~』

期間 2021915()926()

時間 1030分―17時(平日・土日祝日)

入場 無料

休館 期間中の休館はなし

会場 株式会社LIFULL本社1階 LIFULL Table

東京メトロ 地下鉄半蔵門線 半蔵門駅 3b出口より徒歩2

千本倖生さまの応援

今日は千本倖生さまがお越しくださいました。 お忙しい中、準備の時にもお立ち寄りくださり、汗だくの私たちを励ましてくださいました。 あの時はまだパネルも並べられていませんでした。 今日、ゆっくり、じっくり、拝見くださいました。本当に、本当に、ありがたいです。 いつも、私のような者を...