2020年8月31日月曜日

アフター・コロナのために






今朝も妙深寺の本堂で加山さんの御祈願を言上させていただきました。ご本名で。


昨日、「加山雄三さん、緊急・救急搬送」という報道を聞いて、本当にビックリしました。横浜ラグーンへのご出演で負担をおかけしてしまったのではないかと。


夕方、ご長女の真悠子さまから容態をお聞きすることができたので少し安心しました。一日も早い回復を心から願っております。引き続きご祈願させていただきます。


1週間、あっという間です。


今朝の横浜ラグーンは加山さんの後を受けて、なんと株式会社ユニゾンの大竹亮輔さんと溝口航平さんでした。新型コロナウイルスの最前線で戦っている若武者のような2人です。


先週まで加山さんですから、本当に緊張したと思います。しかし、とても自然で、よかったです。きっと、お聴きになった方々も、アフター・コロナ、ウィズ・コロナの中で、勇気になったり、ヒントになったりしたと思います。


放送のリンクは下記から。来週もお二人に登場してもらいます!


YOKOHAMA LAGOON ~こころとカラダの免疫力アップ~ | FMヨコハマ | 2020/08/31/ | 05:30-06:00 http://radiko.jp/share/?t=20200831053000&sid=YFM


そして、下記は弱冠24才の彼らの会社ホームページです。


コロナウイルス除菌消毒、家財整理、遺品整理、生前整理、特殊清掃、消臭脱臭、プラズマオゾン消臭・除菌サービス、ご遺品のご供養、相続関係、終活のご相談、遺品供養、物件供養、老人介護施設へのお引越しでお悩みなら、まずは株式会社ユニゾンへ一度ご相談ください。


http://unisons.jp


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #魂のリレー #研ナオコ #梅沢富美男 #池田明子 #阿木燿子 #宇崎竜童 #美川憲一 #田中律子 #さだまさし #加山雄三 #ユニゾン #新型コロナウイルス #インシーみなとみらい #マグマスパ  #inseaみなとみらい #fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai

2020年8月29日土曜日

離れていても










明日は日曜日。お参りをお待ちしております。


今日、私は尽七日忌のご回向と納骨のご奉公をさせていただきました。


御本尊をご奉安され、毎週忌日のご回向を重ねながら不思議なことが起こりまくり、感動の連続でした。


怖いとか、そういうレベルではないのです。見える世界、見えない世界、その境界がとても低くなっていて、確かに行き交う生命を感じ、ご家族みんなで大切な何かを確信することが出来ました。


それが本当のご回向であり、本来の仏教ですね。ありがたいです。ありがとうございます。


これから、いろいろなことを学んでも、ここが原点であり、答えでもあることを、忘れてはいけないですね。


初心が一番。初心が目標。


妙深寺のくんげ会には感動というか、感服しました。「くんげ(薫化)会」とは妙深寺の子どもたちの会です。


ご回向から戻ってYouTubeでくんげ会の御講にお参りしましたが、ごくごく自然に妙深寺スリランカ・コロンボ別院とインターネット中継していて、プログラムも最高でした。


田代会長の司会、素晴らしかったです。清翔師も素晴らしいサポートでした。良潤師に日本語も完璧。清嵐師はみんなから愛されていて離れていても心は一つの妙深寺を感じました。ありがとうございます。


午後、ランドマークのスタジオに入り、FMヨコハマ「横浜ラグーン」の収録でした。


来週の月曜日は日本企業として初めてダイヤモンド・プリンセス号に入り除菌作業を行った株式会社ユニゾンの2人、新型コロナウイルスと戦う若き戦士たちに登場していただきます。


今日は番組宛のメールやメッセージやたくさん届いていて、うれしかったですー。皆さん、ありがとうございます。

2020年8月28日金曜日

入道雲とブラックスワン








入道雲。坂東太郎。それぞれ巨大な積乱雲の俗称です。


昨日の朝は息を呑むほど空が綺麗でした。紺碧の空に真っ白な雲。積乱雲が出ていると天候が急に変化するので心配ですが、昨日に限れば落雷や大雨の被害は少なかったようです。


「過去最悪」「過去最大」という言葉を毎年更新している今の地球人。オーストラリアに引き続きカリフォルニアの山火事も毎年のように最大規模を更新しています。


米国では大統領選挙がクライマックスに突入し、トランプ氏の妄言を聞く機会が増えました。傲慢で偏狭で、威勢と調子のいい愚かなアメリカを象徴する人物。


気候危機もフェイクニュース、これに対する国際的な枠組みもすべて脱退、自国第一、自分第一。幼稚で笑ってしまいますが、彼を大統領にしてしまった現代地球人すべてが幼稚になっているということです。


その言動やスタイルは子どもたちにどんな影響を与えるでしょうか。「いいことは自分の手柄、悪いことは人のせい」という生き方を貫いて出世した人物はどんな世界でも薄っぺらで、本人が不幸であるだけではなく周囲の人生も結局は台無しにしてしまう。これまでも、浅く、薄っぺらな成功者が社会を退廃させてきました。


アベノミクス?日銀が使ってきた魔法は、解き方を知らないヘタな魔術師による禁じ手ではなかったか。痛い目を見ながら歴史が証明するのでしょうか。お金持ちはもっとお金持ちに、貧しい人たちはもっと貧しくなっただけのように感じます。


新型コロナウイルスによって、これだけ経済指標が最悪の数字を出しているのに株式市場だけ活況、コロナなどなかったかのように高い水準を維持しています。魔術師がお金を湯水のように印刷したので、行き場を失ったマネーが投資先を求めてマーケットに流れ込んでいる。金の価格も跳ね上げている。まるでチキンレースのようです。


ブラックスワンは見たくない。今回のブラックスワンは人間が生み出した制御不能のモンスターになります。


とにかく、狂った世界に生きていることを自覚して、為すべきことをするしかありません。


戦後まもなく、ブラジルに行った日博上人が撮影した映像。日水上人の御姿。いま山のような16ミリフィルムやVHSビデオから探し続けています。


世界をより良くしようと生きた人びとを目標に、生き直すべき時です。

2020年8月25日火曜日

「ティファニーで朝食を」のブラジル































ご出演いただいた加山さんに心から感謝です。本当にありがたく、言葉が見つかりません。果報が尽きそうです。


映画『リオの若大将』は1968713日公開。僕が生まれる前の映画です。


昭和43年にブラジルのリオデジャネイロでロケをしたというのですから、すごいです。


この映画の撮影中、リオの海岸で作った曲が「あの日渚に」なのですね。加山さんの作詞・作曲。ステキなエピソードをお話しくださいました。


是非、下記のリンクからお聴きください。


YOKOHAMA LAGOON ~こころとカラダの免疫力アップ~ | FMヨコハマ | 2020/08/24/ | 05:30-06:00

http://radiko.jp/share/?t=20200824053000&sid=YFM


とにかく、昭和43年にブラジルロケですから、スケールが違いますね。ブラジルとのご縁が深い私たちとしてはさらに親近感が湧きます。


『リオの若大将』の13年前、終戦からわずか10年、昭和30年、1955年に、妙深寺の初代日博上人はブラジルを訪問しました。当時のブラジルは幻のように遠い国だったのです。時の講有、日颯上人に随伴されたご巡教の模様は『コーヒーの壺』として一冊にまとめられ発刊されています。


本当にブラジルは遠い国で、日本人の同胞が多く暮らす国と知っていても想像を絶する雰囲気があったようです。


そして、昭和39年、『リオの若大将』の4年前、日博上人は二度目のブラジルへ向かわれました。この時は私の母も同行しています。わずか十年で日本とブラジルはグッと距離を縮めていました。


私も1980年、昭和55年、小学校6年生の時に、はじめてブラジルへ行かせていただきました。本当に、ご因縁が深い国です。


ブラジルという遠くて近い国。


ブラジルといえば、1961年、昭和36年に公開された『ティファニーで朝食を』に出てきたんです。僕はサッカーよりもこの映画で「ブラジル」を意識したように思います。


父の大好きな映画で、子どもの頃から何度観たかわかりません。オードリー・ヘップバーンにも憧れました。


オードリー・ヘプバーン演じるホリー・ゴライトリーは、ブラジルの大富豪・ホセと結婚すると言い出します。ポールと心を通わせたかと思ったのに、不幸な生い立ちの彼女は大富豪に嫁ぐことを選び、ポルトガル語を勉強し始めるのです。そして、ポールとは喧嘩別れをしてしまいます。


数か月後、リオデジャネイロ行きを明日に控えた日、ポールは彼女の家に招かれて再会。ホセのために生活も性格も変えようと努力しているホリー。手料理に挑戦していたのですが失敗。二人は家での食事を諦めて外へ出かけました。


帰宅してみると警官が待ち構えていて逮捕されることに。容疑は彼女がカフェ・ソサエティ・ガール(娼婦ではなく、原作者 カポーティによると「アメリカン・ゲイシャ」)として懇意にしていたサリー・トマトの犯罪に加担したというものでした。


ホリーたちの逮捕の様子は大々的に報道されてしまいました。翌日、ポールの迎えで保釈されますが、ブラジルのホセからは婚約を破棄するという手紙が届いていました。


雨の中、ニューヨークのタクシー。


猫と、ホリーとポール。


ホセの手紙を読んでも彼女はリオに行くと言って聞きません。そして、自分もこの猫も名もない野良猫なのだと言い、雨の中に猫を放してしまいます。


ポールは、ティファニーで刻印してもらったお菓子のおまけの指輪をホリーに投げつけ、自分の心を偽り続ける彼女に捨て台詞を残してタクシーを降りてしまいます。


ホリーは指輪を握り締め、涙を流しながら迷い続けていました。そして、意を決してタクシーを降り


いつの間にか映画の解説になってしまいました。


加山雄三さんの「横浜ラグーン」を聴いていただきたいばっかりに(笑)。


今朝のブラジルとのウェブ会議も無事に終了しました。日本とブラジルを結んだ同時中継、世界配信についても打ち合わせが出来、ホッとしています。来週もウェブ会議の予定です。


遠く離れていますが、心がいつも近くにあります。


加山さんも言っておられました。感謝と、祈る心を大切にして生きてゆきましょう。


ありがとうございます。


 写真はflickr.comで「No known copyright restrictions」とされている素材です。素敵ですね。

京都、秋の気配












残暑厳しい京都ですが、夜になると涼しい風。


秋の気配とはこういうことを言うのですね。


晩夏の京都。


初秋の鴨川。


真上には三日月。


昨日は海外弘通特別委員会、米国教区弘通促進委員会でした。


海外部長が担当する重要な会議で、世界各国、各教区長の出席をいただいて開催します。


海外部はツアコンのようなご奉公から教区ごとの最適化、海外弘通の推進まで幅広い役務や責任があります。


課題や問題があれば少しでも改められるようにするのが佛立のアイデンティティ。


なかなか5年後、10年後を見据えたビジョン、ご奉公に手がつかず、問題や課題があっても先送りしてしまうこともあります。


しかし、見ていないふり、聞いてないふり、先送り、かいかぶり、知ったかぶりは、開導聖人が大っ嫌いな性格、あり方、生き方。


教えと、人生のコンセプトを一つにすることが佛立仏教徒。


昨日の会議でも、引き続き海外弘通の第一人者である教区長の御導師方、最前線に立つ御講師方と現在の課題や問題を共有させていただきました。


とにかく「正解」ではなくとも一つ一つ「答え」を出していかなければご奉公になりません。


海外全教区の教区長の力を結集し、一天四海 皆帰妙法、巨きな空の下、あらゆる海を越えて、尊い妙法の功徳を届けたい、ご弘通の器を育てたいと思います。


今朝はブラジル教区とのウェブ会議です。こちらも111日の日水上人御五十回忌法要へ向けてご奉公を加速させなければなりません。


本当は現地を走り回ってご奉公させていただく予定でした。ブラジルへの渡航が出来ない今、せめて何度もウェブ会議を重ねて準備を進め、当日を迎えたいと思います。

2020年8月23日日曜日

加山雄三さんと、さだまさしさん
















24時間テレビに、さだまさしさんがご出演になられていると何人もの方からご連絡をいただきました。


残念ながらオンタイムで観れないので録画をお願いしました。


締めくくりは名曲『サライ』でしょうか。加山雄三さんの雄姿を拝見できれば最高です。


さだまさしさんと加山雄三さん。


この8月、どれだけ凄い方々にご出演いただいてきたか、今さらながら震える思いです。


明日の朝は加山雄三さんの第2回目の放送です。


是非お聴き逃しなく!ビートルズの来日秘話や若さの秘訣、コロナ時代の生き方について熱いメッセージをお届けくださいます。お楽しみに!


FMヨコハマ「横浜ラグーン 〜心と体の免疫力アップ!〜」、よろしくお願いいたしますー!


YOKOHAMA LAGOON(横浜ラグーン)心と体の免疫力アップ!

毎週月曜日午前5:30~6:00

FM YOKOHAMA

番組 MC : 長松清潤(住職)


#FMヨコハマ #横浜ラグーン #心と体 #免疫力 #心と体の免疫力アップ #魂のリレー #研ナオコ #梅沢富美男 #池田明子 #阿木燿子 #宇崎竜童 #美川憲一 #田中律子 #さだまさし #風に立つライオン #風に立つライオン基金 #加山雄三#若大将 #新型コロナウイルス #インシーみなとみらい #マグマスパ  #inseaみなとみらい #fmyokohama #yokohamalagoon #insea #magmaspa #inseaminatomirai

2020年8月22日土曜日

株式会社ユニゾンの二人






全電源喪失、基盤損壊、バックアップなし。絶望していたのですが、Suicaまで戻ってくれました。


完全復旧です(涙)。元どおり。むしろ新しいなってる(涙)。Suicaにチャージしていたお金まで戻ってきて感動しました(ちょっと怖いくらいです)。南無妙法蓮華経。ありがとうございます。


今日は「横浜ラグーン」の収録でランドマークタワーにあるFMヨコハマのスタジオでした。


ゲストは、日本の会社として初めてダイヤモンド・プリンセス号に新型コロナウイルスの除菌作業に入った株式会社ユニゾンの大竹亮輔さんと溝口航平さんにお越しいただきました。


まだ、新型コロナウイルスがどんなものかも分からず、世界中がゾンビ映画に出てくる未知のウイルスに震え上がっていた時、最前線で戦い始めた戦士たちです。


弱冠25才。元不良の2人は小泉博さんにお願いし、妙深寺を会場に「不良のためのビジネス講座」を開始。漢字ドリルからスタートした講座を5年間休まず続けて見事に起業したのです。


半年後、世界は新型コロナウイルスによってひっくり返されました。日本では最初にダイヤモンド・プリンセス号の船内で集団感染が発生したと報じられました。その後のことは皆さんご存知のとおりです。


そのダイヤモンド・プリンセス号の除菌を担当していたアメリカのベルフォアという会社から厚労省を通じてユニゾンに依頼があったのです。起業から半年しか経っていない彼らの会社に依頼が来たこと。彼らは30人のスタッフを連れて客船の中に入り除菌作業に入りました。


アフター・コロナ、ウィズ・コロナの時代に、彼らの話は極めて貴重です。レジェンドの方々が次々と出てくださった中で、一度はドロップアウトしかけた青年たち、しかもコロナ禍の最前線で戦う正真正銘の戦士たちの話を聞くことが出来ました。


来週の月曜日は加山雄三さんの第2回目の放送です。


引き続き、よろしくお願いいたします。

2020年8月21日金曜日

一生をあざやかに彩るもの








会うべき人に、会うべき時に会えることほどの幸せはありません。

 

人生は出会いや別れを繰り返すものですが、一生をあざやかに彩るのは愛する人や大切な友人の存在です。

 

月曜日の朝5時半、加山雄三さんの放送を、横浜ラグーンのスポンサーである株式会社マグマスパジャパンの小泉正太社長、株式会社サガミの水沢洋社長と、オンタイムで、海を前に、一緒に聴かせていただきました。

 

まさに『海、その愛』でした。

 

朝5時半。慶花ちゃんとデニスも一緒でした。

 

その光景、その空気、内容を、決して忘れないように脳裏に刻みました。間違いなく一生の思い出です。

 

1週間前、スマホの電源が入らなくなりました。ご奉公に欠かせない大事な大事なツールでした。

 

特殊な修理専門店で診てもらうと「残念ながら内部の基盤がいくつも壊れているから直せません。ここから直るのは数万の中で1つです」と言われました。なぜかバックアップも出来ていませんでした。

 

「一からやり直し」

 

きっとそういうことだと思い、スッポリ、ポッカリ、コロナ禍と同じように、自分の在り方を切り替えようと思いました。

 

ちょうどメールやブログ、SNSが難しくなった1週間。かねて小泉社長と水沢社長からお誘いいただいていた場所へ、次男を連れてお邪魔しました。

 

小泉正太、水沢洋という、常に一線で勝負している二人と、朝から晩まで一緒に過ごさせていただいた数日間。とてつもなく貴重な、森羅万象、天地の営みがピタリと調和した時間でした。

 

一年前、ラジオのお話があった時、即座にスポンサーとして手を挙げてくださったお二人。天啓、天運、まさに変化の菩薩として颯爽と現れ、ご奉公の機会を与えてくださいました。

 

FMヨコハマの年間数百万円にも上るスポンサー費用を、わずか30分ほどで「やろう。やるべきだ。今だ。」と言って決めてくださった。英断というレベルを超えています。これを何といえばいいのでしょうか。

 

コロナ禍が訪れ、世界がひっくり返るような混乱の中、レジェンドの方々がご出演くださるようになりました。研ナオコさんからスタートした「魂のリレー」は、ただただ御縁と善意だけでご出演くださってきたのです。そして、終戦75周年の夏、集大成のような、さだまさしさんのご出演、ついに加山雄三さんのご出演となりました。

 

その生放送を、この3人で、オンタイムで、海を前に聴くとは。

 

水沢洋社長の会社は「株式会社 サガミ」という神奈川県の三浦半島を中心に、LPガスや電気事業、リフォームから水の宅配、エコエネルギー事業まで展開しておられます。創業から70年近く、暮らしの近くにあって生活を支え、安心や安全を届けてきた会社です。そのサガミがビューティー&ヘルスケア事業として昨年11月11日に「インシーみなとみらい店」をスタートしたのです。

 

すべてが完璧なタイミングで巡り合わせていただきました。今世での魂の修練、その機会を頂戴しているかのようです。

 

「本物を見せてあげたい。本物を知らないと偽物が分からない。これからは偽物がたくさん現れる。それを自分の眼で見極めて生きていかなければならない。だから本物しか見せなかった。本物だけを教えたかった。」

 

正太が娘の慶花ちゃんについて語った言葉、忘れられません。

 

本当に、偽物ばかりの世の中で、それを許して、そこに安住すると、自分まで偽物になってしまう。いつしか本物がなんだったのかも忘れてしまう。本物だけを求めて生きていたら「偏屈」と揶揄されてしまうかもしれない。しかし、まず本物を教えなければ、本物を知らなければ、何も分からなくなってしまう。

 

水沢社長から聞いた欧州での話、スイスで出会った老人の話、自転車で日本列島を一周していた時の話、次男も真剣に聞いていました。いつしか13才の次男は水沢社長を「アニキ」と呼ぶようになっていました。

 

本物。

 

天の恵み、地の恵み、海の恵み。すべての恵みを全身で感じていた瞬間、東京から電話がありました。

 

「ナガマツさん、データが復旧しました。」

 

データ復旧の専門店でダメだったので99%諦めていたのですが、友人が別のお店を紹介してくれたのです。すでにキャリアの窓口にも行き、「アップルケアに入っているので本体を交換できますよ。予約しますか?」と言われ、そうしようと思っていました。しかし、可能性が1%でもあるならば行ってみようと思いました。

 

そして、ちょうど小泉社長と水沢社長と一緒にいる時間、預けていたのでした。

 

「一からやり直し」は変わらない覚悟や感覚ですが、あきらめていたデータを復旧していただき、これまでと変わらずご奉公させていただくことができます。森羅万象を司る、御法さまに心から感謝しております。

 

大自然の中に帰ると常に思い浮かべます。妙講一座、南無久遠の御文の一節。

 

「地神水神。圓宗守護。大小諸神。回向供養。妙法口唱。講讃功徳。倍増法楽。威光増益。護持妙法。利益衆生。」

 

「地の神、水の神をはじめ、法華円宗を守護する大小の神々を勧請申し上げる。回向し供養せんがため、南無妙法蓮華経と唱え、功徳を讃え奉る。もって法楽を倍増され、さらに御威光を増し、妙法を護持する人びとに利益を顕し給え!」

 

地の神も、水の神も、味方につける、南無妙法蓮華経。偏らない。万法具足。円満。

 

炎天下、猛火の夏も今日が節目と聞きます。

 

残暑厳しい毎日ですが、人生の大きな節目。少しでも改良し、バージョンアップし、より良くし、より良く生きれるように、精進したいものです。

 

ありがとうございます。

長松寺の庭

ブラジルとのウェブ会議から、京都佛立ミュージアムの運営委員会。 次から次へとご奉公が溢れ出てきて、ありがたいこと極まりないですが、途切れることなくひっきりなしで目が回ります。 海外には9教区。世界同時のコロナ禍。本年予定されていたブラジルとハワイへの特命巡教の件。ブラジル教区・日...