2018年9月28日金曜日

妙深寺報が伝えたいこと










昨日は京都から妙深寺に戻り、夜は河口湖まで伺いましたー。


夕方の中央高速は、なんて幻想的なのだろうと、同じ目線に浮かぶ雲海を眺めながら感動していました。


あの美しさ、写真やビデオに収めることは出来ません。


河口湖オルゴールの森美術館にて富士山地域アカデミーに参加させていただき、宗教家として簡単に記すことが出来ないほど、深く考え、学ばせていただきました。


少しだけ懇親会にも参加させていただいて横浜への帰途につきました。


河口湖から横浜は2時間弱。


順調に走っていましたが、寺報が0時に出稿で、最終チェックを今しなければ間に合わないということになりました。


海老名のサービスエリアに入ってパソコンを開き、急いで原稿を直してゆきました。


肩がパンパンになりながらも何とか間に合いましたー(汗)。


今回も最高の妙深寺報です。みんなの想いが詰まっています。


毎月妙深寺報を出し続けてきたことが、生きたお寺の証明であり、生命だったと思えます。


出さなくても、生きたお寺・妙深寺のご奉公は変わらない。


むしろ、しない方が時間も労力も別に使えたかもしれません。


しかし、僕たちは毎月妙深寺報を出してきました。


そこには「なぜか」という問いがあります。


単純ですが、季刊でも隔月でもなく、どうしても毎月妙深寺の今を伝えなければならないと思ってきたのです。


妙深寺報は妙深寺が手作りで出してきたフリーペーパー。


お寺が生きていること、生の声を伝えるドキュメント、菩薩行を誓う一人ひとりがヒーローであること。


それを証明し、それを伝え、それを伝えることで励まされる方々がきっといると信じて、出し続けてきたのでした。


妙深寺の教務さんが未来に残してくれる宝物です。


なんとかこれからも頑張ります。


今日、日経平均株価が26年10ヵ月ぶりの高値を付けたとのこと。


むしろ心配になります。


非常に強い台風も近づいています。刈り取った稲は大丈夫かな(涙)。


十分に備えて、全国各地、被害がないことを願います。

2018年9月27日木曜日

長松唐草紋のお蝋燭













2日間の京都でのご奉公から新幹線で横浜へ戻っています。


滞っていた原稿を書き上げ、少しだけホッとしました。


麩屋町に腰を据えて細かく資料を解読してゆくような、そんな時間が取りたいと思いながら、慌ただしく走り続けて時間が過ぎてしまいます。


長松寺では開導聖人のご生誕200年を記念してオリジナルの「紋ロー」を製作いたしました。


仏丸と同じく開導聖人が意匠・図案化(デザイン)された「長松唐草紋(蝶松唐草紋)」です。


松の葉をモチーフに蝶が羽を広げている姿へと昇華させた御紋は、デザイナー・開導聖人の溢れるようなクリエイティビティの賜物であり、見事としか言いようがありません。


この御紋を転写させていただいた5時間用の立派なお蝋燭です。


紋を表す紅、朱の色にもこだわりにこだわって謹製させていただきました。


ご自宅で奉修される特別な御講やご回向の際にお供えしていただければ有難く存じます。


麩屋町の長松寺にお参りされましたら、お声をおかけください。


ありがとうございます。

2018年9月26日水曜日

9月29日18時は妙深寺のボーズバー












9月29日(土)18時からは横浜妙深寺のボーズバーです。


今回のボーズバーには塩澤文男先生がご来店くださるとのことですー。


パーカッションを持ってきてくださり、演奏も聴かせていただきますー。


塩澤先生とは深い深いご縁のあることが判明しておりますー。


乗泉寺にお参りしておられた岡本太郎さんつながりー(笑)、浅草清雄寺さまつながりー、裕子さんつながりー、サンマリノつながり、渋谷龍馬会つながりーなどなどを、じっくり掘り下げたいと思いますー(笑)。


是非、お楽しみにお願いしたいと思います。


その日、16時からは妙深寺の本堂でボウズヨガ、稲葉先生にお越しいただきます!


どうぞ、皆さまお越しくださいませー。


長松も気合い入れてお待ちしております。


ありがとうございますー!

利害と損得だけじゃダメ








3年前、2015年9月26日に書いた文章。


何を思っていたんだろう。


写真は飯田の師匠の畑で撮った写真でした。


太陽の光を浴びる秋の花。


自然に比べて人間界の難しさや人間の愚かさを感じていたのかな。


「利害と損得。


利害と損得が定規なら信も義もない。


人間、恩を忘れたら終わり、畜生にも劣る。


いいことは自分の手柄、悪いことは人のせい。


してやった、やってやったの落とし穴。


謙虚になったら感謝できる。


結局、利害と損得なら虚しい。


感謝は、再生可能なクリーンエネルギー。


誰かのプラスのために、ほんの少し自分のマイナスを取る。


そんな生き方が、最も賢い、最も心豊かな生き方。


仏教の説く、好循環型の人間社会。」


南無妙法蓮華経ー。

2018年9月25日火曜日

ネパールで活躍中のハシャーン清嵐師ですー































9月25日(火)。朝6時半から門祖日隆聖人のご命日にあわせてお総講を奉修させていただきました。


昨夜は中秋の名月。素晴らしいお月さまでした。ありがとうございます。


ネパールからレポートが届いています。公開が滞りまして申し訳ございません。


異常気象は北半球全体に及び、ネパールも普通の雨季とは異なる豪雨、いつにも増して延々と降り続く雨で、交通機関が打撃を受けていたようです。


写真を見ると陥没した道路はそのままウォータースライダーのようです。


コレイア清行師とハシャーン清嵐師のネパールご奉公も2週間が経ちました。


ハシャーン清嵐師にとって初めてのネパールですが、素晴らしいご奉公をしてくれています。


バスも車も、バイクすら使えない悪路になってしまったので、何キロも歩いてお助行に廻ってくれています。


サムンドゥラデヴィの学校にも行ってくれたそうです。本当にこの道では大変。


ビカスの家のお助行もしてくれて、レン君の元気な姿が見えてよかった。ガンガとジャムナも元気だね。


スンカニ村のグルン家、カトマンズのユブラージ家で御講を奉修させていただき、ハシャーン清嵐師が御法門を説いてくださったとのこと。


海外弘通が新しいステージに入ったことを実感します。清嵐の一生懸命な姿勢が伝わってきて、とてもありがたいです。


あと1週間で清嵐師はスリランカへ帰国します。


帰国後はディリーパ良潤師のもと、妙深寺スリランカ別院とゴール親会場を舞台に、精一杯ご奉公してくれるでしょう。


雨の題目塔も美しいです。旭が喜んでくれているようです。今年のお彼岸も、旭の納骨壇で新しい誓いを伝えました。


コレイア清行師、健康や事故に十分注意して、ネパールHBSをよろしくお願いします!


10月号の佛立新聞に「佛立満蒙開拓団」の記事が御座います。胸の締め付けられる、いや、それだけでは足りない内容、歴史的な事実です。


私たちは海外弘通の、このあまりにもせつなく、酷い歴史にも、しっかりと向き合って、ご奉公させていただかなければならないと、つくづく思いました。


高度経済成長や、バブル時代の、海外旅行のような感覚では決していけないことを、あらためて思い定めなければ。


ネパール、スリランカ、インドと、大変な果報をいただいて、ご奉公させていただけるようになったことを、心から感謝して、国内、海外、ともにご奉公が成就いたしますように。


南無妙法蓮華経ー。

2018年9月24日月曜日

秋季総回向と幕末史研究会

































平成最後の秋のお彼岸。


気持ちいいお天気の下で、妙深寺の秋季総回向を盛大に奉修させていただきました。


たくさんのお参詣、ありがとうございます。


秋季総回向にあわせて、妙深寺のボーイスカウト横浜35団、ガールスカウト神奈川県24団の「信行章」の授与式をさせていただきました。


ボーイスカウトの「ちかい」には下記のようにあります。


「私は名誉にかけて次の3条の実行を誓います。

ひとつ。仏と国とに誠を尽くし、おきてを守ります。」


ベーデン=パウエルが唱えたスカウト精神の第1条には、洋の東西を問わない信仰の大切さが説かれていました。


総回向の法要は、いつにも増して心をこめて、声が凛と張って、ご奉公させていただけたように思います。


しかし、御法門は納得がいかず、修行の足りなさを感じました。申し訳ございません。


昨夜、長野本晨寺の秋季総回向の終了後、そのまま長野でお通夜のご奉公をさせていただきました。


いつも長野で一緒にご奉公くださってきた高木さんの、92才で亡くなられたお母さまのお通夜でした。


その直前、長野の空は忘れられない美しさでした。


今日は秋季総回向の終了後、慌ててご供養を頂戴し、そのまま吉祥寺駅近くの武蔵野商工会館まで移動。小美濃先生が主宰されている幕末史研究会で講演をさせていただきました。


本当に、これまでお世話になってきた小美濃先生に、御恩返しの出来る数少ない機会と思い、精一杯させていただきました。


約30名の参加者の皆さまは幕末史をはじめ、歴史全般に通じた方々ばかりで、とても有意義な質疑応答をさせていただくことが出来、素晴らしい時間でした。


横浜から連絡があり、懇親会には出席できませんでしたが、また大切な御縁をいただきました。本当にありがとうございます。


いつも、せわしない住職で申し訳ない限りですが、もしFacebookなどをしておられたら、是非とも友人のリクエストをくださいませ。


せめて、限られた時間の中、この空間でつながることが出来れば有難いと思っております。


先日も「住職のFacebookは見てるけど友達申請は躊躇してるー」と言われてしまいました。


そんなことをおっしゃらず、どうかよろしくお願いいたしますー。


今日も慌ただしくて、申し訳ございませんでした。


地球の回転と太陽のリズムにあわせた秋分の日を、本当に素晴らしい、意義あるご奉公に過ごさせていただくことができて、本当に有難いです。


ありがとうございます。

長松寺の庭

ブラジルとのウェブ会議から、京都佛立ミュージアムの運営委員会。 次から次へとご奉公が溢れ出てきて、ありがたいこと極まりないですが、途切れることなくひっきりなしで目が回ります。 海外には9教区。世界同時のコロナ禍。本年予定されていたブラジルとハワイへの特命巡教の件。ブラジル教区・日...