宗葬




















本日、本山宥清寺ご宝前に於いて、佛立第十九世講有 梶本日裔上人の宗葬が奉修されました。


私たちは記録のご奉公をさせていただきました。


ご遺弟を代表して弔辞を読まれた津村清種師の言葉に、撮影をしながら涙が溢れてしまいました。


「辛抱」という教えを、私もしっかりと胸に刻みたいと思います。


午後から納骨の儀も営まれました。


ありがとうございます。

コメント

このブログの人気の投稿

源平咲き ~世にも珍しい梅の花~

ブラジルで佛立の尼僧となった吉川妙養師の手記

京都佛立ミュージアムのアンケート