2022年6月12日日曜日

京都のお祖母さま






















さすがに息が上がりました。でも無事に6月の住職御講をすべて終えて新幹線に飛び乗り、京都まで帰ってきました。


長松寺で準備ご奉公をしてくれていた学生師たちと合流し、毎年恒例のご供養をいただきました。


麩屋町に戻ると気絶、そのまま寝てしまいました。


夜が明けたら長松寺の開導会、先住松風院日爽上人の御23回忌、そして長松小千代お祖母さま・長松院法勲清峰日護大姉の33回忌を、ご講有にお出ましをいただいて、奉修いたします。


僕がプロテストに合格した数日後、大僧正日峰上人がご遷化になられました。宗葬などがあり、長松家の男子として当然剃髪して参列しました。しかし、大学生とはいえ、すでにスポンサーも決まり、沖縄でのJAL CUP、そしてワールドカップが迫る中、突然スキンヘッドのままでは困ると言われました。


長松寺のご宝前に親族が集まり、僕の髪の毛のことでワイワイ話をしていると、奥の部屋からコツンコツンと杖の音がして扉が開き、小千代お祖母ちゃんが入ってきました。そして、僕の頭を手で握り、言いました。


「延博、もう切らんでええ。この子は分かってる。」


この一言で静まり返り、僕はスキンヘッドではなく、少し伸びたスポーツ刈りのような状態で日峰上人の49日忌の法要に参列しました。


その後、プロとしての活動が始まり、全国各地でのレース、デモンストレーション、映画撮影など、大学卒業まで走り続けることが出来ました。


祖母は日峰上人のご遷化からちょうど110日目に亡くなられました。最後の最後まで深く見守り、強く信じ、大切なことを教えてくれました。


今の自分を見てどう思っているか分かりませんが、見守っていていただきたいです。


南無妙法蓮華経

ありがとうございます。

0 件のコメント:

2022.06.26 衣美さんご挨拶

咲奏ちゃんのお母さん、衣美ちゃんのご挨拶です。退院後、はじめて妙深寺にお参詣、みんなにご挨拶をしてくださいました。ありがとうございます。 つくづく、生きた仏教、真実の物語です。生きて、戻ってきてくれて、よかった。 2022年06月26日 衣美さんご挨拶