2022年6月13日月曜日

人生の軌道を変えてくれた日、くれた人












明日は松風院日爽上人の御23回忌祥月ご命日です。


22年前の614日未明、病院に駆けつけた時のこと、焼き付いた記憶です。


朝、最愛の父を腕に抱き、最期のひと息まで見つめ続けました。


あの日、自分の人生が完全に、根底から、変わりました。目が覚めました。本当に。


ありがたかったです。これ以上ないほど、悲しかったけど。


その命をなげだして、目を覚まし、人生の軌道を変えてくださった。


たった一度の人生。振り返ればハチャメチャですが、御法のために、誰かのために、生きろ、使えと、教えてくれました。


生まれ変わり、死に変わりしてきた中では、会社の社長も、映画のスターも、スポーツのヒーローも、大統領も王様も、何度も何度もしてきたんだぞ。


でも、真実、御仏の教えに出値い、人間の本性、人間の愚かさと可能性を知り、因果の道理に目覚めて、人のために生きるようになった今回の人生は、「はじめて」なんだぞ。


今回の命、どうせなら、その生き方を貫いてみろ。ジェットのプロではなく、人間のプロになれ。人間のプロとして生きろ。


命がけで、そう教えてくれたことを忘れずに、明日を迎え、明日からも生きていきます。


ありがとうございます。

0 件のコメント:

2022.06.26 衣美さんご挨拶

咲奏ちゃんのお母さん、衣美ちゃんのご挨拶です。退院後、はじめて妙深寺にお参詣、みんなにご挨拶をしてくださいました。ありがとうございます。 つくづく、生きた仏教、真実の物語です。生きて、戻ってきてくれて、よかった。 2022年06月26日 衣美さんご挨拶