2023年2月5日日曜日

不滅の魂の本質


苦悩することは悪いことではない。


それは成長や発展のために不可欠なモラトリアムや創造の病かもしれないのだから。


大いに悩み、大いに苦しみ、忸怩たる想いを抱きしめて、過ごす夜があってもいいし、そんな日々が続くこともある。


ただ、生きて、生きて、生き抜かなければならない。


そんな苦悩を力に代えて、より太く、より強く、より賢く、より慈悲深く、生きることができるように。


多くの問題は、問題ではなく課題だ。


「問題」としてただ嘆くのではなく、「課題」として先送りせず、怠らずに取り組み、解決してゆこう。


ずっと見守り、応援している。


==============


信念は恐怖や愛と同じく受け入れるしかない。


相対性理論や不確定性原理を理解するように、信念は人生の航路も変える。


昨日まで歩いてきた人生が、今日別の方向に向かう。


昨日までの僕ならこんな行動はしなかった。


時空さえ変えるこれらの力は人の将来像も変えてしまう。


我々の誕生前から死後まで消えることはない。


我々の人生や選択は量子の軌跡のように瞬間ごとに意味づけられるー。


我々の人生が交差するその瞬間―、新たな方向性を指し示す。


=====


頭は冴えてる。


実に晴れやかな気分だ。


心配ない。


すべて良好だ。


何もかも完璧に好転した。


悟ったんだ。


騒音と音楽の間の垣根など幻に過ぎない。


あらゆる垣根は幻想だ。


必ず超越できる。


乗り越えようと思う者には越えられるはずだ。


今この瞬間―


君の鼓動を間近に感じる。


僕らの距離も幻想だ。


僕の魂は時空を遙かに超える。


=====


知覚され人は存在する。


他人の知覚を通して初めて己を知るのだ。


不滅の魂の本質は


言葉や行いによって決定されー


その因果の中―


我々は永遠に生き続ける。


=====


命は自分のものではない。


子宮から墓場までー


人は他者とつながる。


過去も、現在も、


すべての罪が、あらゆる善意がー


未来を作る。


=====


映画『クラウド・アトラス』の台詞の断片。


サンサーラ、輪廻。


カルマ、業


功徳と罪障。


生まれ変わり、死に変わり。


すべての言葉、行為、アクション、罪や、善意が、未来を作る。


誰のせいにしても、仕方なくー


ただ、堕ちてゆくのを眺めているわけにはいかずー


生き抜いて、生きて、生きてゆく。


本化仏教は量子力学が示唆した極微の真理とマクロの真相を結び、時空を超える果報を説く。


人類の思想はついにここにたどり着く


Namu Myo Ho Ren Ge Kyo,,,,,

0 件のコメント:

再び、人間の大地

すべての人が、程度の差こそあれ、漠然とでも本当の人間になりたいと望んでいる。ただし、気をつけなければいけないのは、その解決法の中には人を欺くものもあると言うことだ。たしかに軍服を着せることによって、人々に生気を取り戻させることができるだろう。皆、戦争賛歌を歌い、戦友とパンを分かち...