2022年1月11日火曜日

命あるかぎり、時間の許すかぎり






雨の横浜。お昼前からまた強く降り始めました。


特別な年もあっという間に11日。早いですね。


ラジオ番組を通じてお問い合わせくださる方が増えました。日曜日も厚木からご夫妻が来られて、ゆっくりとご相談をお聞きしました。とても有意義な時間でした。


僕のような者で役に立つならば、妙法の御題目を握りしめ、使える限りの時間を使って、様々な方々と出会い、ご奉公させていただくことを願います。


つくづく、生きている間しか功徳は積めない。しかも、人と人生を重ねることでしか、功徳は積めない。人と出会わない限り、大きな功徳にはならない。人と人との人生の交わりが、仏道修行そのものなのです。


山や林の中にこもっていては何の修行にもなりません。仏道修行はアニミズム、シャーマニズムではないのです。ほんとうの教え、法華経の、本門、本物の佛立仏教、仏道修行です。


どうか、今生、この世界にいる間、一人でも多くの方々と巡り合わせてくださいますように、よろしくお願いいたします。


特に、今年は報恩の年。「足りないのはお寺ではないですか?」とお伝えしたい。


お家の中に御本尊をお迎えすることの大切さ。ご宝前のある家族の暮らし。何よりも大切なことです。


お寺と共にある暮らし。生きたお寺で学び、生きたお寺で重荷を下ろし、生きたお寺で功徳を積み重ねる。出来るようで出来ない暮らし。


バラバラで気まぐれな信仰心では得られません。「何でもあり」は「何にもない」のと一緒だから。


南無妙法蓮華経ー。


ご相談をお聞きしながら、特にラジオでお話していることと変わらない、自由に、無敵に、生きていくアイデアやヒントをお伝えしています。


涙したり、大笑いしていただいたりしながら、みんなが幸せになってくださればと願っています。


お家に、ご宝前をお迎えしていただきたい。モバイル御本尊(懐中御本尊)を胸に抱いて、感情に流されず、気分に迷わず、まっすぐ生きていただきたい。


お寺と共にある暮らし。生きたお寺・妙深寺までご連絡ください。


12年前、藤本淳悦御導師から頂戴したペン。御遺品だと思い、12年間、肌身離さず持ち歩いてきました。大事なサインはこのペンですることにしています。使えない場合もありますが、伝える時はこのハンコを使わせていただくようにしています。


昨年末は藤本淳悦御導師、如説院日修上人の御十三回忌でした。ご子息の淳度師から美しい字で書かれたお手紙をいただき、なお一層、心の奥底から報恩の想いを強くしました。


本物の弘通家であらせられました。足下にも及びませんが、懸命にご奉公させていただきます。

0 件のコメント:

禅道会

  8月28日、禅道会の小沢代表がウクライナから避難されている方々を連れて横浜へ来てくださいます🙏 禅道会は全国、全世界に支部があり、総合格闘家の朝倉未来選手、朝倉海選手が学んだ道場でもあります。