2022年1月9日日曜日

祝・通算500号!




妙深寺報、令和41月号。なんと、今月で通算500号を迎えました。


岩澤清従師が巻末の「ひとこと」に書いてくれました。この「妙深寺報」は先住松風院日爽上人の数多くの功績の中の一つです。


昭和441月、先住30才の時、第1号を発刊されました。発刊当時はB4変則折りの体裁、まだ手書き原稿の活字印刷でした。


平成13年から現在のA4冊子の体裁、DTPによる編集に取り組み、平成22年からは念願のカラー化を実現。岩澤清従師を中心に20年以上のご奉公が続けられました。


妙深寺報には確固たる信念があります。先住伝来の佛立魂。妙深寺がスタートしたホームページ、あるいはインターネットによる海外へのご弘通と同様、寺内へのご披露のみならず、一人でも多くの方に生きた仏教を伝って欲しい、現証の御利益を知っていただきたい、ご信心を増進していただきたい、という純粋な想い。


やらせ無し、フィクションなし、利益を度外視したフリーペーパー、完全ドキュメンタリーの妙深寺報。


冊子も機関誌も世の中に溢れていますが、クオリティを維持することは難しいものです。


あらゆるメディア、番組もコンテンツも、劣化する、新鮮さを保つことは難しいものです。内向きになり、内輪受けになり、力を失う。


メディアがない、発信力がない。誰に対して何を伝えたいのか分からない。これではどうしようもないです。


これでいいわけがない。正法を埋もれさせてはいけない、内向きになってはいけないと、励まし合いながら続けてきてくれました。一文字一文字に魂を込められています。


清従師を先頭に、500号の金字塔を建ててくださった教務部のみんな、これまで携わってくれた全ての方々に心から感謝いたします。本当に、ありがとうございました。


実は昨年から妙深寺の電子書籍化、オンライン化を方針の一つに掲げています。すでに妙深寺のホームページには電子版の妙深寺報が配信されています。


これからも信念を大切に守り、どんどん進化してゆきたいと思います。


今月も最高傑作です(笑)。よろしくお願いいたします。ありがとうございます。

0 件のコメント:

コロナ禍で進化した妙深寺

妙深寺のオンライン寺務所は 2020 年 4 月に開設し、こちらを通じて本日までに 2540 件の申し込みをいただきました。 設置を決めた私も驚いています。 2540 件!本当に、ありがたいです。 突如として私たちの生活、社会、ご奉公を襲った新型コロナウイルス感染症。 それぞれの...