2018年3月24日土曜日

岩と滝

























ウィジェートゥンガさんのお宅までお助行に伺いました。


奥さんのチャンパさんと次女のラリーシャさんは昨年の日本ツアーにも参加。とってもご信心の強いご家族でした。


実は日本ツアーから帰国してすぐチャンパさんは病院で乳がんと診断されました。


私たちはショックを受け、すぐにご祈願、お助行を始めさせていただきました。


なぜ、この診断に至ったかというと、今日もお参詣だった友人のマンガリカさんに乳がんの自覚症状があり、彼女を心配して相談に乗ることにしました。


彼女の家に行き、一座のお看経をいただいてご夫婦とお話をしたそうです。


その日、家に帰って服を着替えようとした時、自分の胸にシコリがあることに気づきました。


すぐに病院に行くと「大至急」乳がんの検査をするように言われ、2ヶ所の病院で2回言われました。


そして、乳がんの診断を受けました。


結局、友人のマンガリカさんは乳がんではなく、チャンパさんが乳がんでした。


日本から帰国して、「ご奉公に頑張ろう!」と思って自分の教化子や同じエリアの人を回りました。


あのタイミング、そのご奉公がなかったら、発見できていなかったと思うし、それはずっと先だったと思うと言っておられました。


そして、手術でした。手術は日曜日の朝に行われました。


早期発見であることと、手術が成功したことで、先生からも大丈夫です、安心しなさいと太鼓判を押されたそうです。


なによりも、この診断を受けてから2人のお嬢さまが変わりました。


愛するお母さんのために、毎朝、毎晩、ご宝前に向かい、長い時間ずっと御題目をお唱えしてご祈願してくれました。


特に、最後の言葉は忘れられません。


「大変な御利益をいただきました。私にはこの病気が必要でした。病気になる前、私はしっかりご信心をしているつもりでしたが、病気になってからそれがとても弱いものだったということに気づきました。家族が一つになり、ご祈願してくれました。お供水のパワーにも気づくことが出来ました。本当にありがとうございます!」


本当に、素晴らしいお助行で感激でした。


良潤師は治療中の彼女に秋元恵ちゃんの体験談をお話ししたそうで、昨日は私から杉崎さんのお話をお伝えしました。


みんな杉崎さんのことはしっかり覚えてくださっています。ありがたいです。みんなでご信心増進できました。


チャンパさんは再発の心配もなく完治。何よりもこの病気を通じて家族が一つになり、ご信心も強くなりました。


ありがたいです。


そして、良潤師と僕でシャカ・キングダムまで行き、現地の確認を行いました。


ほぼ現地側の意向は固まっているようで、あとは日本から来てくださるホログラム制作の専門家がどのように言われるかです。


黒崎さんが作ってくださる日本庭園の場所も確認しましたが、とにかく広く、大きく、トラクターやシャベルカーが入っていますが、大丈夫か心配ですー(汗)。


とにかく、気持ちを大きく、ゆっくりと、できることをしていただければと思います。


と言いながら、現地で良潤師に「黒崎さんには何をしていただくの?」と聞くと、「岩と滝でございます」と普通の顔して即答しました。


「良潤、おまえ簡単に即答したけど、岩と滝って、もはや神話レベルやん!黒崎さんなら何でも出来る、岩と滝、よろしくお願いしますって、日本の神話やん!」


本当に感覚がおかしくなっていて、広大な敷地の中、2人で大笑いしました。


黒崎さん、どうかよろしくお願いします。本当に、歴史的なご奉公に参加してくださり、それだけでありがたいです。全くあせらず、ゆっくりなさってください。


夕看経後、あるご信者さまご夫妻から相談を受け、お話をお聞きしました。


とても大切な時間です。


良潤師の日頃のご奉公、どんな風に言葉をかけてきたか知ることが出来ます。


良潤師はこの方に素晴らしいアドバイス、お折伏をしていました。彼女はその言葉で救われた。もちろん本当の仏教は言葉で救わない。言葉で彼女自身を気づかせ、励ます。彼女自身が彼女を救う。彼女はそうして彼女自身を救いました。


昨夜、センターに戻ってから、CDがご供養させてもらいたいと近くのレストランまで連れて行ってくれました。


彼は昨年の9月1日に結婚しました。僕は結婚式に招待されていましたが即座に「行けるかーい!」ということで断っていました(笑)。


昨夜は花嫁、新妻を連れてきてくれました。はじめてご挨拶できて、よかった。いい奥さんでした。


CDは早くにお母さんを亡くし、お父さんと二人暮らしでした。お姉さんは世界中を飛び回っているビジネスウーマン。


お助行に行かせていただいた時、早くお嫁さんをもらえたらいいなぁ、と思っていました。


素晴らしい奥さまで、よかった。結婚してから毎週末は2人で連れ添ってお参りしてくれているそうです。なによりだねー!


さて、今日は土曜日、到着から隙なく予定を入れてくれていて、ようやく疲れも絶好調ですが、いつものように出国ギリギリまで詰め込みまくられているはずです。


これからシャンタさんのセンターに行き御講ミーティング、午後はウィージェセケラさんのセンターに行きお焼香、夕方は紅茶の会社の表敬があり、夜は財団の会合で仏教省などと会食と。


今日も頑張りますー。

0 件のコメント:

人を幸せにする人

京都での日々ですー。 平成最後のお祖師さまの祥月ご命日、10月13日から新しい御役目を拝命し、その引き継ぎで慌ただしい日々を送っております。 今夜は麩屋町・長松寺のお総講です。 10月9日はリストランテ文流にて西村暢夫先生とお昼ご飯をご一緒しました。 日本で「パス...