2018年5月14日月曜日

母の日に
















昨日は母の日。


何かしようと思って、いつも何も出来ないのはよくないことですね。


父が早く亡くなったので、これ以上ないくらい母に感謝しているのですが、いつもご奉公に追われてサポートばかりしてもらっています。


昨夜はあらためて御礼の言葉を伝えました。


先日の友人が話していたとおり、若い頃の僕なんてどうしようもない馬鹿者でした。


今の時代であれば大炎上するに違いない馬鹿さ加減、所作振る舞い、とげとげしさ、生意気さでした。


そんなバカだったから今があるとも思いますが、周りからすればヒヤヒヤどころではなかったと思います。


見捨てずにいてくれたのは両親のおかげ、母のおかげです(笑)。


亡くなる直前、父は「お前は俺の芸術品だ」と言いました。


誰にも相手にされないバカな者を乗りこなして、何とか走れる馬にしれくれたという意味だったのでしょうか。


いま、息子2人の生意気さを見ていて、父と母だったからこそ、こんなアホな自分をこんな風に育ててくれたのだと思い、果たして僕には2人の息子をしっかり育てられるだろうかと不安に思っています。


母あればこその自分。


これからも健康でいてほしいです。


ありがとうございます。

0 件のコメント:

人を幸せにする人

京都での日々ですー。 平成最後のお祖師さまの祥月ご命日、10月13日から新しい御役目を拝命し、その引き継ぎで慌ただしい日々を送っております。 今夜は麩屋町・長松寺のお総講です。 10月9日はリストランテ文流にて西村暢夫先生とお昼ご飯をご一緒しました。 日本で「パス...