2023年9月1日金曜日

全日本仏教会 国際交流審議会@京都佛立ミュージアム




















昨日、公益財団法人 全日本仏教会の第35 国際交流審議会を、本門佛立宗の宗務本庁、京都佛立ミュージアムで開催させていただくことができました。


全日本仏教会の里雄理事長、尾井事務総長をはじめ、各宗派の国際弘通、国際伝道の代表や担当者が集まって情報や意見を交換し、諮問に対する答申を取りまとめるのが国際交流審議会です。


京都佛立ミュージアムをご観覧いただき、「大宥清寺展」を解説する機会となりました。本当に、ありがたく思っております。


202210月、バンコクで開催されたWFB世界仏教徒会議は、コロナ禍、戦争や紛争、地球温暖化などの諸問題に直面する世界にあって「危機の時代にある仏教」というバンコク宣言を採択しました。


危機の時代の中で、私たちは何ができるのか。信仰と宗教的確信の中でそれぞれが行うことはもちろん、仏教界全体で取り組むべき施策はないのか、審議会を通じて様々な活動を集積し、協議しています。


昨日、22時前に妙深寺までたどり着きました。朝は国際免許の更新に行き、10時から月始総講、先ほど教務会を終えました。19時から局長室会議が予定されています。


今夜0時すぎのフライトで北崎立耕師と共に米国へ向かいます。なんとか、ここまで予定のご奉公が無事に出来ましたこと、本当に心からありがたく、感謝しております。


ありがとうございます。

0 件のコメント:

再び、人間の大地

すべての人が、程度の差こそあれ、漠然とでも本当の人間になりたいと望んでいる。ただし、気をつけなければいけないのは、その解決法の中には人を欺くものもあると言うことだ。たしかに軍服を着せることによって、人々に生気を取り戻させることができるだろう。皆、戦争賛歌を歌い、戦友とパンを分かち...