2023年9月6日水曜日

君がやらねば誰がやる






95日も午後3時半となりました。


朝参詣の後、親会場から正法教会へ移動して、英美さんのお助行をさせていただきました。


昨日、英美さんのお助行に行けないか立耕師に相談していました。体調のことや2日連続のご奉公となる小百合さんを心配していたのですが、正法教会まで来てくださったのです。


当病平癒と検査結果良好のご祈願を、みんなで声を合わせて思いっ切りさせていただきました。


小百合さんのご主人・ラシャーンさんからプレゼントをいただいてしまいました。長松家の宝物にします。アレックスにまでいただいてしまいました。本当にありがたいです。


お助行をさせていただけたこと、ゆっくりお話出来たこと、そして「ラシャーンがやらねば誰がやる」のラシャーンさんからのプレゼント。全てがありがたく、最幸でした。


ありがとうございます。

0 件のコメント:

再び、人間の大地

すべての人が、程度の差こそあれ、漠然とでも本当の人間になりたいと望んでいる。ただし、気をつけなければいけないのは、その解決法の中には人を欺くものもあると言うことだ。たしかに軍服を着せることによって、人々に生気を取り戻させることができるだろう。皆、戦争賛歌を歌い、戦友とパンを分かち...