2022年9月4日日曜日

松風が爽やかな敬老会




















ギリギリ、麩屋町の夜のお総講に間に合いました。横浜から京都への移動、あまりに疲れていたのか座席にお手土産を忘れてきてしまいました。残念(涙)。


今日は妙深寺の長寿者御礼御講、敬老松風大会を奉修、開催させていただきました。


コロナ禍で恒例の第二部は出来ませんでしたが、一部の中でウクレレの発表がありました。本当に驚きました。とっても上手で、びっくりしました。


松風会の皆さまが前向きに取り組んで、ここまで大勢で、ここまで上手になるとは、感動です。妙深寺にウクレレクラブが発足、名前は「桜組 88」だそうです。


愉しく、ありがたく、心ほっこり。まさに松風が通り過ぎるように、爽やかな気持ちになりました。


午後、ラジオを通じて御縁をいただいたご夫婦とゆっくりとご面談。お寺と共にある暮らし。あるようでない、確かなこと、ありがたいことを、感じていただけたら嬉しいです。


長松寺の夜のお総講、久しぶりに感じます。プルプルしていますが、精一杯ご奉公させていただきます。

0 件のコメント:

再び、人間の大地

すべての人が、程度の差こそあれ、漠然とでも本当の人間になりたいと望んでいる。ただし、気をつけなければいけないのは、その解決法の中には人を欺くものもあると言うことだ。たしかに軍服を着せることによって、人々に生気を取り戻させることができるだろう。皆、戦争賛歌を歌い、戦友とパンを分かち...