2022年8月10日水曜日

77年目の夏














77年前の86日、広島で人間に対する初めての核攻撃が行われ、約14万人の方々が最もむごい形で尊い命を奪われました。


77年前の昨日、長崎市に暮らす人びとに向けて何の容赦もなく原子力爆弾が投下され、74000人もの方々が亡くなられました。それは一瞬で行われた膨大な数の殺人事件であり、時間をかけて死に至らしめる壮絶な拷問でした。


敵兵ですら身の毛もよだつ残忍な結果は、二度と核兵器を用いてはならないという世界共通の教訓を生んだはずです。しかし、時間の経過と人間の業の深さ故、その教訓も忘れられようとしています。


それぞれの平和記念式典は核兵器使用の恐ろしさ、その非人道性、想像を絶する悲惨な結果と、二度と使用してはいけないことを確かめ合う貴重な機会です。


イタリアのリミニ市で開催している「トランクの中の日本 〜戦争、平和、そして仏教〜」展は、この長崎で撮影された1枚の写真を中心としています。


NAGASAKI BEYOND


それは、最後に核兵器が使用された長崎から、あるいは幼い兄弟の姿から、世界へ伝える人間性を問うメッセージです。


これからも伝え続けてゆきます。命あるかぎり。

0 件のコメント:

今週の横浜ラグーン

水曜日の早朝、これから世界へ出航する皆さまに、安らぎとエネルギーをお送りするエンパワーメントプログラム「横浜ラグーン」。 時代の激しい波の中、生きた仏教のエッセンスをお届けして、心と体も健康に、元気や勇気の湧いてくる番組をお送りしたいと思っています。 YOKOHAMA LAGOO...